記事一覧

TOEICの途中でトイレに行きたい人は損するってマジ?【途中退室】

どうも、淳史です(☞プロフィール)。


この記事ではTOEICの途中でトイレに行きたい人が損をするのはマジ?なのか」について書きます。


僕は過去に2回TOEICを受けたことがあり、1回目は770点でした。2回目は結果待ち中です(2018年7月現在)。


(海外で3年働き、日常会話なら余裕で話せる僕の勉強方法やおすすめの教材は👉こちらをお読みになってください。)



この記事はTOEICを初めて受ける人にはぜひとも知っておきたい内容です。特に僕と同じようにトイレが近い人は必見ですよ。


また、すでにTOEICを受けたことがある人でも、今までに「TOEICの途中でトイレに行きたくなったけど、仕方なくガマンした」という経験がある人はぜひお読みになってください。


僕が見つけたトイレ対策に効果があるとされる2つの方法も紹介ます。



1.トイレが近い人はTOEICで損しまくり


TOEICでは絶対にトイレをガマンしすぎてはいけない


まず、おしっこをガマンしすぎると膀胱炎(ぼうこうえん)などの病気になる可能性があるので、危険です。絶対にやめましょう。途中でどうしてもトイレに行きたくなった場合は、手をあげて試験官をよび、「お手洗いに行きたいです」と小さな声でいいましょう。


TOEICのスコアよりも健康のほうがもちろん大事ですからね。


TOEICの途中でトイレに行けば損をする理由


ただし、途中でトイレに行ってもテスト時間の延長は認められませんので、注意しましょう。トイレに行った時間はそのまま損してしまうということです。


また、リスニングの途中でトイレに行った場合は当然、そのあいだの問題が聞けません。適当にマークシートをぬりつぶす(=「ぬりえをする」)ことになるので、リスニングの途中で退室することはできる限り避けなければいけません。



過去にうけたことがある方はわかるかと思いますが、TOEICはとても問題が多く、900点以上の高得点をとれる人でも途中で時間が足りなくなるほどです。ただでさえ時間が足りないのに、途中でトイレに行ってしまえば確実にベストの点数は出せません。


TOEICを受ける人のほとんどは大学院入試や就職活動、会社の昇給・昇進のためでしょう。TOEICはあなた自身の将来や給料、出世にかかわる大事なテストですから、やはりベストを尽くせるように準備をするべきです。


また、TOEICの受験料は5,725円となかなか高額です。貴重なお金を無駄にしたくないですからね。無理のない範囲で、「できるだけトイレに行かない」ようにしましょう。


「トイレに行ったせいで目標点に届かなかった」と後悔したくないですよね。



2.初めてのTOEICはトイレをガマンしすぎて死ぬかと思った


初めてのTOEICの感想は「おしっこをもらさなくてよかった」だった


僕が初めてTOEICをうけたのは2018年の2月でした。このときは開始30分、まだリスニングテストの途中なのにトイレに行きたくなりました(笑)

「リスニングの途中でトイレに行くのはさすがにヤバイ(点数がめちゃくちゃ下がるから)」と思い、しばらくはガマンしていました。


なんとかリスニングの45分はこらえ、「リーディングの途中でヤバくなったら試験官に伝えて、トイレに行こう」と思っていたのですが、なぜか試験官が全然僕の近くを通らなかったのです(笑)。


初めてのTOEICで「問題めっちゃムズイやんけ」、「あかん、このままじゃ時間が全然足らん」、トイレ行きたい。でも時間がない」と、試験中ずっといろいろな思いが頭の中をかけめぐっていました。


結局、貴重な試験時間をムダづかいしたくなく、途中でトイレに行くことはしませんでした。ぎりぎりガマンできましたからね。

試験がおわって解答用紙の回収もおわり、退室可能になるとすぐにトイレに駆け込みました。


人生で初めてのTOEICの感想は「おしっこもらさなくてよかった」でした。


トイレをガマンした結果、初めてのTOEICは目標に遠くおよばなかった


僕は👉ワーキングホリデーという制度を使って海外で3年間住んでいたこともあり、英語は得意なほうです。初めてのTOEICとはいえ、目標は900点以上でした。


それが、結果は目標に遠くおよばない770点でした。

もちろん、これはトイレをガマンしたせいだけではなく、当時の僕の英語力の結果であることはわかっています。でも、「次にTOEICをうけるときはトイレをガマンしたくない」と強く心に誓いました。


2回目のTOEICに向けて「トイレ問題」の対策


TOEICは2時間で200問もあり、さまざまな問題があります。まず、大きくわけてリスニング問題とリーディング問題があります。でも、僕のように病的にトイレが近い者からすれば、「トイレ問題」という別の問題がありました(笑)。


初めてのTOEICの結果が出た直後に「6月にもう一度TOEICをうける」と決め、そこからしばらくは「トイレ問題」の対策を立てました。


僕はなにか商品やサービスを買うときにネットでいろいろと調べるのが好きなのですが、そのときに2つのトイレ対策を知りました。


その2つの方法をお教えします。


3.トイレが遠くなるとされるストレッチとツボ


①ヨガ


2回目のTOEICをうけるまでの4か月間、こちらの「👉発見!過活動膀胱の重大原因「カチコチ膀胱」の改善法【膀胱若返りヨガ】」という記事で紹介されているヨガを試してみました。


この記事はヨガのやり方だけでなく、「なぜ、トイレが近くなるのか」についてもわかりやすく説明しています。


トイレが近くなるのは膀胱(ぼうこう)=おしっこがたまるところが縮んでしまうからなんですね。これをリラックスさせて、やわらげるとトイレが近いのが改善されるようです。



僕はめんどうくさがりなので、記事で紹介されている「①股割りのポーズ」と「②かかしのポーズ」だけをやっていました。それも毎日ではなく、週2,3回ぐらいで気が向いたときだけです。


英語の勉強と同じで、運動も続けられるペースで無理なくするのがいいと思うからです(いいわけ)。


このヨガを週に2,3回した結果、2回目のTOEICではトイレに行きたいと思わなかったです!でも、たまたま体の調子が良かっただけなのかもしれないですし、必ずしもヨガのおかげだけとは言い切れないかもしれないですね(笑)。


僕は運が良かったのだと思います。もともと運動が好きなので、ヨガも楽しくやっていました。今でも時間があれば、仕事終わりの夜にやっていますよ。ヨガをすると気持ちよくなるので好きです。



②ツボ


2つめはツボです。「👉【トイレが近い悩み】をツボ刺激で対策。頻尿は「手の甲のツボ刺激」で尿意を抑えれば改善


じつは僕はこのツボを試せていません。なぜなら、2回目のTOEICをうけた後に知ったからです(笑)。もっと早く知っておけばよかった。


僕の友達にツボや針(はり)が好きな人がいるのですが、彼はいつも目と目のあいだに「置き針」というテープのものを張っています。目が疲れにくいツボにその「置き針」のテープを張っていて、ききめがあるといつも言っています。


「置き針」というものは彼に教えてもらって知ったのですが、プロ野球選手などのスポーツ選手でも愛好家が多いとのことです。




神州 ひ鍼90針
Posted with Amakuri at 2018.7.7
日本薬興


こちらの商品はシールに1.3mの針がついています。「置き張り」の名の通り「針を置き続け、常にツボを刺激する」ためのものです。


③漢方薬(かんぽうやく)


アマゾンを見ていたらこんなものもありました。写真のパッケージには「おしっこをためるなどの機能を改善」と書いてありますね。

僕はしばらくはTOEICを受けるつもりはありませんが、半年ほど勉強して950点以上とれる自信がついたら、またうけようと思っています。そのときには事前にこの漢方薬を飲もうと思います。950点以上目指すのに、途中でトイレになんて行ってられないですからね(笑)。





4.TOEICにはトイレに行きたくなる理由がたくさんある


TOEICにはトイレに行きたくなる理由がいくつもありますので、紹介します。TOEICを初めてうけるという人は特に気をつけてください。今までにTOEICをうけた経験がある人もおさらいしておきましょう。


①TOEICをうける会場、部屋によって部屋の温度がバラバラだから


TOEICをうける都道府県を選ぶことはできますが、会場までは選べません。たいていはどこかの大学で受けることになりますが、受験番号によって教室が違います。


そして、自分がうける会場や教室によってエアコンのきき具合がバラバラです。ですので、夏でも寒すぎたり、冬でも暑すぎたりします。


夏でも部屋が寒いとトイレが近くなってしまいますよね。


②試験30分前からトイレに行けなくなるから


TOEICの試験時間は毎回決まっており、13:00~15:00です。ですが、実は試験開始の30分前、つまり12:30から試験の説明と音声テストがあります。


つまり、TOEICの試験自体は13:00から始まるのに、実際には12:30から2時間半もトイレに行くことができません。試験がはじまる30分も前からトイレに行けないのって、地味に困りますよね。なんとかしてほしいですね。


2時間半もトイレをガマンするのはつらいですよね。


③緊張するから


TOEICは「初めて行く場所(会場)で2時間で200問も英語の問題をとく」というなかなか鬼畜な試験です。


しかも、それがあなた自身の就職活動や昇給・昇進といった重大なことにかかわってきますので、当然緊張します。しないほうがおかしいぐらいです。


「職場や学校からむりやりうけさせられる」という人はもちろん、英語が好きな人や英語に自信がある人ですら、試験中はしんどいです。不安にもなります。


「やべえ、勉強したつもりやったのに、さっぱりわからん!」

「あと何分?ヤバイ!時間がない!」

となってしまいます。僕が初めてTOEICをうけたときがまさにそれでした(笑)。


緊張するとやはりトイレが近くなってしまいますよね。


③試験前にレッドブルで気合を入れるから


僕はエナジードリンク(レッドブルやモンスターなど)や栄養ドリンク(リポビタンDとか)が好きでして、疲れたときや気合を入れたいときによく飲みます。過去に2回とTOEICをうけましたが、2回ともレッドブルを飲んで挑みました。


気合が入って、なんとなくベストを尽くせる気がするからです(笑)。


でも、レッドブルやリポビタンDにはカフェインが含まれており、このカフェインのせいでトイレが近くなってしまいます。飲まなければいいだけなのですが、1問でも多くといて点数を上げるたいので、僕はレッドブルを飲まずにはいられません(笑)。


これは「あるある」というか、僕を含めたごく一部のレッドブル好きにしか当てはまらないかもしれませんね。



とはいえ、エナジードリンクや栄養ドリンクだけでなく、コーヒーにもカフェインが含まれていますので、毎朝コーヒーを飲む人もTOEICの試験中にトイレが近くなってしまいます


また、単純にお茶や水をよく飲む人も当然トイレが近くなります。「健康や美肌のために水分を多めにとる」という人もトイレが近くなってしまいますよね。


5.まとめ


この記事ではTOEICの途中でトイレに行きたい人が損をするのはマジ?なのか」について、以下の見出しで書きました。


1.トイレが近い人はTOEICで損しまくり
2.初めてのTOEICはトイレをガマンしすぎて死ぬかと思った
3.トイレが遠くなるとされるストレッチとツボ
4.TOEICにはトイレに行きたくなる理由がたくさんある


結論としては、やはり「TOEICの途中でトイレに行きたくなる人は損をする」ということです。ずっとガマンしていると体だけじゃなく、集中力がとぎれたり、メンタルもやられますからね。

かといって、途中でトイレにいけば時間をムダにしてしまいますから。

僕と同じようにトイレが近い人は記事で紹介したHPを参考に、ヨガやツボ、漢方薬を使ってみるのもいいと思います。もちろん、病院に行くのもいい方法だと思いますよ。

また、現在のところ僕は置き針と漢方薬は使ったことがありませんが、次のTOEICをうける前にはぜひ試してみたいと思っています。

そして、7月の半ばに僕の2回目のTOEICの結果が出るので、この記事で発表したいと思います。はたして、トイレをガマンしなくなればTOEICの点数はあがるのか、僕自身も非常に興味があります(笑)


オマケ


「TOEICうける(うけたい)けど、勉強やる気でーへん」という人はこちらの👉スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!をやってみるのはいかがでしょうか。

スマホアプリなので、電車や寝る前、ランチを注文して待っているときなど、いつでもどこでも勉強できます。なにより、無料体験もありますよ!

とりあえずダウンロードしてみて、もしも自分に合わなければそのときはやめればいいだけです。無料体験の期間中は損はないですよ!


じゃあ、また!

淳史





神州 ひ鍼90針
Posted with Amakuri at 2018.7.7
日本薬興






関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント