FC2ブログ

記事一覧

「アヒージョの食べ方って初めてだとわからないだろw」って思ったから調べてみた

どうも、淳史です。

僕は友達が全然いないこともあり、学生時代からよく1人でご飯を食べに行きます。回転寿司や居酒屋、焼き肉、バーなどどこにでも1人で行きます。最近はバルと呼ばれるオシャレなお店にも行くことがあります。

バルとはここ5年ほどで一気に増えて飲食店で、バーと居酒屋の間のようなお店のことをいいます。つまり、お酒の種類が豊富で、かつ料理のメニューも豊富なお店です。でも、料理のサイズは小さめで、ガッツリ食べるというよりかはお酒を飲みながら料理もチョイチョイつまむといった感じのお店です。

最近では肉バルなども増えましたが、もともとバルはスペインで一般的な飲食店の形態ですので、ただ単にバルと名乗っているお店はスペイン料理のお店であることが多いです。

僕は今から2年前にはじめて1人でバルにいきました。そこでアヒージョという料理をはじめて頼みました。それまでにもアヒージョという料理はなんとなく聞いたことはあったのですが、どういう料理かはよくわかりませんでした。
それでもなんとなくおいしそうだったので、そのときはじめてアヒージョを頼みました。

料理が運ばれてきてはじめてアヒージョという料理を知ったのですが、オリーブオイルにひたひたに野菜やら魚介類やらが漬けられていました。熱々でおいしそうでした。そして、フランスパン(バゲット)も一緒に運ばれてきました。

え、これどうやって食べんの?パンに具材を乗っけるの?

って感じでした。だって、アヒージョはオリーブオイルが多すぎるので、どう見ても普通に食べるようには見えなかったですから。

よくわからないので、僕はアヒージョの具材を食べながら合間合間にパンを食べるという食べ方をしました。もしも僕のアヒージョの食べた方が間違っていて、それを店員さんに見られたら恥ずかしいなあと思いながら食べていました。

僕はわからないことや気になったことはなんでもスマホで調べるようにしています。ですので、このときはアヒージョを食べながら「アヒージョ 食べ方」で検索していました。店員さんにスマホの画面を見られないように気をつけながらw

アヒージョを食べ終わるころにわかったのですが、僕のアヒージョの食べ方は完全に間違っていました。せっかく調べたので、アヒージョの正しい食べ方を紹介します。

アヒージョの食べ方、それは

まずはパンをオリーブオイルに浸して食べ、オリーブオイルがなくなったら具材を食べる

です。

なんじゃそれ!w はじめてでわかるわけないやろwって感じです。

何でも、アヒージョとは野菜や肉、魚介類のダシといい感じに混ざったオリーブオイルを食べる(っていうか飲む)ための料理だかららしいです。ですので、メインはあくまでオリーブオイルです。速水もこみちが喜びそうな料理です。

そして、オリーブオイルがなくなったら残った具材をついでに食べるらしいです。

なんやそれ!w こんなんわからないでしょw最初に店員が食べ方を教えるべきでしょう。たとえば、僕が住んでいる関西ではもんじゃ焼きは一般的な料理ではありません。
ですので、関西のもんじゃ焼き屋ではたいていスタッフが初心者に対して食べ方を教えてくれます。そうやって僕たち関西人はもんじゃ焼きの食べ方を覚えるわけです。

ちなみに僕が東京でもんじゃ焼きを食べたときはスタッフに「もんじゃ焼きを食べるのははじめてですか?」と聞かれませんでした。それぐらい、東京では一般的な食べ物なのでしょう。

見習えと。いきってバルだの肉バルだのを出している奴はちゃんとスタッフを教育して、アヒージョの食べ方を教えろと。もしくはテーブルにさりげなく「アヒージョの食べ方」みたいなメモを置いておけと。

僕がはじめてアヒージョを食べたときは1人でバルに行ったので助かりました。でも、学生とか若くてイキッてるおしゃれなサラリーマンとかは初デートでイキッてバルに行き、イキッてアヒージョを頼んだりするでしょう。
そのときに僕のようにダサい食べ方をしたらどうするねん、と。その男はもう二度とあなたのお店には食べに来ませんよ。

だいたいね、イキッてバルを経営している奴とかイキってバルで働いているシェフはどうせアホだから、日本人の誰もがアヒージョの食べ方を知っていると思っているんでしょう。アホだから。

あのな、俺たちは知らんと。そんなもん知らんと。関西のもんじゃ焼き屋のように自分たちはマイナー料理を提供しているということを自覚してほしい。
マイナーなくせにイキるなと。

僕は名古屋の料理はどれもこれも嫌いですが、手羽先だけは大好きです。そして、人気の手羽先チェーン店である世界の山ちゃんと風来坊は(名古屋近辺で人気のお店)どちらもテーブルに「手羽先の食べ方」を置いてくれているぞ、と。

2つのお店が紹介する「手羽先の食べ方」は実は全然違います。でも、それでいいんです。ちゃんと食べ方を教えてくれているから。

イキってアヒージョなんかを出しているバルやら肉バルもちゃんとアヒージョの食べ方を紹介しろよ、くそ雑魚が。


ちなみにですが、僕が↑で紹介したアヒージョの食べ方はあくまで一般的な食べ方のようです。オリーブオイルは塩分が多いので、あまりたくさんのオリーブオイルを飲みたくない人はオイルを多めに残すようです。
そりゃあそうですよね。油を「飲む」なんて気持ち悪いですもん。

また、あるサイトでは「アヒージョは個人で好きなような食べ方をしてもかまいません。標準的な食べ方はありますが、絶対にそうしないといけないわけではありません」などと書かれていました。なんやそれ!w

つまり、はじめてアヒージョを食べた僕のように、ふつうに具材を食べながらパンを食べ、オリーブオイルはたっぷり残すという食べ方でもわるくはないみたいです。

なんやんね、それ!w

とはいえ、デートや高いお店ではやはり標準的な食べ方をする方が無難かと思います。

最後に、アヒージョの食べ方をおさらいしましょう。

まずはパンをオリーブオイルに浸して食べ、オリーブオイルがなくなったら具材を食べる


以上です。

デートでイキッたバルに行き、相手の女の子がアヒージョをはじめて食べるという場合は、どや顔で「アヒージョはこうして食べるんだよ。オリーブオイルをおいしく飲むのさ」と教えてあげるといいでしょう。

あとは相手の女の子のためになんかいい感じのカクテルでも頼んであげれば、初デートとしては十分いいのではないでしょうか。

男性諸君、イキッたバルでイキッたアヒージョをかっこよく食べてモテようぜ!

じゃあ、また!

淳史


ガルシアエクストラバージンオリーブオイル ペット 1000ml
富永貿易
販売価格 ¥818
(2018年9月28日20時49分時点の価格)


初デートでアヒージョを食べる前に、家でアヒージョの食べ方を練習しましょう。





関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント