FC2ブログ

記事一覧

フリーターでTOEIC受ける意味はないだろ。ただし、就活する奴は別

「フリーターだけどTOEICで高得点(700以上)を取りたい。資格はいつか役に立つはずだから。でも、一方でTOEICは意味がないともよく言われている。本当に意味がないんだろうか?意味がないと言われる理由が知りたい」

こういった疑問に答えます。

「TOEIC900以上でも英語を話せない」は本当


結論から言うと、フリーターはTOEICを受ける意味がまったくないですね。フリーターがTOEICで高得点(この記事では700以上を高得点とします)を取っても資格としてはたいして役に立たないし、英語力という意味でも意味がありません。

僕は2018年11月現在でTOEIC785で、今は2019年1月13日のTOEICに向けて勉強しています。TOEIC用の参考書やアプリで問題を解きまくりながら、「TOEICって英語を話す=英語を使って外国人とコミュニケーションをとるという意味では全く役に立たないな」と常に思っています。

英語を話せるようになりたいなら英会話の練習をすることです。例えば、オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)ならスマホで英会話レッスンを受けられます。

無料レッスンも常時受けられるので、興味ある方は受けてみることをおすすめします。


サラリーマンと違い、フリーターはTOEICで700以上をとっても出世できるわけではないし、給料=時給が上がるわけでもありません。ですので、資格としてTOEIC700以上を目指す意味はまったくありません。

「英語を話せるようになりたい」という方にとってはTOEICの勉強をするのは本当に無意味なので、話す練習をどんどんすることをおすすめします。

(ただし、「TOEIC700以上をとって就職活動に活かしたい。英語力をアピールしたい!」という方にはTOEICを受験することを推奨します。スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験! などを使って、毎日少しずつでもいいので勉強しましょう)


僕はワーキングホリデーという制度を利用してオーストラリアで2年、ニュージーランドで1年働いていました。ですので、日常会話ぐらいなら余裕で英語を話せます。(👉オーストラリアとニュージーランドで話していたときの話)

「英語を話せるようになりたいから、まずはTOEICで700ぐらいの英語力を身につけたい」と考えるのは間違っています。なぜなら、英語を話す訓練をせずにTOEICの勉強だけをしてTOEIC900以上をとった人ですら、ろくすっぽ英語を話せない人が山ほどいるからです。

また、僕がオーストラリアやニュージーランドで会った日本人の多くはTOEICに出るようなややこしい文法や長文の読解はできない人ばかりですが、英語を話すことができます。

彼らの多くは英語のネイティブスピーカーと同じシェアハウスで住んだり、一緒に働いたり、付き合ったり結婚しています。でも、そんな彼らでもTOEIC900以上をとれる人はかなり少ないです。

英語を話せるようになりたくてTOEICの勉強をしているという方は今すぐやめて、その代わりにオンライン英会話をはじめましょう!TOEICは1回の受験で6,000円近くもかかりますし、本屋で売っている公式模試も3,000円ほどします。

その分のお金をBizmates(ビズメイツ)などの評判のいいオンライン英会話に使う方がよっぽど有意義ですよ。


就職活動をするフリーターはTOEICで700以上目指す価値あり


ただし、「就職活動をして正社員の仕事に就きたい。フリーター生活から抜け出したい」という人はTOEICで700以上をとる価値はあります。

「価値はある」どころか、「めちゃくちゃ有利」になります。なぜなら、日本人は英語が全然できないからです(笑)。しかも、TOEICはちゃんと勉強すれば誰でも700以上はとれます。

英語が全くの初心者から3か月以内にTOEIC600以上をとる勉強方法は「TOEIC600の勉強法・おすすめの参考書・テクニックまとめ」をお読みになってください。700以上の高得点を目指す人でも、勉強方法はこの記事の内容と同じですから。

「TOEIC700は誰でもとれるのに、ほとんどの99%の人はとろうとしない」というのはめちゃくちゃチャンスだと思いませんか?

2020年には東京オリンピックもありますし、日本を訪れる外国人は年々爆発的に増えています。つまり、経済が一向に良くならない現在の日本でも、観光やサービス業に限れば景気が良くなるということです。

実際に、英語の能力が高い人材(=TOEIC700以上)を求める会社は増えています。

正社員経験のないフリーターが就職活動をして正社員の仕事に就きたいのなら、経験や資格が当然必要です。でも、経験をアピールできるフリーターはほとんどいないでしょう。フリーターはぶっちゃけ責任が問われない仕事しか与えられませんからね。

アピールできる経験や資格がないフリーターが就職活動をしても不利です。周りのライバルは正社員の仕事歴や資格を持っている人ばかりですからね。

就職活動で使える武器=資格がない人は今すぐ武器を持ちましょう。TOEIC700ならすぐに取れますよ。スマホアプリのスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験! を使えば、いつでもどこでもTOEICの勉強ができますよ。

仕事が忙しい人でも、寝る前や電車の待ち時間、お昼休みなどを使えば勉強できますからね。むしろ、「忙しすぎて勉強する時間がない」という言い訳を断ち切ることができます。

僕は1年前に求職活動をしていて、ビジネスホテルやゲストハウスのフロント、民泊ビジネスの運営などの仕事をたくさん見つけました。

ほとんどの会社はTOEIC500~600が「応募の採用条件」、または「望ましい」と書かれていました。ですので、TOEIC700以上あればフリーターでも正社員の仕事が見つかる可能性は高いです。


フリーターでTOEIC受ける意味はないだろ。ただし、就活する奴は別:まとめ


「英語を話せるようになりたい」と思っているフリーターがTOEICを受ける理由はほとんどありません。今すぐTOEICの勉強をやめて、オンライン英会話を始めましょう!

おすすめはオンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)です。無料体験ができるので、とりあえずやってみないと損ですよ。また、定期的に半額キャンペーンもしています。お見逃しなく。


「就職活動をして正社員の仕事に就きたい」というフリーターは、むしろTOEIC700以上を目指しましょう!

就職・転職業界では英語を話せる人材が求められているのに、英語ができる日本人はまだまだ少ないです。つまり、今英語を勉強している人は有利です。

就職活動で英語をアピールするには客観的な能力=資格が不可欠です。そのためにTOEICを受けましょう!700以上がとれればめちゃくちゃ強いですが、最低限600あれば就職活動で使えます。

英語が全くの初心者から3か月以内にTOEIC600以上をとる勉強方法は「TOEIC600の勉強法・おすすめの参考書・テクニックまとめ」をお読みになってください。推薦で入学した大学を中退して、留学もしたことがない僕でもTOEIC785をとれました。

ちなみに、700以上の高得点を目指す人でも、勉強方法は↑の記事の内容と同じですよ。

↑の記事でも紹介していますが、スマホアプリのスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験! をやってみましょう!スマホなのでいつでも、どこでもTOEICの勉強ができますよ。

TOEICはリスニングもリーディングも1問あたり1分以内です。ですので、スマホアプリを使ってスキマ時間に勉強するのにピッタリですよ!

TOEIC700以上をとって就職活動に活かしたいフリーターなら【マイナビスタッフ】に登録することをおすすめします。 紹介予定派遣の案件が多いので、「正社員になることを前提として派遣で働く」ことができますよ。

登録はスマホから簡単にできます。できるだけ早めにTOEICで700(最低でも600)以上とって、就きたい仕事に就きましょう!


じゃあ、また!

淳史


おまけ


契約上は派遣のアルバイトだけど、実は並の正社員よりもよっぽど待遇がいい「リゾートバイト」という仕事もあります。

興味のある方は「リゾートバイトの体験談!リゾバ歴3年の経験者が教える最強の完全版」をお読みになってください。

時給1050円以上で、もちろん残業代と残業手当はすべてつきます。もちろん有給休暇と社会保険も完備です。しかも、寮の家賃と水道光熱費、さらに毎日の食費もタダです。給料のすべてを貯金できるので、2ヵ月で50万円貯めることだってできます。

しかも、カナダやオーストラリア、ドイツなど世界中の若者と一緒に働くことができます!外国人観光客が多い職場で働けば、もちろん毎日英語も使えます。

ぶっちゃけ、ヘタな正社員よりもよっぽど待遇がいいですよ!「正社員」という肩書にこだわらないのであれば、リゾートバイトをおすすめします。

リゾートバイト歴3年の僕が圧倒的におすすめする派遣会社ははたらくどっとこむ(アプリリゾート)です。時給が高く、しかも派遣会社の担当者の対応もいいので、リゾートバイト経験者の間で評判がいいですよ。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント