FC2ブログ

記事一覧

リゾートバイトの体験談!リゾバ歴3年の経験者が教える最強の完全版

この記事では「リゾートバイトの経験談!経験者がリゾバのメリットとデメリット」をお伝えします。

リゾートバイトに興味あるけど、はじめてだから不安だなあ。たくさん貯金できるっていうけど、ホントなのかな?ブラック企業だったらイヤだなあ。経験者の話を聞きたいな

こういった、これからリゾートバイトをしてみようと思っている人の疑問にこたえます。

この記事を書いている僕はもちろんリゾートバイトの経験者で、2015~2017年まで3年間リゾートバイトをしていました。1つの派遣先で6~10か月ぐらい働き、3年間で5つの派遣先に行きました。

職種は洗い場や調理補助からレストランのホールまで経験しました。温泉地、スキー場、テーマパークのホテルや旅館で働いた経験があるので、豊富な体験談をお伝えできます。

周りにリゾートバイトを経験した人がいないから体験談を聞ける人がいない」という方でもご安心ください。リゾートバイト歴3年の経験者である僕がリゾートバイトのすべてをお伝えしますよ。

リゾートバイトとは


リゾートバイトとは温泉地、海、スキー場などのリゾート地で住み込みで働く派遣のアルバイトのことです。

時給は1,000~1,250円と高時給のアルバイトです。そのうえ、寮費と食費、水道光熱費が無料なのでリゾートバイトをしている間は生活するのにまったくお金がかかりません。最近は寮に無料のwifiがついている派遣先も多いです。

ですので、給料をすべて貯金することも可能で、2ヶ月で50万円貯金することもできます。実際に、僕がリゾートバイトをしていたときの最高月収は35万円で、手取りでも30万円を超えていました(もちろん、それだけ残業が多かったので大変でしたが)。


リゾートバイトでは北海道から沖縄まで、好きな勤務地を選んで働けます。1年中日本のどこでも仕事がありますが、特に仕事が多いのはGW、夏休み、年末年始、春休みです。

ですので、夏休みや春休みのリゾートバイトは学生の短期アルバイトにピッタリです。たくさんの若者が同じ時期にリゾートバイトをするので、異性との出会いも多いです。

また、春や秋にリゾートバイトをしている人はほとんどがフリーターです。正社員の仕事を辞めたばかりの人もいます。フリーターでリゾートバイトをしている人は留学や世界一周などの海外旅行(バックパック旅行)、ワーキングホリデーの資金を貯める目的の人がめちゃくちゃ多いです。

もちろん、留学や長期の海外旅行、ワーキングホリデーから帰ってきたばかりの人にもおススメです。留学や海外旅行の前にマンションを解約する人は多いですし、日本に帰ってきたばかりでお金がない人も多いですからね。

実は僕がまさにこのパターンでして、ワーキングホリデービザでオーストラリアとニュージーランドで3年間働き、日本に帰ってきてからすぐにリゾートバイトをしました。ニュージーランドにいたときからリゾートバイトのことを知っていて、早くお金を貯めたかったのがリゾートバイトを選んだ理由です。

リゾートバイトでは外国人に人気の温泉地やスキー場の仕事が多いので、留学やワーキングホリデーに行く前&帰国してからの仕事にピッタリです。お客さんだけでなく、同僚や先輩の社員が外国人ということもよくあります。実際に、僕が長野県の白馬にあるスキー場で働いていたときは外国人の従業員が20人以上もいました。

日本人でも海外が好きな人や留学経験者、これからワーキングホリデーで海外で働く人もたくさんいます。同じ趣味や興味をもつ人と知り合い、情報交換ができますよ。

旅行や留学、ワーキングホリデーなど、海外や英語に興味がある人にはリゾートバイトが本当におすすめです。

リゾートバイトはGWや年末年始なら1週間だけの超短期でも働けます。もちろん、6か月以上の長期で働くことも可能です。人間関係や寮などの環境がいい派遣先に行くと、2年以上ずっと同じ職場で働いているリゾートバイトのスタッフもいます(笑)。

生活費が一切かからないし、リゾートバイト専門の派遣会社を通しているので残業代もすべて払われます。また、年金や保険といった社会保険も完備されています。

リゾートバイトは契約上アルバイトではありますが、社会保険完備で正社員と同じ待遇です。そのうえ、寮や食費が無料なので、実質正社員よりも待遇がいいんですね。

ですので、1つの派遣先で長く働く人もいるわけです。ホテルや旅館ではリゾートバイトで働いた方が正社員よりも待遇がいいですからね。この理由は、リゾートバイトは給料だけでも20~30万円もらえる上に、寮や食費が無料なので実質+10万円の価値があるからです。

それに、ここだけの話ですが、ホテルや旅館の正社員って驚くほど給料が低いんです。そのうえ、残業が多いのに残業代はほとんど払われません。ホテルや旅館の正社員は「キツイ・給料少ない・休みも少ない」とかなり過酷(かこく)な待遇です。僕はリゾートバイトで高級旅館や大手のチェーンホテルでも働いていましたが、どこでも同じです。

ですので、あえて正社員にならずに派遣契約でリゾートバイトを何年もする人がいるんですね。1つの職場で何年も働いてもいいですし、3~6か月ぐらいでいったん辞めて、少し休んでまた別の職場でリゾートバイトをする人もいます。


リゾートバイトはそれだけの魅力があります。これから日本はどんどん景気が悪くなり、一部の勝ち組・エリート以外はまともに食っていくことができなくなると僕は確信しています。

フリーターだけど毎月の給料が少なすぎて生活が苦しい。でも今から正社員にはなれる気がしない」とか「正社員だけどボーナスはほとんどないし、サービス残業だらけ。もうしんどい、でも今の仕事を辞めたら将来食っていける気がしない」という方の1人でも多くがリゾートバイトを始めるようになればいいなと思っています。

リゾートバイト歴3年の僕の体験談を交えて、引き続きリゾートバイトの魅力を紹介していきます。


「さっそくリゾートバイトの時給や職種などが知りたい」という方は僕が全力でオススメする👉リゾートバイトならアルファリゾート! をご覧になってください。

派遣スタッフの登録をしなくてもリゾートバイトの仕事の条件を見ることができますよ。

リゾートバイトの職場の立地


主なリゾートバイトの職場の立地は以下の通りです。

・温泉地
・湖、海
・スキー場
・離島
・山
・都市部

1つずつ説明していきます。

・温泉地

温泉地は春・夏が忙しい職場や秋・冬が忙しい職場など、さまざまです。そのため、1年中仕事がありますよ。また、日本は温泉大国なので日本中どこでも好きな都市で働けます

職場によっては、毎日仕事終わりに温泉に入れます。僕は5つの職場でリゾートバイトを経験しましたが、そのうち3つの職場では毎日無料で温泉に入っていました。これがめちゃくちゃ気持ちよく、最高の体験でした。

また、温泉旅館の仲居さんは女性が多いので、男性からすると出会いが多くて最高ですよ(笑)。大きな旅館やホテルだとリゾートバイトスタッフが何十人も働いています。本当に出会いが多くて最高に楽しいです。

実際に、僕は兵庫県の城崎(きのさき)温泉で働いていたときに他の派遣会社から来ていたリゾートバイトスタッフの彼女ができました。僕だけでなく、他のリゾートバイト仲間の30代や40代のおじさんも若い彼女をつくっていました。

また、正社員の仲居さんは地元の高校や短大を出たばかりの若い女の子が多いです。地元出身の子はずっと田舎に住んでいて出会いがないので、リゾートバイトの男性スタッフと付き合う人がたくさんいました。

・湖、海

海は当然春・夏の仕事がメインで、沖縄や和歌山、千葉の仕事が多いです。ホテルや旅館の仕事だけでなく、海で遊ぶ道具を貸出するレンタルスタッフや、バナナボートやラフティングのインストラクターの仕事もあります。

・スキー場

スキー場は当然冬だけの仕事で、北海道や長野、新潟の仕事が多いです。僕は長野県の白馬にあるスキー場で働いていましたが、出会いも多くて最高に楽しかったです。

スキー場はリフト券無料やスキー・スノボの道具一式を格安で借りられるなどの特典があります。スキーやスノボが好きな人が多く、中には毎年冬になれば同じスキー場に来ている人や毎年違うスキー場でリゾートバイトをしている人もたくさんいました。

僕はスノボ初心者でしたが、休みの日に滑りまくっているうちに上級コースでも滑れるようになりました。意外だったのは、3割ぐらいの人はスキーやスノボをまったくしなかったということです。ですので、滑らない人でも友達ができないということはなく、安心して働けますよ。

・離島

沖縄や東京の小笠原諸島、静岡などに仕事が多いです。春・夏がピークですが、温泉地も多いので秋・冬にも仕事があり、一年中働けます。一番人気なのはやはり沖縄の離島です。沖縄の離島はめちゃくちゃ海がキレイですからね。

僕はリゾートバイトで離島で働いた経験はないのですが、複数の友達から体験談を聞いたことがあります。とにかくやることがなくて、お金が貯まるとのことです(笑)。

離島でのリゾートバイトは「貯金をしたいのに、買い物やお酒、ギャンブルについついお金を使いすぎてしまう……。どうしよう……」という人に特におすすめです。僕の友人はかなりパチンコ・スロットにハマってしまう人だったのですが、離島で働いていたときは当然パチンコ・スロットに行けないのでお金も時間も節約でき、とてもよかったようです。

都会でサラリーマン生活をするのは疲れた……。自然が豊かなところでのんびり過ごしたい」という人には離島でのリゾートバイトがおすすめです。もちろん、出会いもありますよ。

女性なら離島のスナックで働けば、かなりの高時給なので短期間でしっかり貯金ができますよ。

・山

山でのリゾートバイトは圧倒的に夏に多いです。山小屋のスタッフとして、食事の準備や掃除、接客などいろんな仕事をする職場が多いです。

山でのリゾートバイトの期間中は山小屋に住むことになるので、お金がめちゃくちゃ貯まります。ですので、世界一周や留学のために貯金したいリゾートバイトスタッフも多いです。また、山が好きな人がたくさん集まるので共通の趣味を持った友達ができますよ。

・都市部

「リゾートバイト」といいますが、実は東京や大阪、そして札幌など、都市部での仕事もあります。アパレルショップや携帯ショップ、ビジネスホテルなどで仕事があります。都市部でも人手が足りていない職場ではリゾートバイト専門の派遣会社と契約し、スタッフを集めているわけですね。

また、京都の嵐山や祇園(ぎおん)といった観光地や神戸の有馬温泉繁華街から近いです。ですので、仕事終わりや休みの日に街で買い物をすることもできます。また、京都や神戸からは大阪まで30分で行けるのでかんたんに遊びに行けますよ。

僕は有馬温泉で10ヶ月働きましたが、休みの日はしょっちゅう神戸の繁華街(三宮=さんのみや)に遊びに行っていました。何度も遊びに行くうちに、神戸に住む女の子の友達もでき、彼女らと何度か飲みにも行きました。

僕がオススメする大手の派遣会社のアプリリゾートでは東京や大阪の仕事が増えています。都市部でのリゾートバイトはこれからますます増えること間違いなしですので、大注目ですよ!

リゾートバイトの職種


リゾートバイトの主な職種は以下の通りです。

・旅館の仲居
・レストランや飲食店のホール
・ホテルや旅館のフロント
・裏方(レストランの洗い場や清掃)
・調理
・売店
・事務

1つずつ説明していきます。

・旅館の仲居

旅館の仲居はリゾートバイトで2番目に求人が多い職種です。

1,200円以上という高時給の職場が多く、時給の高さが人気の1つです。高時給な上に働く時間も長いので、めちゃくちゃ貯金できます。僕が働いていた旅館のリゾートバイトスタッフはみんな毎月30万円以上稼いでいました。

基本的には女性が優先される職種で、男性はなかなか採用されません。ただし、過去に仲居の経験があれば男性でも採用されますよ。実際に、44歳のおじさんでリゾートバイトで日本中あちこちの旅館で仲居を経験している人がいました。

毎日着物を着て働くので、ふつうのアルバイトでは中々できない体験もできますよ。最初に着付けを教えてもらえますし、高級旅館の料理=懐石(かいせき)料理の知識がつくので、勉強にもなります。

接客が好きな人にめちゃくちゃおすすめの職種です。

外国人に人気の温泉地であれば、英語が話せる人はほぼ毎日外国人のお客さんを担当します。英語を活かしたい人や英語を勉強中の人には最高の経験ができますよ。

・レストランや飲食店のホール

レストランや飲食店のホールはリゾートバイトでダントツで1番求人が多い職種です。

こちらも働く時間が長い職場が多いので、しっかり貯金ができます。給料が25万円は当たり前、30万円以上稼げる職場もたくさんあります。

仕事内容は普通の飲食店のアルバイトと変わりません。大型のホテルではバイキングレストランが多いので、ホールは楽なところが多いです(笑)。バイキングレストランなのでドリンク以外のオーダーを取る必要がなく、お客さんを席まで案内したり、空いたお皿を下げる仕事がメインです。

旅館の仲居と同じく接客が好きな人にめちゃくちゃおすすめな職種です。外国人客が多いホテルであれば、お客さんの半分以上が外国人です。英語を活かしたい人や英語を勉強中の人には最高の経験ができますよ。

また、最近は台湾人や中国人のお客さんも多いので、中国語を少しでも話せる人は仕事に活かせますよ。ホテルの正社員でカタコトの英語を話せる人は少なくないですが、中国語を話せる人は少ないですからね。

・ホテルや旅館のフロント

ホテルや旅館のフロントも接客が好きな人にめちゃくちゃおすすめです。

大手のホテルや高級旅館のフロントではビジネスマナーも学べます。また、外国人客が多いホテルや旅館であれば、当然英語を使って働けます。英語を活かしたい人や英語を勉強中の人には最高の経験ができますね。

僕の友人は北海道のニセコという場所にあるホテルでフロントをしていました。ニセコはお客さんのほとんどが外国人なのですが、それだけではなく、同僚もヨーロッパやカナダ、オーストラリア人などの外国人ばかりだったようです。

彼は僕と同じくワーキングホリデーでオーストラリアで働いた経験があり、英語が十分話せました。ワーホリビザで海外で働いていた人や、これから海外に行く人は北海道のニセコや長野県の白馬のスキー場で働くことをマジでおすすめします。

ぶっちゃけ、リゾートバイトでニセコや白馬で働く方が、ワーホリで海外に行くよりも外国人に囲まれて生活できますし、英語も毎日使えますからね。

・裏方(レストランの洗い場や清掃)

リゾートバイトの裏方はその名の通り、レストランの洗い場や旅館・ホテルの客室の清掃、風呂場の清掃などの仕事があります。

リゾートバイトの職場の多くはホテルや旅館なので接客業が中心ですが、中には接客が苦手だという人もいるでしょう。そういう人におすすめなのがこの裏方業務です。

実際、僕自身も接客が苦手なので、リゾートバイトをしていたときはほとんど裏方の仕事をしていました。

中番または仲番(なかばん)という職種で、旅館で料理を盛り付けるお皿を大量に用意したり、できた料理を調理場から仲居さんまで持っていく仕事です。料理を仲居さんに渡すまでが仕事なので、実際にお客さんの前に出ることはありません。

毎日仲居さんとコミュニケーションを取るので、仲居さんと仲良くなりやすいです。エレベーターやミニキッチン(パントリーといいます)で2人だけになりやすいので、こっそりLINEを聞くこともできます(笑)。

僕が兵庫の城崎温泉でリゾートバイトをしていたときに彼女ができたのですが、そのとき僕は中番で、彼女は仲居でした。

また、僕は旅館やホテルの洗い場をしていたこともあります。残業が多くてお金をかなり稼げる職場もあれば、残業がほとんどなくて自由時間が多い職場など、違いがあります。

ですので、「残業をバリバリやって稼ぎまくりたい」とか「残業はあまりしたくない。お金よりも自由な時間が欲しい」という人は派遣会社の担当者に希望をちゃんと伝えましょう。あなたの希望に合った職場を紹介してくれますよ。

洗い場の仕事のメリットについては「リゾートバイトで洗い場の仕事は楽?きつい?経験者の俺「両方正しい」」をお読みになってください。リゾートバイトで洗い場の仕事をしていたときの僕の体験談を書いています。


・調理

リゾートバイトの調理の仕事はかんたんな盛り付けかや仕込み、本格的な調理などがあります。調理の経験がない人は派遣会社の担当者に伝えて、かんたんな盛り付けさえできればオッケーな職場を選びましょう。

過去に正社員やアルバイトで本格的な調理を経験している人は高級旅館やホテルで働くこともできます。認められれば正社員になることもできますよ。もちろん、あえて正社員にならずにリゾートバイトのまま働き続けることもできます。

はじめの方に説明したように、ぶっちゃけホテルや旅館の正社員よりもリゾートバイトの方が待遇がいいですからね(笑)。

リゾートバイトで働くホテルや旅館の調理はどこもめちゃくちゃ忙しく、残業だらけです。ですので、残業代でめちゃくちゃ稼げますよ。大手の派遣会社を通せばサービス残業をすることは絶対にないので、安心です。

・売店

リゾートバイトで売店のスタッフは、観光地のホテルや旅館で働くことがほとんどです。ホテルや旅館のレストランや飲食店、仲居よりも体力的には比較的楽な仕事です。

ですので、「接客業は好きだけど飲食関係はイヤだなあ」という方におすすめです。販売の経験があった方がいいですが、経験がなくてもできますよ。

外国人客が多いホテルであれば、当然お客さんの半分以上が外国人です。英語を活かしたい人や英語を勉強中の人には最高の経験ができますよ。

・事務

リゾートバイトの事務は、ホテルや旅館の予約係の仕事が多いです。

メールや電話でお客さんからの問い合わせの対応をします。事務の経験があればかなり有利です。事務の経験がない人でもパソコンのスキルや電話の対応ができるのであれば、採用されます。不安な方は派遣会社の担当者に聞いてみましょう。

リゾートバイトは接客業だけでなく、事務の仕事もあります。「リゾートバイトは給料が高くて貯金もたくさんできるって聞くけど、ホテルや旅館で接客業をするのはイヤだな」という方には事務がおすすめです。

忙しいときは大変なのはどの職種でも同じですが、体力的には他の職種よりも楽なのは間違いないですよ。

はじめてのリゾートバイトの始め方


リゾートバイトは3年間経験した僕がリゾートバイト専門の派遣会社の登録の仕方、そしてリゾートバイトの始め方を教えますね。

リゾートバイトの派遣会社の登録と面接はめちゃくちゃ簡単です。面接は基本的に電話面接で、担当者と直接会うわけではありません。

電話面接は本当にめちゃくちゃかんたんで、ぶっちゃけ誰でも採用されます。というより、面接らしい面接はありません(笑)。電話でリゾートバイトについて説明を聞いているだけで採用されます。

それでは、経験者の僕が1つずつ順番に説明していきますね。派遣会社によって少しは違いはあるかもしれませんが、だいたいどこの派遣会社も同じような感じで進みま。


スマホで2分!リゾートバイトの新規登録


まず、スマホかパソコンで派遣会社のホームページにいき、「新規登録」をします。名前や生年月日、希望する職種などを入力します。

それだけで新規登録は終わります。登録が終われば近いうちに派遣会社から電話かメールが来ます。


2.職歴記入とリゾートバイトの電話面接

新規登録が終われば、スマホかパソコンで職歴を記入します。履歴書みたいなものですが、スマホでかんたんにできるので履歴書を書くよりもよっぽど楽ですよ(笑)。

アルバイトでももちろん職歴になりますので、書いておきましょう。また、リゾートバイトで希望する職種の経験があればアピールになります。接客をやりたい人は接客の経験を、裏方をやりたい人は裏方の経験をアピールしましょう。

その次は「電話面接です。

電話面接では過去の職歴についてよく聞かれます。過去のアルバイトや仕事について、働いていた期間ややめた理由を聞かれたら正直に答えましょう

東京や大阪などの大都市に住んでいる人であれば、派遣会社に行って直接面接をうけることもあるかもしれません。その場合も電話面接と同じく、職歴のことをよく聞かれますので正直に答えたら問題ないですよ。

正社員の経験がないから採用されるか不安」という人でも問題ありません。

実際、僕がリゾートバイトをはじめて経験したのは29歳のときで、正社員の経験がありませんでした。それでも問題なく採用されましたよ。

大学を中退しているので、そのことを聞かれたらどうしようと思いましたが、大学中退のことについては何も聞かれませんでした

ニート歴が長いから不安」という方も中にはいるかもしれません。過去のニート歴については今から変えることができないので、ニートをしていた理由を正直に言いましょう。

体調が悪くて仕事を辞めたけど、今は回復した」とか、「父親の介護をする人がいなく、仕方なく仕事を辞めた」などの理由があると思います。その理由を正直に伝えましょう。


3.リゾートバイトの説明

電話で職歴を答えたら、そのあとはリゾートバイトの説明を派遣会社からしてもらいます。給料や寮のことを説明してもらえます。

電話面接とリゾートバイトについての説明の違いはぶっちゃけありません電話面接をしていたと思ったら、いつのまにかリゾートバイトの説明が始まっている感じです(笑)。特に、給料や寮のことを説明してくれます。特にお金のことは重要なのでくわしく聞いておきましょう

・寮費
・食費
・水道光熱費
・寮のwifi(寮による)
・家と現地の往復交通費(規定による)

リゾートバイトではこれらが全て無料です。最高の環境、待遇ですよね。スマホやパソコンをよく使う人は寮のwifiが無料の職場を優先的に探すのもいいですよ。

また、リゾートバイトを3ヶ月以上する人であれば、厚生年金と健康保険にも加入できます。アルバイトなので給料は時給ですが、社会保険は正社員と同じ待遇です。安心できますね。

お金や法律にかかわることなので、このあたりもていねいに説明してもらえます。

説明を聞いている間は「はい」、「わかりました」と返事をすればいいだけです(笑)。もちろん、わからないことが何かあればそのときに質問しましょう。

ちなみに、リゾートバイト歴3年の僕がオススメするのは👉リゾートバイトならアルファリゾート! です。

実は僕自身は他の大手派遣会社で働いていたので、アルファリゾートの経験はありません。でも、次にリゾートバイトをするときは絶対にアルファリゾートにすると決めています。

理由はやはり時給が高いからです。また、働きながらTポイントカードが貯まるのもお得ですね。



4.希望するリゾートバイトの条件を伝える

リゾートバイトの説明が終われば、派遣会社から希望する職種や勤務地を聞かれます。

僕がオススメするアルファリゾートやアプリリゾートなら、常に1000件以上の仕事があります。でも、1000件以上って多すぎて、自分一人では中々選べないですよね? 

ですので、まずはあなたの希望を派遣会社に伝えます。そうすると、あなたの希望に合った仕事を派遣会社が教えてくれます。

希望の伝え方は自由です。「絶対に沖縄で接客の仕事がしたい」とか、「とにかく貯金をたくさんしたいから、稼げるところがいい。」といった感じで希望を伝えます。

注意点としてはすべてが希望通りにはならないということです。

北海道で、時給が高くて、寮がキレイで、人間関係がよく、残業が少ないところ」のように、あまりにも多い条件を出しすぎてもなかなか仕事が決まりません。派遣会社の担当者も困ってしまいます。

ですので、これだけは外せないという条件を1つか2つだけ伝えましょう。その方がスムーズにいい仕事が見つかりますよ。


5.リゾートバイトの仕事が決まれば準備して、出発

やりたい仕事の希望を伝えれば、あなたの希望に合う仕事を3~5つぐらい派遣会社が見つけてくれます。この中からあなたが一番やりたい仕事を選びます。

決して、派遣会社から「あなたはここに行ってください」と勝手に決められることはありません。最終的に希望を出すのはあなたです。

希望する仕事を伝えたら、遅くても1週間以内に結果を教えてくれます。たいていはほぼ100%希望が通ります。ご安心ください。

仕事や寮生活に必要なものは派遣会社が教えてくれます。必要なものは基本的に以下の通りです。

仕事でひつようなもの
・ペン
・メモ帳
・白のTシャツ
・ベルト

寮生活で必要なもの
・ボディソープ、シャンプー、リンス
・歯ブラシ
・タオル
・下着
・洗たく用の洗剤
・スリッパ
・ハンガー
・充電器
・暇つぶしできるもの(本、ゲームなど)

高いものは1つもありません。白いTシャツ、スリッパ、ハンガー、洗剤などは新たに買う必要があるかもしれませんね。それでも合計で1万円もしないので、リゾートバイトで1日働けば取り返せますよ(笑)。また、仕事用に黒い靴が必要な場合もあります。


リゾートバイトのオススメの持ち物は「リゾートバイトの持ち物!おすすめランキング!リゾバ歴3年の俺が選んだ」にまとめています。

寮生活を快適に過ごすためのものや、休みの日の暇つぶしに使えるものを紹介しています。もちろん、すべて僕が実際に買ったものばかりですよ。

僕の一番のオススメは月額1,980円(1年間・税別)のスマホ【UQモバイル】です。まだ格安スマホにしていない人に超絶にオススメです。


リゾートバイトの職場が決まり、荷物の準備が終わればいよいよ出発です。事前に伝えられた出発日に長距離バスや新幹線を使って現地に行きます。

現地につけば、リゾートバイトの職場の旅館やホテルの担当者(たいていは人事部の人)に会えばオッケーです。最寄り駅まで迎えに来てくれる場合もあります。

職場の旅館やホテルはリゾートバイトのスタッフを受け入れるのに慣れています。親切でていねいに迎え入れてくれますので、心配する必要はまったくありません。気楽にいきましょう!

最初に「おはようございます。よろしくお願いします」と、あいさつをすればオッケーですよ。

リゾートバイトの寮の種類


現地につけば、まず初めに寮に案内されます。

寮はリゾートバイトのスタッフ専用のものではなく、職場の正社員と同じ寮に入ります。。ですので、たいていどこもキレイですし、安心して生活できますよ。

特に、女子寮は本当にキレイで、1ルームのマンションとまったく同じ設備だったりします。

寮が狭くて汚いと退職したくなる女性が多いでしょうから、どこの旅館やホテルも女子寮には特にお金をかけるわけですね。もちろん、男子寮も十分キレイなので安心してくださいね。

リゾートバイトの寮はたいてい職場のすぐ近くにあります。リゾートバイトでは朝早くから働くことも多いですから、これは本当にありがたいですね。

中には寮から職場まで離れている場合もあります。こういう場合は無料のシャトルバスで楽に通勤できますよ。

また、最近は寮に無料のwifiがついているところも多いです。通信費を気にせずにスマホやパソコンを使えますね。

それでは、リゾートバイトの寮のタイプを4つご紹介します。

完全個室

お風呂、トイレ、キッチン、ベッドが揃っていて1ルームのマンションと完全に同じ設備です。女子寮はたいていこのタイプで、めちゃくちゃキレイ(らしい)です。


男子寮でこのタイプはあまり多く多くありません。実際、僕が経験した5つの職場の寮でこのタイプは1つもありませんでした。


女の子のリゾートバイトスタッフは、仲のいい友達同士で休みの日や仕事終わりに部屋で集まっておしゃべりをしたり、お酒を飲んだりよくしています。


また、職場によっては正社員とリゾートバイトスタッフも仲が良いこともよくあります。正社員とかリゾートバイトスタッフとか関係なく、部屋に遊びに行ったりお酒を飲んだりして楽しめますよ。


もちろん、1人の時間を大切にしたい人は自分の部屋でリラックスして過ごせますよ。それが完全個室のいいところですね。


個室(共用部分あり)


このタイプの寮は男子寮に多いです。部屋は個室ですが、お風呂やトイレは共用というタイプです。「自分の部屋にトイレはあるけどお風呂は共用」のタイプや「トイレもお風呂も共用」というタイプもあります。


学校や会社の寮に住んだことがない人の中には「共用のトイレやお風呂ってイヤだな」と思う人もいるかもしれません。でも、実はこのタイプの寮は完全個室の寮よりも楽なんです。


その理由はトイレやお風呂の掃除を自分でしなくてもいいからです。たいてい寮の管理人さん(寮長さん)がいるので、共用のトイレやお風呂の掃除をやってくれます。わざわざトイレ掃除の道具を買って自分でしなくてもいいので、お金だけでなく時間の節約にもなります。


ですので、「トイレ掃除とか絶対自分ではやらんわ」という人に非常におすすめです。


相部屋(2~4人)


部屋に2段ベッドが1つか2つある相部屋タイプの寮です。


スキー場で働く場合は男女ともにこのタイプの寮が多いです。スキー場で個室の寮は少ないので、どうしてもという人は10月ぐらいからリゾートバイトの派遣会社に登録して、担当者に希望を伝えておきましょう。


温泉地の旅館やホテル、テーマパークの職場でこのタイプの寮はほとんどありませんので、ご安心ください。


友達同士で同じ職場に行く場合はもちろん同じ部屋になります。リゾートバイトでスキー場で働きたい人は友達を誘うのもいいですね。


1人でスキー場で働きに行く人の中には「変な人と同じ部屋になったらどうしよう」と思う人もいるかもしれませんが、心配はいりません。人事が年齢や見た目のタイプ的に「なんとなく合いそうな人同士」を同じ部屋に割り当てます。むしろ、同じ部屋になったのがきっかけで仲良くなる場合もたくさんいます。


ホテルの客室に泊まる


リゾートバイトでは職場のホテルの客室を寮の代わりに使う場合もあります。寮の部屋が足りないなどが理由です。


このタイプの寮は部屋から職場まで1分で行けるので、めちゃくちゃ楽です(笑)。特に、リゾートバイトはレストランのホールや仲居など、朝早くから働く職種も多いです。そういう人にとって、このタイプの寮はめちゃくちゃ便利です。


僕は石川県の旅館で働いていたときはこのタイプの寮でした。


12階建ての大きな旅館の1部屋を1人で使っていました。3階に部屋があって2階が職場だったので、めちゃくちゃ楽でした(笑)。僕の同僚で朝が苦手でよく寝坊していた人がいたのですが、部屋の電話で起こすと5分後には出勤していました(笑)。


リゾートバイトのメリット体験談


①貯金がめちゃくちゃできる


リゾートバイトは寮費や食費、水道光熱費が一切かかりません。ですので、給料をそっくりそのまま貯金することもできます。石川県で働いていたときは貯金することが目的だったのですが、5か月目で110万円貯金することができました。


もちろん、「稼いだお金で遊びまくりたい」という人は毎日お酒を飲んだり、アマゾンで買い物することも可能ですよ!


②出会いが多くて楽しい


異性との出会いだけでなく、同性の友達もたくさんできたので楽しかったです。


年齢や出身地、過去の職業などはみんなバラバラで、いろんな人に会えたのが楽しかったです。僕はもともと年齢や肩書を気にせずにいろんな人と出会うのが好きなので、リゾートバイトが本当に合っているのだと思います。


また、ワーキングホリデービザでオーストラリアで働いていた僕にとって、同じくオーストラリアに行っていた人と会えたのも楽しかったです。海外や英語の勉強が好きという共通点を持っている友達ができました。


もちろん、女の子との出会いも多くて楽しかったです(笑)。


リゾートバイトスタッフの女の子だけでなく、職場の正社員の若い女の子ともよく飲みに行っていました。僕は29~32歳のときにリゾートバイトをしていたのですが、20歳ぐらいの若い女の子とも普通に仲良くなっていました(笑)。


また、休みの日に神戸や三重の四日市など、街にもよく出かけていたのでバーなどで女子大生やOLと知り合ったこともありました。


最近はマッチブックなどのマッチングアプリで出会いを探している女の子も多いので、日本中どこに行っても出会いはありますね。


③スノボ滑り放題&温泉入り放題


もともとスポーツはなんでも好きでスノボにも興味があったのですが、友達が少ないせいで今までスノボをする機会がありませんでした。


長野県の白馬のスキー場で働いていていたときに、僕は人生ではじめてスノボを本格的に経験しました。休みの日や昼の休憩時間(中抜け)に滑りまくったおかげで、上級コースでふつうに滑れるほどスノボがうまくなりました


スノボの板や靴もウェアも持っていなかったのですが、従業員割引を利用して1日2,000円で道具&ウェアをレンタルしていました。しかもリフトはタダで乗り放題だったので、本当に最高でした。


また、夜は毎日仕事仲間とホテル内の温泉に入っていました。職場によって従業員が職場の温泉に入れるかどうかは違います。僕がリゾートバイトで働いていた中では5つのうち3つの職場で温泉に入れました


本当なら1回温泉に入るのに800円ぐらいかかるのに、従業員というだけで毎日タダで温泉に入っていました。マジで最高の経験でしたよ。


④英語と中国語を仕事で使える


長野県の白馬のホテルでは、冬のスキーシーズンはレストランの洗い場でしたが、4月からはホールに変わりました。理由は洗い場の人手が足りるようになったので、リゾートバイトスタッフは必要なくなったからです。


僕は接客業は苦手ですが、英会話は得意だったのでホールの仕事もやってみれば楽しかったです。白馬では4~8月は台湾人やタイ人のお客さんが多く、英語や中国語を使って接客していました。


英語が話せるお客さんとは英語で話していたのですが、台湾人は英語を話せない人も多いです。ですので、接客に必要な中国語を覚えて、積極的に使っていました。最初は少し恥ずかしかったですけど(笑)、外国語を話して外国人とコミュニケーションを取るのは最高の体験です。


また、白馬のホテルでは中国からインターンの大学生の女の子が10人ほど働きに来ていました。彼女たちに日本語を教えながら、中国語も教えてもらっていました。


これから留学やワーキングホリデービザでカナダやオーストラリアで働く人は、海外に行く前にまずは白馬や北海道のニセコで働く経験をしてもらいたいと思っています。仕事で英語を使えるので、身につくのが早いですよ。


また、ここは日本なので英語が完ぺきじゃなくても外国人のお客さんは優しく聞いてくれます。文法や発音を少々間違っても「一所懸命英語を話そうとしてくれる」とお客さんは思ってくれます。


でも、カナダやオーストラリアで不十分な英語で接客をすれば、お客さんに不愉快な思いをさせてしまうこともあります。ですので、海外に行く前にまずは日本で英語を使って働いてほしいと思います。そのためにはリゾートバイトがマジで最高ですよ。


⑤社会保険完備で安心


リゾートバイトで大手の派遣会社に登録した場合、社会保険完備です。つまり、厚生年金と健康保険に加入できます。


社会保険ってよーわからん」という方にかんたんに説明すると、ちゃんとした企業の正社員と同じ待遇ということです。ふつう、アルバイトでは社会保険に入れません。ですので、年金と保険には自分で入らないといけません。


ところが、リゾートバイトは社会保険完備ですので、給料をもらう前に年金と保険料の分が引かれています。


給料から天引きされるんやったら、なんか損した気分になる」と思う人もいるかもしれませんが、これは大きな間違いです。社会保険完備だと会社があなたの年金と保険料を半分払ってくれます


社会保険に入っているとそれ以外にもいろいろとお得です。リゾートバイトは寮費と食費が完全にタダの上に、社会保険に入れます


これが、リゾートバイトは正社員よりも待遇がいいといわれている理由です。給料と社会保険の待遇が正社員と同じで、寮費や食費がタダなのはリゾートバイトスタッフだけですからね。


リゾートバイトはこんな人におすすめ!


・短期間でしっかり貯金したい人

・留学やワーキングホリデービザでこれから海外に行きたい人

・英語や中国語を使って働きたい人&話せるようになりたい人

・地元を離れたり、田舎暮らしがしたい人

・フリーターやブラック企業の正社員で、給料が少なすぎて疲れた人

・毎日スキーやスノボをしたり、海で遊びたい人

・1人暮らしを体験してみたい人


1つでも当てはまる人は今すぐリゾートバイトの派遣会社に登録しましょう!もちろん無料ですぐに登録できますし、登録した後もお金はまったくかかりませんよ。



経験者がおすすめするリゾートバイトの派遣会社ランキング


最後に、リゾートバイト歴3年の僕がオススメの派遣会社をランキング形式で3つ教えます。


1位 アルファリゾート(👉リゾートバイトならアルファリゾート!

時給が1050円以上の仕事ばかりで高時給です。仲居なら時給1,250円以上の仕事ばかりです。しかも、担当者の対応もいいと評判です。
また、働けば働くほどTポイントも貯まるので、二重にお得ですよ。
さらに、一定期間以上働いた人は「慰安(いあん)旅行」のようなサービスもあります。

僕が一番おすすめする派遣会社です。

2位 アプリリゾート👉はたらくどっとこむ

スタッフはフレンドリーな人が多いです。また、スタッフ同士の交流会も定期的に開催されるので、他の職場で働いているスタッフとも知り合える機会があります。これは他の派遣会社にはなりメリットですね。

1位のアルファリゾートほどではないですが、時給も高いです。同じ職場でも、業界最大手のヒューマニックよりもアプリリゾートのスタッフの方が時給が高かったです(笑)。ちなみに僕はヒューマニックで働いていました(笑)。


こちらも時給が高くて有名です。僕が一緒に働いていた友達は、契約を延長するときに時給を上げてもらっていました。

また、友達が夫婦で短期でリゾートバイトしていたのですが、寮の部屋は夫婦で同じ部屋にしてもらっていました。


以上の3社がおすすめのリゾートバイト専門の派遣会社です。スタッフ登録をしなくてもHPから時給や職種など、仕事の条件を見ることができますよ!まずは各派遣会社のHPを見てみましょう。


また、裏ワザとして2~3社の派遣会社に一気に登録してしまえば、一度の手間ですむので楽ですよ。

複数の派遣会社に登録すれば、より多くの仕事から自分に一番合った仕事を見つけられます! リゾートバイトに慣れている人は複数の派遣会社に登録している人が多いです。

登録するのにお金は一切かからないから、派遣会社にはできるだけ多く登録する方がお得ですよ!

リゾートバイトに登録して、出会いが多い職場で働いて、しっかり貯金しましょう!

じゃあ、また!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント