記事一覧

ワーホリに行く前の「準備」としてリゾバが最強な件【英語と貯金・資金】

どうも、ホワイトバイトリゾバのアッシュです。僕は基本的に18歳から30歳までのフリーター、派遣社員、ニートそれからブラック企業の正社員は全員オーストラリアにワーホリ(ワーキングホリデー)で行って働くのがいいと思っています。

理由は仕事が楽でしかも稼げるからです。2年働けば300万円ぐらいの貯金は全然できます。ヤバいやつは500万円貯めます。っていうか実際にいました(笑)。農家の収穫の仕事やホテルの掃除、スーパーの品出しのバイトでですよ? マジ、すごい。

で、僕の主張としては300万円あれば起業したり大学や専門学校に行ったり、世界一周や夫婦で美容院開業とかできますよね? ということです。なので非正規雇用やブラック企業の人は行けばいいのにと思ってしまいます。

ワーホリは18歳から30歳までの年齢制限をクリアすれば誰でも行けます。本当に誰でも。特別な許可はいらないです。必要なのはパスポートと健康な肉体と精神(実際はそれすらもいらないけど)、それからいくらかのお金です。

そう、お金が必要です。これはワーホリに行くのにお金を積まないといけないというわけではなく、現地に行くまでの飛行機代、それから仕事が決まって最初に給料をもらうまでの生活費が必要というだけです。

では、いくらいるのか?僕のアドバイスとしては60万円は用意したほうがいいです。オーストラリアに行くなら飛行機と1年分の海外旅行保険(入ったほうが絶対いい)で20万円ぐらい。それから向こうに行っての生活費で40間年ぐらいあるほうが余裕があって安心です。中には保険なしで合計20~30万円で行く破天荒なやつもいますw

もっとお金があるのなら向こうで中古の車が買えます。それから語学学校で英語を学びたい人はもっとお金が必要です。でも語学学校は行くだけ無駄です。ワーホリに行って英語が話せるようになった人で語学学校に通った人は少ないです。話せるようになった人は「現地に行く前にフィリピンかフィジーで語学留学」しています。これはおすすめ。

いきなり60万円と言ってもすぐにそんなに用意できない人も多いと思います。僕もそうでした。そういう人には圧倒的にリゾバで貯金することをおすすめします。リゾバなら4ヶ月あれば60万円すぐに貯まります。なんせ寮費、水道光熱費、食費が無料ですから。お金かかりません。給料全部貯金できます。





で、ワーホリに行く前の準備、練習としてリゾバがぴったりな理由を教えます。お金だけがメリットじゃないんです。

①寮生活(個室)なので洗濯や掃除など、一人暮らし未経験でも慣れることができる。

②出身地、年齢、経歴など日本中からいろんな人が来るので、世界中の人と出会うワーホリの日本版を経験できる。

③外国人のお客さんが多い温泉旅館やホテル(たとえば日光、長野の白馬、兵庫の有馬温泉や城崎温泉)での仕事が山ほどあるので、ワーホリ前に英語を伸ばせる。しかも仕事仲間や先輩に外国人の正社員やアルバイトも数多くいる。


以上です。まじ、おすすめ。僕もワーホリに行く前にリゾバするべきでした(笑)。でも僕のようにワーホリから帰ってきてからリゾバするメリットもたくさんありますよ。

じゃあ、また!

淳史







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ