FC2ブログ

記事一覧

30代が女子高生と恋愛できるのか?出会い方を教えるわ【体験談】

「30代だけど女子高生と付き合いたい。女は16歳で結婚できるんだから、30代の俺が女子高生と付き合っても犯罪じゃないでしょ?
でも、女子高生との出会い方がわからない」

こういった質問に答えます。

ウソです。答えません。30代の男が女子高生と付き合っても犯罪にはならないと思いますが、突き合ったら犯罪になるリスクが高いです。

そんな不適切なことをこのブログには書けません。


ですので、30代が女子高生と知り合って付き合う方法は教えられません。でも、女子高生と知り合う方法なら教えられます。

それは、何か得意なことを見つける・極めることです。大学受験の勉強や音楽など、何か得意なことがあればビジネスやボランティアとしてそれを教えることができます。そうすると、運が良ければ(?)女子高生と知り合えてしまいます。

一番のおすすめは英語ですね。女子高生は英語や国際系の大学や専門学校に進む人が多いし、英語を話せるようになりたいと思う人も多いですからね。

TOEIC700以上を取れば一般的にはかなり英語ができる人と認識されます。そうなれば、英語を教えてほしい女子高生と知り合える可能性もありますね。

最近は大学の推薦入試にTOEICのスコアが認められたりしているので、TOEICを受験する高校生も増えてきていますからね。

実はTOEIC700ならかんたんに取れます。大学受験を経験した人はもちろん、今まで英語を一切勉強してこなかった人でも6か月も勉強したらいけますよ。

英語学習はスマホアプリと相性が良く、有能な教材がたくさんあります。英語をするならスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験! がおすすめです。スマホアプリなので寝る前や電車の待ち時間、電車の中などでもサクッとできますよ。


実際、僕は去年32歳のときに女子高生に英語を教えていました。完全にボランティアでやっていたので、仕事でもないです。ふつうにカフェで学校帰りの制服の女子高生と会い、英語を教えていました。ヤバめですね。犯罪すれすれです。


僕がどのように女子高生と出会ったのか、かんたんに説明します。

僕は2011年からワーキングホリデーという制度を利用してオーストラリアとニュージーランドで働いていました。去年、僕はその経験を活かして、これからオーストラリアやニュージーランドで働きたい人の相談をよく受けていました。

ネットでも「ワーキングホリデーの相談受け付けます」と宣伝したので、あるおばさんから「知り合いの女の子の相談に乗ってあげて欲しい」との依頼を受けました。その子は高校卒業後に進学も就職もせずに、海外で働きたいというのです。

そして、依頼主のおばさんと女子高生本人、それから女子高生のお母さんの3人とお会いしました。ちなみに、このとき僕が「こいつら、マルチビジネスの勧誘か」と思ったことは内緒です。

18歳の女子高生が高校卒業後にいきなり海外で働くのに絶対に必要なことがあります。それはお金と語学力です(彼女は英語圏に行きたかったので、当然英語です)。

そこで、僕が英語を教えることになりました。副業として1時間3,000円ぐらいをいただいて教えられれば良かったのですが、当時の僕は仕事として英語を教えたことはありませんでした。

また、そのときはまだ僕はTOEICを受験したこともなかったので、自分の英語力を証明する客観的な指標がありませんでした。そのため、僕自身の英語講師としての修行としてボランティアで女子高生に英語を教えることになりました。

2017年の秋から次の年の春にかけて、1週間に1回ぐらい教えていましたね。1回目こそ向こうのお母さんも同席の上でしたが、2回目からは2人だけで会っていました。ですので、母親公認で女子高生と会っていました(笑)。

実は英語を教えることになったときは「俺も男やし、万が一でも手を出してしまったりしたらどうしよう」とも思いましたが、心配するだけムダでしたね。僕は自分で思っていたよりも理性が働く男だったみたいです(笑)。

だって、僕が女子高生に手を出したら、信頼してくださったあちらのお母さんを裏切ることになってしまいますからね。そもそも、犯罪ですし(笑)。

当たり前ですけど、英語を教えている間は指一本触らなかったですね。それどころか、隣に座るときでも少し離れて座っていました。向こうも僕を少し警戒していることがわかりましたからね。

また、雑談をするときでも彼氏がいるのかとか、恋愛に関する話は一切しなかったです。


彼女に英語を教えるのは完全にボランティアでしたが、僕としては副業と思っていました。このときからすでに将来的に英語を教えることを副業(あるいは専業)にしたいと思っていたからです。

そして、副業にするということは僕個人で仕事受けて対価(=お金)をいただくということなので、自営業者の気持ちでいました。

初めて自営業(の真似事)をやってみて、僕は女の子以上にお金が好きだということがわかりました(笑)。ただ単にお金の方が好きというよりも、自分にとって重要だということですね。

ほんのいっときの快楽や欲望のために、貴重なお金や信頼を失うわけにはいきません。ですので、ボランティアとはいえ仕事で会っている以上、お客さんである女子高生に対して下心は一切なかったですね。

このことは自分でも少し驚きでした。

ちなみに、同じ時期にもう1人別の女性にも英語を教えていましたが、もちろん下心は一切なかったですね。

今では2人とも海外で元気に働いています。僕自身英語の超上級者でもありませんし、英語を教える経験が豊富だったわけではありません。ですので、この2人にはあまり多くのことを教えられなかったなと反省しています。

それでも、もともと2人とも英語の能力が高かったこともあり、今では何のあてもなく1人で海外に行って立派に働いています。そんな彼女たちが本当に誇らしいです。

そういえば、彼女の卒業祝いに3月に2人でイタリア料理を食べに行きました。卒業式が終わっても高3の3月は法的にはまだ高校生なので、僕は女子高生と本格デートをしてしまいました。

とはいえ、ディナーじゃなくてランチだからセーフでしょう(笑)。


僕は英語が得意なだけで女子高生とふつうに仲良くなって2人きりでカフェで会っていました。僕は下心とかは一切なかったですが、これってけっこうおもしろいことなんじゃないかなと思います。

30代で女子高生と知り合うには人に教えられる特技や一緒に楽しめる趣味を持つことです。僕はたまたま英語でしたが、別に英語じゃなくても、楽器とかスポーツとか何でもいいです。

とはいえ、女子高生の需要と親御さんへの安心感を考えれば英語一択ですけどね。

英語初心者でも仕事しながら6か月も勉強すればTOEIC700は取れますよ。TOEIC785(2018年11月現在)の僕がおすすめするのはスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!です。 

楽しいですよ!

じゃあ、また!

淳史


※この記事は淫行条例など、犯罪行為を助長させる等の目的は一切ございません。未成年と接するときは節度と常識をわきまえて行動するようにしましょう。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント