記事一覧

派遣リゾバで英語を使える仕事を探せば余裕で食っていけるということ教えてこう

どうも、リゾバ専門家のアッシュです。僕は2011年の秋から2年間オーストラリア、1年間ニュージーランドでワーキングホリデーをしていたということもあり、英語で日常会話ぐらいは余裕です。

よく結構勘違いされているのですが、ワーホリに行った日本人の全てが英語を話せるわけではありません。 


僕は現地で語学学校などには行きませんでしたが、ずっと現地企業で働いていました。そしてワーホリに行く前から英語の勉強はしていたし、向こうでも働きながら独を続けていました。そして日本に戻ってきた今でも英語の勉強を続けています。

だから今でも英語を忘れることなく話せています。
 

リゾバやっていて、つくづく「英語話せて本当によかったなあ」と思います。 

去年の冬から長野県の白馬村にあるホテルで働いているのですが、半分以上が外国人のお客さんです。冬のスキーシーズンはオーストラリア人を中心に、カナダ人やドイツ人、スイス人などヨーロッパ人も数多く来ていました。 

そしてスキーシーズンが終わった4月以降は白馬に観光客はほとんど来ないと思っていたのですが、いい意味で僕の目論見は外れていました。

富山県の立山というところに「雪の壁」ができた道路が何キロも続いており、それを見たさに外国人観光客が団体ツアーで来るんです。

そのツアーの立ち寄り先として白馬が選ばれています。


そしてこのツアーで日本を観光するのは台湾、シンガポール、タイからのお客さんが多いです。台湾は基本的に雪が降らないし、タイの大部分やシンガポールは雪が降らないですからね。 

以前働いていた兵庫県の城崎温泉や有馬温泉でも外国人客が多く、派遣バイトでも英語が話せる人は重宝されていました。ホテルで働いている正社員でも英語が話せる人はほとんどいないですからね。 

日本の経済はとっくに下り坂に差し掛かっていきます。オワコンなんです。これは単純に超少子高齢化社会で人口が減り始めていることが大きな原因です。 

でも最低でもこれから数年間は、日本を訪れる外国人は増える一方でしょう。なぜなら世界的にはこれから3、40年は人口が増え続けるし、日本から比較的近い国々、東南アジアには人口が多い国がたくさんありますから。 

インドネシアが2億5千万人で世界4位、フィリピンが1億人、ベトナムが9千万人います。タイとマレーシアを含めて、これらの国々は経済成長半端ないです。

法律が緩和され、これらの国々から簡単に日本に観光に来れます。

そして有馬温泉や今僕が働いている白馬、他にも岐阜の高山日光などは外国人観光客で溢れ帰っています。

でも田舎の観光地は近くに若い人が住んでいないから、働き手が圧倒的に足りないんです英語が話せる人も足りないです。でも外国からの観光客は増え続けます。

 こうなるとやはり、ホテルや旅館は派遣のアルバイトを雇いますね。

しかも派遣のリゾバだと、時給は決して安くないです。田舎の旅館やホテルで働いても、都会のマクドナルドや居酒屋のバイトと同じぐらいの時給はもらえます。 


僕は32歳で職歴もろくな資格もないのですが、全然正社員の仕事を探す気はないです。今から中小企業で残業まみれ、低賃金で働くよりも寮費、食費、水道光熱費無料のリゾバで働く方がメリットが大きいですから。


僕が働いているホテルでは台湾人のお客さんが特に多いです。中国語を話せるスタッフはほとんどいないので、僕は今アプリや本を使って中国語の勉強もしています。

観光業で働いていて英語と中国語が話せれば文句なしですからね。そして9月に3週間ほど台湾旅行するので、それまでには日常会話ぐらいは話せるようにします。




寮費と食費無料だから2ヶ月で50万円の貯金ができるリゾートバイトならアルファリゾート!一番おすすめの派遣会社です。クチコミ人気も高いです。

じゃあ、また!

アッシュ






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ