記事一覧

リゾバなら一般サラリーマンよりもお得な証明をしてみよう

どうも、ホワイトバイトリゾバのアッシュです。

リゾバって本当に恵まれています。何といっても「時間が有り余る」から使い方次第ではめちゃくちゃ役立てるからです。

今日の記事は、「なぜそんなにリゾバが恵まれているのか?」について書いていきます。 


今日は休みなので、早起きして朝のうちに日課を済ませました。アプリでニュースを見る、中国語の勉強、英語でDVDを観る、筋トレです。

といっても面倒くさがりな上に集中力がないので、無理のない程度でのんびりやっただけですが。

わりかし有意義に時間を使えている今日だからこそ、僕が前から考えていたリゾバの利点を書きます。 


 それは「他の人(一般のサラリーマンやフリーター)よりも1日の使える時間が長い」ということです。

どういうことか?まず1番大きいのは、従業員食堂でタダでご飯が食べられるということです。 

普通独身の20代や30代が一人暮らししていると、自炊をするか安い外食で食事を摂ることになります。自炊をするとお金も時間もいくらかかかってしまいます。

1人分を作ろうとすると材料も言うほど安く済ませられないし(一度に大量の食料を買えない)、1人分の料理を作るのも効率が悪いです。 

安い外食にしても同じです。移動の時間もかかるし、もちろんお金も結構かかっちゃいます。やよい軒のような定食屋だと7、800円ぐらい(?)だし、牛丼だと400円ぐらいで済むけど栄養バランスが偏ります。 

 でもリゾバで従業員食堂で食べるとタダでおいしいものが食べられます(※派遣先によります。飯がうまいところを選びましょう)。


そして何より、調理する時間がない、これが大きいです。

注文したらすぐに料理が出てきて、食べ終わったらお皿を洗って終わりです。

僕は毎日3食しっかり食べるので、非常に助かります。

午前中の仕事(朝6時~10時)が終わってお腹が空いた時にわざわざ自分でご飯の用意をしなくて済みます。これは大きいです。 

そして午後の出勤時間前(通常17時ぐらい)に遅めのお昼ご飯を食べ、夜10時に仕事が終わった後にも手作り弁当を食べます。 

 このように毎日3食従業員食堂で食べられるので、自炊をしている一人暮らしのサラリーマンやフリーターよりもリゾバの僕の方が1日の中で有効に使える時間が多いです。 準備や後片付けをしなくていいわけですから。

僕は要領が悪いので、例えば朝食に食パンと目玉焼き、ソーセージ、リンゴ、コーヒー。昼食にチャーハンと味噌汁。夕食に野菜炒めと味噌汁、といった献立で自炊すると、おそらく合計で1時間半ぐらいかかってしまいます。

もう一度言っておきますが、僕はガチで要領悪いです。 


リゾバしているおかげで有意義に過ごせる時間が毎日2時間多いので、これを有効に使えればめちゃくちゃ成長できます。冒頭にもあるように、今は自由な時間はほとんど英語と中国語の勉強、筋トレ、読書、それからこのブログ執筆に費やすようにしています。


「自分の成長」といっても僕が今目指している副業、不労所得に直接つながっているわけではありませんが、どれも自分にとって重要なことだし、何より自分が楽しめて幸せを感じているので、ある意味自分の「利益」にはなっています。 

今日もまだまだ時間があるので、これから勤務先のホテルの大浴場で温泉とサウナ、中国語の勉強をします。それから天気がいいので外で軽く運動、部屋の掃除などでせっかくの休みを有意義に使います。 




自由な時間も増えて貯金もできるリゾートバイトならアルファリゾート!一番おすすめの派遣会社です。時給が高くて、1100円以上の仕事がたくさんあります。しかもクチコミ人気も高いです。


じゃあ、また!

アッシュ







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ