記事一覧

初めてのリゾバ。初日の流れってどんなん?

どうも、ホワイトバイトリゾバのアッシュ(Twitter@whiterizoba)です。一昨日にここ白馬に着き、昨日から早速働いています。

と言っても僕の場合は冬のスノボシーズンもこのホテルで働いていたので、戻ってきただけですが。  今日は、僕がこのホテルに初めて来た日(1月半ば)の流れを説明していきます。 



 


まず僕は実家のある滋賀県から、夜行バスで長野県の白馬にあるホテルまで行きました。最寄駅から京都駅までJRまで行き、京都駅から事前に予約しておいたバスに乗りました。 

このバスの時間と電車の時間は派遣会社の担当者に事前に調べていただいており、メールと書類で時間と交通費を教えていただいていました。そう考えると至れり尽くせりですね。 

交通費はいったん自分で立て替えておき、契約を無事に満了すれば往復分が支給されます。

 さて、予約しておいた深夜バスに乗ると、あとは現地に行くだけです。次の日の朝8時頃に到着した僕は、事前に指示された通り、フロントで「派遣スタッフのアッシュです。人事部の方をお願いします」と挨拶しました。

大きいホテルや旅館だと、フロントの方も新しい派遣スタッフに慣れているので、話は早いです。

人事部の担当者に会った僕は、ホテルの休憩室で休ませていただきます。

忙しい時期だったのでこの日に到着するのは僕だけではなく、他に3人いました。説明会は午後から全員一緒に受けるため、僕は待機していました。

12時頃までスマホや昼食で時間を潰し、他の3人が到着してから4人揃って人事部の方から説明を受けました。

これは仕事の内容などではなく、寮や食事、それからスノボシーズンなのでリフト券やスキー・スノボのレンタル制度などについてです。

また、寮などの禁止事項(異性の連れ込み厳禁など)も説明を受けました。

それから売店の従業員割引、ホテル内の大浴場の使用の仕方なども説明を受けました。契約書を書くので筆記用具とハンコが必要です。制服など、貸していただけるものはこのときに受け取りました。 

そのあとはホテル内の案内で、僕の職場となるレストラン、それから売店、大浴場などを案内していただきました。 

それからホテルのすぐ横にある従業員食堂に移動し、食券の買い方や利用時間の説明を受けました。

そして最後に寮の案内を受けて終わりです。そのまま解散しました。

そのあとは部屋でゆっくりして、夜ご飯を食べ、お風呂に入って寝ました。次の日の朝に出勤し、レストランのマネージャーに挨拶し、早速仕事に入りました。 


派遣初日の受け入れと挨拶はこんな感じです。


僕は人見知りするし、ぶっちゃけコミュ力も低いですが、これでリゾバの派遣も5件目なのでわりと慣れています。

少し緊張もしましたが、受け入れしてくださる人事部の担当者や職場のマネージャー、課長なども派遣の受け入れには慣れているので気楽に行って大丈夫です。 

それから派遣会社の担当者とは実際には会っていません。全て電話とメールのみのやりとりです。 

これからGWで短期でリゾバに行く人もいると思うので、ぜひ参考にして下さい。 

稼げるリゾートバイトならアルファリゾート!ダントツでおすすめの派遣会社です。時給が高くて1100円以上の仕事ばかりです。しかもリゾバ経験者の間でクチコミ人気も高いです。

じゃあ、また!

アッシュ





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ