記事一覧

海外カジノで出入り禁止にされたったったwww【イカサマ疑惑】


どうも、ホワイトリゾバのアッシュです。

あと1週間ぐらいでスキーシーズンも終わりそうなので、次の仕事を探しています。可能なら春以降も今働いているホテルで働き続けようと思っていますが、まだ決まっていません。 

さて、僕はワーキングホリデーという制度を使って2011年から2年間オーストラリア、1年間ニュージーランドで働いていました。

あまり知られていないかもしれませんが、世界中でイスラム圏を除くほとんどの先進国にはカジノがあります。最近日本でも法案が通り、大阪、沖縄、横浜、お台場などがカジノ建設の候補地として挙げられています。 



オーストラリアにもニュージーランドにも大都市や観光地にカジノがあります。

ニュージーランドだと最大都市のオークランドや南島最大都市のクライストチャーチなどのほか、僕が住んでいたクイーンズタウンという町にも小さなカジノが2つありました。

 僕は日本では全くギャンブルをしませんが、海外のカジノには18歳の頃からよく行っています。これまで韓国、マカオ、オーストラリア、ベトナム、フィリピンのカジノに行っていました。 

そんなカジノ好きの僕(当時)はクイーンズタウンに住み始めてから、初めの3週間ぐらいはカジノに全く行っていませんでした。理由は簡単です。

お金がすぐなくなるから。 






もうこれは絶対です。うまく「勝ち逃げ」ができればいいのですが、勝っても別の日にまた行ってしまうので、結局負けるまで続けてしまいます。これはギャンブルをする人ならわかってもらえると思います。


 


 


クイーンズタウンに住んで3週間ぐらいしたある日、我慢できなくなり、僕はとうとうカジノに行ってしまいました。

僕が好きなゲームはブラックジャックという、トランプを使ったゲームです。それからルーレットも結構好きで、たまにやります。 


 当時の僕は毎日のようにブラックジャックをしていました。休みの日は昼からカジノに行っていましたし、仕事がある日も夕方から毎日行っていましたし。 

いつも200ドル(当時のレートで1万8千円ぐらい)ぐらい持って、100ドル(9千円)ぐらい勝てば「勝ち逃げ」していました。「勝ち逃げ」できずに軍資金の200ドルを失えばすぐに家に帰っていました。 

実はブラックジャックにはルール上「必勝法」があり、これを使うと確率的に絶対に勝つことができます。が、これはIQ160以上など本物の天才にしかできない技で、一般人には基本的にできません。


もちろん天才ではない僕にはできません(大学中退です)。

僕はこの「必勝法」はもちろん使っていないのですが、ある時たまたま運が良く、ものの数分で500ドル(約4万5千円)勝ってしまった時がありました。僕にとっては大金です。


おまけに僕は当時28歳でしたが元々若く見えるので、海外では18歳ぐらいの子どもに見られていました。

そんなガキがそこそこの大金をカジノから勝ち取ってしまったのです。  

その次の日もカジノに行き、また運が良くてあっさり500ドルほど買ってしまいましたね。2日で1000ドル(9万円)ほどです。

しかも小さいカジノで昼間の客はいつも僕ぐらいしかいなかったので、カジノは赤字なわけです。 


その後一旦勝ち逃げし、外で休憩した後、また少しブラックジャックというトランプを使ったゲームをしていました。


そのとき!!! 

2人の女の人が慌てて僕のところにやってきて、密室に連れて行かれました!!

話としては「あなたはギャンブル依存症だからこれ以上このカジノに入れることはできない」ということでした。

当時の僕はたしかに毎日カジノに行っていたので、何も言い返さずに相手の話を聞いていました。 

そしてカジノから正式な「出入り禁止」の紙をもらいました(現在手元にないですが、後日写真をアップします)。 

 僕が2日間勝ち続けている間、カジノの偉いさんが来て僕が「必勝法」を使っていないか、ずっと僕の目の前で監視していたときもありました。

この「必勝法」はカードカウンティングといいまして、イカサマではないのですが世界中のカジノはこのカードカウンティングを異常に嫌っています。 

しかしカジノの偉いさんはギャンブルのプロなので、僕がこの「必勝法」を使っていないことはすぐにわかったはずです。

僕は運だけで2日間で1000ドル(9万円)勝ったわけですが、ちょうどそのタイミングで僕を出入り禁止にしてきました。

もちろんカジノに恨みはないですが、もし僕が2日間で勝ち続けずに大金を失っていたら(=カジノが儲かっていたら)、おそらく僕は出入り禁止にならなかったと思います。

なぜならカジノからしたら負ける客=カモ、上客だからです。

 僕は今でもニュージーランドにのクイーンズタウンという町にある2つのカジノ、それから系列店のカジノの出入り禁止リストに載っています。

勝手に入ろうとすると不法侵入で逮捕されてしまいます。 

でももうニュージーランドのカジノでお金を失うことがないと思うと安心です。出入り禁止にしてもらって感謝しています。 


【関連記事】

海外カジノで勝ちすぎて出入り禁止になった結果、日本に戻ってきた男の末路www【ニュージーランド/ワーホリ/オーストラリア/クイーンズタウン/ブラックジャック/ポーカー/バカラ/ギャンブル依存症】

じゃあ、また!

アッシュ





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ