記事一覧

リゾバでブラック旅館からバックレた俺の体験談【リゾートバイト/辞めたい/途中で帰りたい/契約/飛ぶ】


どうも、リゾバ専門家のアッシュです。質問や相談はLINE@までどうぞ。(LINE:@whiterizoba) 


僕はちょうど2年前、石川県にあるガチのブラック旅館で働いていました。残業時間は60~80時間で休みは1ヶ月で2日ぐらい、給料は1番多いときで36万円、手取りで30万円以上でした。 

仕事を決めるときに派遣会社から「ここは相当忙しい」と聞いていたのですが、そのときは早くお金を貯めたかったのでそこで半年働いていました。

仕事内容は調理補助だったのですが、同じポジションには社員がいなく、僕とあと2人の派遣のみで休みの日や出勤時間を決めてやっていました。 


僕がバックれたのは10月の後半だったのですが、そのときも週に1日以下の休みで働いていました。なのに新しく来た料理長が「あいつは休み多いな」と僕がいないところで陰口を叩いていたらしく、それにブチ切れてバックレ決行しましたw 

急遽僕とあと2人のリゾバ仲間の3人で居酒屋に行き、新しい料理長の愚痴大会みたいになって、他の2人が辞めようと考えているという話になりました。 

僕はその居酒屋に行ったときは辞めることは考えていなかったのですが、話している間に辞めたくなってしまいました。  


居酒屋から帰ったのが夜の12時ぐらいで、そのあと急いで荷物をまとめて部屋の掃除もしました。当時は旅館の中の部屋を使わせてもらって、そこを寮代わりに住んでいたので、朝5時までにバックレないと出勤してきた社員にバレるからです。

 何十冊も買った本や漫画もほとんど捨てました。そして荷物をまとめてタクシーの営業所まで歩き、そこからJRの駅までタクシーで行きました。 

始発で金沢まで行って、特急電車で京都まで帰り、そこから滋賀の実家に戻りました。電車に乗ってる間は落ち着いていました。タクシーの営業所に着くまではかなりドキドキしました。出勤してくる社員と鉢合わせしたらマズイですから。

帰ってからとりあえず派遣会社に電話して、「もう辞めます。実家に帰ってきました」と言って、その旅館のブラックっぷりを説明しました。 


ちなみにバックレても働いた分の給料はちゃんともらえます。労働基準法にそうあるので。


【参考記事】
 リゾバでバックれても給料はもらえるの?法律上はもらえる。ただし…  【バイト/派遣/ブラック/辞めたい/ヒューマニック/アプリリゾート /アルファリゾート】


ただしバックレはしたらダメですよ!

そのあと色々と面倒なことになります。 



 辞めた後は「これからどうしようか、もう同じ派遣会社からは紹介してもらえないだろうなあ」と思っていたのですが、派遣会社の担当から電話がかかってきて、「次はどうしますか?」と聞かれました。 

これは嬉しかったですね。他の派遣会社に登録するか、地元近くの工場で働くつもりだったので。 


派遣会社からしたら1人でも多くの人に働いてもらったほうが自分たちは儲かるし、担当の社員も自分の評価が上がります。

僕の場合は派遣先の旅館がガチでクソだったので、担当者も事情を考慮してくれた感じです。

クソみたいな環境で週に1日休みを取っただけで「あいつは休みすぎだ」っていうような奴らですからねw


そのあとは無事に次の仕事を紹介してもらい、神戸市にある有馬温泉の旅館で働き、それから今に至ります。 


もう一度言っておきます。

バックレても給料は出るけど、ホントしないほうがいですよw 


どうしてもしたければ派遣会社に電話して「こういう理由で今すぐ辞めたい」と言えばいいだけの話です。 


バックレ経験者の僕が言っても説得力ないですけど。

バックレる人は色々めんどくさくてバックレると思うのですが、バックレた方が後々めんどくさいです。

派遣会社や派遣先のホテル・旅館から何度も電話がかかってきてその度にビクビクしたり怖がったりすると自分が嫌な思いをするからです。


みなさんは仮にリゾバでブラック企業で働くことになっても、バックレることはやめておきましょう。


万が一バックレてしまったときは、他の派遣会社に登録すれば大丈夫すよ!リゾバの中には楽で人間関係のいい仕事だってあります。【高時給】リゾートバイト!のアルファリゾートは時給が業界トップで1100円越えの仕事ばかりです。

しかもリゾバ経験者の間で口コミ人気もかなり高いです。


アプリリゾートのアルバイトの検索なら【はたらくどっとこむ】こちらでできますよ。こちらも大手の派遣会社で、担当者の対応が良いと評判です。

じゃあ、また!

アッシュ







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ