FC2ブログ

大学でかわいい女がブレーザー・スーツを着てる理由は?答えは体育会の勧誘をしてるから【入学式/なぜ/エロい/同志社/立命館】

この記事ではこの春から大学に入学する新入生に向けて、「可愛い女の子が大学でブレザーやスーツを着ていて、しかもめっちゃ笑顔で話しかけてくるのはなぜなのか?」について書きます。基本的には大学の新入生へ向けた記事ですが、もちろん2年生以上の人たちや大学をもう卒業した人、そして「ブレザーやリクルートスーツの女フェチ」の僕と趣味が合いそうな人に向けても有益な記事です。

新歓期間とは?


僕は現在京都に住んでいるのですが、やはり学生の街だけあって4月になると新入生で溢れます。僕は学生時代は非リアの引きこもりで最終的には中退してしまったのでリア充が眩しいです。

入学式の日程はもちろん大学によって異なりますが、2018年は4月1日(日)か2日(月)に行われる大学が多いです。そして、入学式から8日(日)までは「オリエンテーション期間」であり、講義はまだ始まりません。

では、その期間は何をするのか?というと、2つの重要なイベントがあります。

①履修登録
②サークルや部活(体育会)を見学したり、新歓イベントに参加する

①の履修登録というのは、自分で受けたい講義を選び、時間割を組みます。とはいえ、新入生には何がなんだかわからないと思うので、先輩が教えてくれます。

そして②のサークルや部活の見学・体験入学も重要なイベントです。実際にはこの時期に最終決定をする必要はないのですが、興味があるサークルには参加しておくといいでしょう。先輩から貴重な情報を教えてもらったり、他の学部の友達ができますからね。

そして、もちろん出会いもありまくりですよ。ぶっちゃけ、それが一番重要なんですけどね(笑)。高校までは非リアで全くもてず、今まで彼氏や彼女ができたことがない人たちもこの時期に出会いまくって、上手に「大学デビュー」を決めてもらいたいと思います。


大学でブレザーを着ている可愛い女とイケメン男は何者か


この「オリエンテーション期間」ですが、どこのサークルや部活も新入生の勧誘に必死です。というのも、サークルはどこも出会い目的のサルのためにあるので、2年以上は可愛い新入生を是が非でも欲しいからです。

入学式からオリエンテーション期間にかけて、可愛い女の子はキャンパス内で常に男の先輩に話しかけられることでしょう。男からすると、可愛い女の子は先輩に持っていかれてしまいやすいので、悔しい思いをすることも多いです。

もちろん、サークルを盛り上げるためにはおもしろくて活発な男も必要なので、男もめちゃくちゃ勧誘されます。その勢いは本当にすごいです。たとえば体格が良くていかにもスポーツやっていた人だと、バスケや野球の強いサークルに勧誘されたりします。


サークルの勧誘は本当にすごく、男でも「めちゃくちゃ可愛い女が渋谷や海でナンパされてるみたい」な体験ができます。

新入生勧誘が多い体育会は「大学から始めるスポーツ」


勧誘はサークルだけでなく、部活でもおこなっています。サークルと部活の違いを簡単に説明すると、サークルは遊びで出会い目的がほとんどです。っていうか、ぶっちゃけ全てそうです(「ヤリサー」とよく言われます笑)。

一方で部活はガチでスポーツをやっています。高校の部活の延長と考えてもらえればいいのですが、はっきり言ってレベルが全然違います。特に野球やサッカー、ラグビーのようなメジャースポーツは推薦ばかりだし、当然経験者でないと普通は入れません。


しかし、大学の部活には「高校の部活では少ない、珍しいスポーツ」もたくさんあります。たとえばアメフトやラクロス、そしてカヌーやボート、ヨットのようなマリンスポーツですね。

これらのスポーツは高校まではあまりメジャーではない一方で、大学では人気スポーツです。ですので、「高校までは野球をやっていたけど、大学からアメフトを始めた」という人は全然珍しくありません。

実際に僕も高校までは陸上部で短距離をしていましたが、大学ではウインドサーフィンというマリンスポーツの部活に入りました。まあ、半年で辞めてしまったんですけどね。


そのようなアメフトやカヌー、ボートといった部活では選手やマネージャーの勧誘が活発に行われます。勧誘を行うのは2〜4年生の現役の選手やマネージャーです。彼らはスポーツ経験者で身体能力が高い人が欲しいので、いかにもスポーツができそうな新入生を見たら勧誘してきます。


大学でブレザーを着ている人は体育会の現役部員の選手とマネージャー


体育会の部員は大学ごとに決まったブレザーを着ます。これは略して「紺ブレ」などと呼ばれます。体育会の部員は大学の公式なイベントに出席することなどがあり、そのときにこの紺ブレの着用が義務づけられます。

言ってしまえば、紺ブレは体育会の部員にとっての正装なわけですね。ピシッとした格好でみんなが揃えばカッコいいですからね。


そして、オリエンテーション期間中の新入生の勧誘でも体育会の部員はこの紺ブレを着用しています。現役の部員に取って新入生の選手やマネージャーを勧誘するのは重要ですし、部活としての立派な活動ですからね。

そしてこの紺ブレを着ている女の部員やマネージャーがまあ可愛いんですよ(笑)。もちろん、「元々可愛い子が着ているだけ」という理由も大きいです。大学の体育会のマネージャーが可愛い子が多いのは、勧誘している現役部員が可愛い子にしか声をかけないからです(笑)。マジです。

体格が良くて日焼けしたマッチョでカッコいい先輩に勧誘されたら、マッチョ好き・スポーツマン好きの女の子ならたいていついて行きます(笑)。そして、その可愛いマネージャーが先輩になり、新入生の男を勧誘するという流れなんですね。

つまり、まとめるとこうなります。

 アメフト部の3年の男が可愛い1年生をマネージャーに勧誘する
→次の年、その可愛いマネージャーが2年になり新入生の男を勧誘する
→さらに次の年、その男が2年になり、自分の好みの女の子をマネージャーに勧誘する
→以下ループ


このようなサイクルができあがるわけですね。僕は滋賀県大津市にある実家にこの間帰っていたのですが、ちょうど近くに母校同志社大学のボート部の合宿があるんですね。瀬田川という川はボートやカヌーで有名で、高校や大学の全国大会がよく行われています。

僕の実家の近くには同志社以外にも京大などのボート部の合宿もあり、よく練習しています。この間同志社のボート部の合宿所近くの石山駅に行ったところ、このボート部の女子マネージャーが紺ブレを着ていて、まあ、それが可愛かったです笑。

これからの新歓期間は各大学で紺ブレを着た可愛い子が新入生を勧誘することでしょう


まとめ

・大学で紺のブレザーを着ているイケメンや美人は体育会(部活)の現役部員で、選手やマネージャー

・4月の間は彼らが可愛い女や長身・ガタイがいい男を勧誘しまくります。

・男でも体育会の可愛い女の先輩に勧誘されるし、入部したら付き合える可能性もあり笑

以上です。

僕はこのブログでは主に以下のことを書いています。

①ワーキングホリデー(ワーホリ)という制度を利用してオーストラリアとニュージーランドで合計3年働いていたときの話
②英語の勉強方法

③外国人の女の子との遊び方や遊んだ経験w


関連記事

コメント

whiterizoba

大学中退後、ワーキングホリデーでオーストラリアとニュージーランドで働いていました。
帰国後はリゾートバイトをしていました。TOEIC900を目指しています(現在は785)。

検索フォーム