記事一覧

【GW・夏】ホワイトバイトリゾバしてたら高確率で世界で3番目ぐらいに恐ろしい病気にかかる件【山病とは】

どうも、ホワイトリゾババイトのアッシュ(Twitter@whiterizoba)です。

冬の間働いていた長野県白馬村のホテルで、春シーズンも働いています。

今日は休みなので読書や英語の勉強、ブログに筋トレと、のんびりしながらも充実して過ごしています。僕は冬の間2ヶ月半ここで働いている間、一度も近隣の長野市や松本市に遊びにも行かなかったし、地元の滋賀県にも戻りませんでした。

ずっと寮、職場のホテル、ゲレンデのどこかにいました。そう考えると結構すごいですね。

それでも楽しい2ヶ月半でした。仕事は楽だし嫌なことも少なかったし、今年から始めたスノボも楽しかったです。

そして何より

忙しい時期なので派遣リゾバを大量募集=出会いありまくり



だったからです。

可愛い子も多かったです。そのうち1人はガチの美人で、しかも背が高くて性格がきつそうというドンピシャで僕の好みでした。なお、脈は全くなかった模様。 


その子以外でも可愛い子はいっぱいいました。が、その時僕は世界で3番目に恐ろしい病気にかかっていることに気づいていなかったようです。

いや、今思えば気づかないフリをしていただけだったと思います。

そして地元の滋賀に戻り京都で連日遊んでいると、やはり僕はその恐ろしい病気にかかっていたことを思い知りました。


 その病気とは、山病(やまびょう)と呼ばれる、登山家やスキーヤーの間で有名な病気です(標高の高い山に登った時に発症する高山病ではありません)。


この病気は恐ろしいです。

周りのすべての女の子が可愛く見える



という症状が出ます。

つまり、「僕が可愛いと思っていた女の子達は、山にこもって出会いがないから可愛く見えていただけ」ということです。

わかりやすく言うと、僕の目が勝手にスノーをダウンロードしていて、目に見える女の子は全員盛られていた ということです。

これを羨ましいと思う男の人ははっきり言って素人、想像力が足りません。この病気は山から下界に降りて魔法が解けた時が地獄です。

なんせ、山にいるときに可愛いと思っていた子が街で見るとそれほどでもない、ということですから。 

僕は京都にいる間の1週間で、「白馬基準の可愛い子」をリアルに350人ぐらい見ました。下界すごい。都市部すごい。 


 僕は3月の半ば以降は山病の末期だったので、感覚的には「すべての女の子が60点プラスされる」ぐらいやばかったです。すべての女の子に60点プラスされるので、30点の子が90点になってしまいます。80点の子は140点になってしまうので、フィギュアのキム・ヨナの買収異次元高得点みたいになってしまいます。

偏差値でいうと計算できなくなってしまいそうです。

そもそも0点でも60点になるので、山にこもっている間は世の中からブスが消えてなくなるという優しい世界になります。


あ、一応弁解しておきますが、ここでいう「点数」とは便宜上のものであり、僕が普段から「あの人は何点」とか考えているわけではないですよ。便宜上ね、便宜上。 

で、そんな恐ろしい山病も、1週間京都で遊んでいる間に無事に治りました!もうホント、魔法が解けたようでした。 


 なのですが、

4月9日に白馬に再び戻ってきたら
あっという間に山病が再発てしまいました(笑)。

みんな美人すぎてヤバイです(笑)。

サービス業のホテルだけあって元々5人ぐらいいる女の社員は美人揃いなのですがが、さらに綺麗に見えます。中でもシュッとした感じの上司はガチで美人過ぎてやばいです。 

もちろん同じ職場でゴタゴタは起こしたくないですし、よっぽどのことがない限り色目使うことはないと思いますが、一応気をつけます(笑)。 


出会えて稼げるリゾートバイトならアルファリゾート! 一番おすすめの派遣会社です。時給が1100円以上の仕事ばかりで、しかもクチコミ人気も高いです。

 今回はこれまでです。 

 じゃあ、また!

アッシュ







関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ