記事一覧

これは色々と捗る!リゾバで持っていくと便利な物を発表するぞ!



唐突だけど堅あげポテトの新しい味って食べたくなるのなんでだろうね。はまぐりだし味食べました。ちゃんおいしかったです。 

 さて、昨日の続きで今日は「リゾバに持って行って色々と捗る物」を挙げていきます。特にこの冬に温泉旅館やスキー場で初めてリゾバする人は参考にしてください。
 

①電気毛布   冬にリゾバをする人にオススメです。僕は広電というメーカーのを使っています。1万5千円ぐらいで他社よりも高かったけど、めちゃくちゃ満足しています! 

•分厚くて普通の毛布としても使える
・タイマー機能が便利
足先が暖かくなるようにできている


といいことだらけです。
4千円ぐらいの電気毛布は薄くてブランケットみたいだけど、広電のは分厚くてとても暖かいです。 

わざわざ買って持っていかなくてもいいかもしれないけど、もし寮で貸してもらえる毛布だけでは寒すぎる場合、アマゾンなどで買うのといいですよ。 


 ②着る毛布   こちらも冬にリゾバする人にオススメです。僕はニトリで買いました。2000円ぐらいかな?

部屋の中にいるときだけでなく、洗面所やキッチンでお皿を洗うときなどにも非常に便利です。ここ数年で一般的になってきた商品ですね。

アマゾンを見たらマーメイドやセーラー服のもあって面白かったです。 

③たこ足配線 これは絶対に持っていく価値があります!スマホやタブレットを充電しながら使えるし、コンセントの差し込み口が足りなくなるのは思っている以上に面倒です。 

1000円以下で買えて、荷物にもなりません。僕はスマホとiPod touchの二台持ちな上に、ポータブルDVDプレイヤー持って行っているので欠かせません。電気毛布もありますし。  

④薬類  どちらかというと必需品なのですが、昨日書き忘れていたので入れておきます。

特に田舎の温泉旅館やスキー場に行く人は近くに大きなドラッグストアがないと思うので、風邪薬や頭痛薬(痛め止め)などがあるといざという時に助かります。
自分だけでなく周りの人が風邪をひいたときなどにも、あげられますしね。

⑤消臭剤   部屋が臭いとテンション下がります。僕は据え置き型の消臭元とスプレー型のファブリーズを使っています。持って行くというよりも現地に着いてコンビニやドラッグストア、またはアマゾンで買うのがいい思います。 

⑥電気ケトル 旅行用の小さい物が便利です。部屋でコーヒー、紅茶などを飲むのに最適ですね。また、お湯を沸かしながらケトルの蓋を開けておくと加湿器代わりになるという優れものです。 

⑦携帯用ウォシュレット 寮のトイレはウォシュレットがない場合がほとんどです。乾電池式や電池なしで使えるものもあります。

水を入れるだけで使えるので、旅先や外出先でも便利です。


以上、リゾバに持って行くと捗るものです。電気毛布や着る毛布はリゾバというよりも、ただの僕のオススメ生活用品ですね。 

寮に洗濯機がない場合は洗濯バサミ物干しハンガーもあるといいです。


半年ぐらい同じ派遣先で働く場合は、寮の個室の設備次第では座椅子やクッションを現地で買うのもいいと思います。 

僕は城崎にいたときは部屋にベッドがなかったので、座ってご飯を食べたり本を読むために座椅子を買いました。 


派遣先次第ですが、冬は寮の中がめちゃくちゃ寒いところもあります。着る毛布電気毛布は本当にオススメです。リゾバ以外でも使えますしね。 

僕は年明けから白馬に行くことが正式に決まったのですが、寮の中が寒くないことを本当に祈っています。 

稼げるリゾートバイトならアルファリゾート!一番おすすめの派遣会社です。僕はヒューマニックで働いていましたが、またリゾバをする機会があれば、絶対にアルファリゾートに登録します。
とにかく時給が高くて、1100円以上の仕事ばかりです。しかもリゾバ経験者の間でクチコミ人気も高いです。

じゃあ、また!

アッシュ







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ