記事一覧

美容師・調理師がオーストラリアでワーホリすれば年収・給料が2倍以上になるってマジ?

どうも、ワーホリ仕事情報専門家のアッシュ(LINE:@whiterizoba)です。 

僕はフリーター、派遣社員、ブラック企業の正社員、それからニートの人は全員オーストラリアにワーホリに行けばいいと思っています。


それは単純に給料がめちゃくちゃ良くて、有給休暇もフルで取れて、おまけに精神的にも肉体的にも仕事が楽だからです。 

別に「世の中お金」だとか「幸せは金で買える」と思っているわけではないですが、同じ仕事で給料が2倍3倍になるのならやりたいと思いませんか?僕は思います。 

そしてフリーターやブラック企業の正社員以上に、僕がオーストラリアワーホリを勧めたい職業の人たちが日本にいます。


それが美容師・調理師の人たちです。 


どの職業でもそうですが、日本だと美容師さん、調理師さんの多くは毎日残業だらけで大変だと思います。 「残業代はつくけど、仕事の大変さ」からすると割りに合わない」という人は相当いますよね。

僕は仕事柄いろいろな旅館やホテルで調理師さんと会ってきて、実際に見たり話を聞いたりしてきました。

そういう人たちには、ぜひともワーホリに行って、海外で働くという選択肢を取ってもらいたいです。少なくともワーホリという制度、そして圧倒的なメリットを知ってほしいです。

知った上で行く・行かないの選択をしてもらいたいです。 


 美容師・調理師がオーストラリアで働く3つのメリット  


①給料が圧倒的にいい

普通に働けば毎週10万円以上、1ヶ月で40万円以上稼げます。土日働いて少し残業すれば60万円以上も可能です。 

 これ信じられないかもしれないですが、マジなんです。

オーストラリアでは最低時給が20ドル程度なので、今のレートで日本円で1600円、円安であれば2000円です。1日8時間働けば1万6000円です。 

さらに土曜日は1、5倍の30ドル、日曜日とクリスマスなどの祝日はは2倍の40ドルです。 


 ②有給休暇がフルに取れる 


 これも日本では信じられないかもしれませんが、先進国では当たり前です。

そもそも部下に有給を取らせない上司、経営者は無能扱いされ、クビになったり評価が下がります。

なので上司や経営者も有給を取ってインドネシアやタイのビーチで優雅に暮らしたりしています。

僕がオーストラリアで働いていたレストランでも、みんなインドネシアにバカンスに行ったりしていましたし、イギリス人のボスはイギリスに一時帰国したりしていました。


 ③精神的にも肉体的にも仕事が楽 


 先進国では「上司以外は全員ただの仕事仲間」です。基本的に先輩後輩という関係はありません。もちろん新しく入ってきた人に仕事を教えたりはしますが、厳しい上下関係はないので、仲良くなればみんなで飲みに行ったりもよくあります。


僕は美容師や調理師のような技術職ではないですが、実際ワーホリ時代はそんな感じで働いていました。 

そして上司に対しても自分の意見をある程度言って、答えをもらえます。

もちろん丁寧な言い方で「僕はこういう風に思うんですけど~」とか「こういうやり方でやってもいいかな?」と聞きます。


 僕はオーストラリアのレストランで皿洗いをしていたのでシェフの働きぶりを見ていました。もちろん忙しい時は大変だし、オーストラリアでも調理師の世界は上下関係が厳しいです。

でも日本でやっていけている人なら、絶対にオーストラリアの方が楽です。

理不尽に怒鳴られたりもしないです。仮にそんなブラックなところがあれば、別のところで働けばいいだけですから。ほとんどのまともな企業はホワイトです。


もうね、働くなら絶対にオーストラリアがいいですよ。

そして海外で働くと考えた場合、美容師・調理師さんは他の職業の日本人よりもめちゃくちゃ有利です。

なぜなら「技術・腕」で稼ぐ仕事なので、最低限の英語が話せたら十分働けます。

そして「最低限の英語」は3~6ヶ月だけ物価の安いフィリピンで英語留学すれば十分身につきます。

そして最低限の英語を身につけて、オーストラリアで仕事さえ見つかってしまえば、あとは挨拶や礼儀、笑顔など普通のコミュニケーションがちゃんと取れればオッケーです。 

そして!

日本人でワーホリに行く前に多い悩みが「文化が違う」、「外国は怖い」です。

もう聞き飽きました。

僕に言わせれば海外とはいえ、先進国なら文化の違いなんか気にならないです。同じ人間同士ですから。外国人なんて肌の色が違うだけ、これ本当ですよ。 

 そして「外国は怖い」という不安ですが、もうこれは「行ってしまえ」としかいえないですね。行けば怖くないことがわかります。

そもそもオーストラリアには何万人も日本人が住んでいますし、シドニー、ゴールドコースト、ケアンズなどの日本人が多い都市なら街を歩けば日本人を見ない日がないです。 

全然怖くないです。ってか楽しくてしょうがないです。


英語ははっきり言って、日常会話ぐらいはできないと苦しいです。でもワーホリならそれすらもせずに笑顔とノリ、つまりコミュ力だけで乗り切る奴もいます。


「仕事は好きだけど残業だらけでしんどいし、給料も少ない」とか「結婚したいけど今のままの給料じゃできないから、転職したい」と思っている美容師、調理師の人はワーホリでオーストラリアで働くという選択肢を知ってください。

もちろんニュージーランドやカナダでもいいんですが、英語が話せたら世界中で働けるじゃないですか。 特に手に職のある人は全員そうですよ。

 今回の話は美容師・調理師さんに限った話じゃありません。他の技術者も同じです。自動車整備士、左官、鳶職、大工、SE、プログラマーの人たちもオーストラリアで働けばもっといい環境・いい条件があるんです。 

もちろんカップルでも行けますし、実は夫婦でワーホリに行くことだって可能です。 

そういう日本人がもっと増えて欲しいと思って、僕はこのブログをやっていますし、これからも続けていきます。


英語力に不安がある人には、今なら「0円留学」もあるのでかなりお安く留学できます。今話題の0円留学ならアーグスでフィリピン留学ができます。講師はもちろんネイティブで、しかもマンツーマンで学べますよ。

半年留学すれば、余裕でオーストラリアの現地企業で働けるぐらいの英語は身に付きます。


0円留学とは違い、学費は掛かるけど、ガッツリ留学するなら1週間39,999円~OK!セブ島ガチ留学もできます。こちらもネイティブ講師とマンツーマンです。半年学べば問題なく話せるようになるでしょう。最低でも3ヶ月行くと、効果は出ると思います。



ワーホリやフィリピン留学の資金を貯めるリゾートバイトならアルファリゾート!寮費、食費が無料の住み込みアルバイトなので、給料を全て貯金できます。2ヶ月で50万円も可能ですよ。

リゾバ経験3年の僕が一番おすすめする派遣会社がアルファリゾートです。時給が高く、1100円以上の仕事がめちゃくちゃあります。


このブログではまだまだワーホリやリゾバ、それから英語についての記事を書いていきますよ。

じゃあ、また!

アッシュ












関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ