記事一覧

新卒ワーホリのメリットとデメリット!お勧めは「本命の国に行く前に他の国でワーキングホリデーの予行演習」をしよう!

どうも、ワーホリ専門家のアッシュです(twitter@whiterizoba)。この記事では『新卒ワーホリのメリットとデメリット!「本命の国に行く前に他の国でワーキングホリデーの予行演習」をしよう!』という内容です。

最近徐々に若い人の間でワーキングホリデー(ワーホリ)という生き方が知られてきています。オーストラリアとニュージーランドの2ヶ国でワーホリを経験していて、Twitterやこのブログでワーホリの相談を受けている僕は嬉しい限りです。

高校や大学を卒業後、進学や就職をせずにワーホリに行く「新卒ワーホリ」をする人が出てきています。それだけ「海外で生活したい」、「英語を話せるようになりたい」あるいは「日本で就職したくない」という若者が増えているんだろうな、と思います。


日本の経済はもうオワコン(終わったコンテンツ)です。もはや先進国ではありません。

30代40代のサラリーマンで生活のために土日にアルバイトをしている人がいたりします。 20代のサラリーマンで車も買えず、一人暮らしをするお金もないので実家に住み、彼女と結婚したいけど給料が少なすぎるためにできない、という人も大勢います。

日本はもはや先進国ではなく、「普通に」働いていても生活が苦しい時代です。中にはブラック企業で毎日サービス残業だらけで給料が少ないという人もいます。 最悪の場合、自殺(過労自殺といいます)してしまう人だっています。


僕は「超エリート(東大や京大卒)の高収入(年収3000万円以上)の人以外は、日本で無理して働くよりも海外で「そこそこ」働いた方がよっぽど楽だし、幸せに生きられるよ」という考えです。

それぐらい、日本で「普通に」働くのはしんどいです。しかも普通に働いても給料はショボく、生活は苦しいです。


そんな時代だからこそ新卒ワーホリを希望する学生が増えているのでしょう。ワーホリから現地企業に就職して、海外移住することも可能です。実際に、オーストラリアやカナダ、イギリスなどどこの国でもそういう日本人が何千人、何万人もいます。

仮に海外移住をしなくても(できなくても)英語が話せるようになれば、ある程度どこの国でも働けるし、生活できます。言うまでもないことですが、これからの時代は英語がますます重要になってきます。

そのため、できるだけ早くから海外に出て英語が話せるようになると、その分有利になります。


また、ワーホリの後に日本に帰ってきたとしても、英語が話せれば有利です。日本人は英語が話せる人がまだまだ少ないですから、あなたは英語を話せるだけで有利になります。少なくとも仕事に困ることはないでしょう。

僕は3年間のワーホリのあと日本に帰ってきて、3年間リゾートバイト(住み込みの派遣アルバイト)で日本各地の観光地で働いてきました。どこも外国人観光客が多く、これからの日本ではいかに観光業界が重要か、そして英語がいかに必要なのかを直接見てきました。


2ヶ月で50万円貯金ができて、英語を使って働けるリゾートバイトについては「👉必見!英語が使えるアルバイトならリゾートバイトがおすすめ!旅館・ホテル・通訳も」をご覧になってください。

お客さんだけでなく、外国人のスタッフがたくさんいる職場もあります。日本でワーホリのような体験ができますよ。



僕は若者がワーホリをして海外で働くことに100%賛成です。でも、正直に言うと新卒ワーホリには賛成しません。メリットも多いですが、デメリットも多いからです。

僕は24歳で大学を中退したあと2年間フリーターをし、26歳でオーストラリアでワーホリをしていました。オーストラリアで2年間ワーホリをしたあとニュージーランドで1年間ワーホリをし、29歳で日本に帰ってきました。

そのあとは日本で3年間リゾートバイトをして暮らしました。


僕は新卒ワーホリの経験はありませんが、オーストラリアやニュージーランドで10人ぐらいの新卒ワーホリの人に出会いました。また、ワーホリの日本人に合計100人以上会ったので、いろんな人を見てきました。

その僕が「新卒ワーホリのメリットとデメリット」について書いていきます。



新卒ワーホリのメリット


1.英語を早く身につけられる
2.海外生活を早く経験できる
3.海外で生活することにより、「これからの自分の人生で本当にしたいことが見つ  かる可能性が高まる」
4.ワーホリ終了後、現地で就職や進学をしやすい

以上です。1つずつみていきましょう。


1.英語を早く身につけられる

当たり前ですが、英語を身につけるのは早ければ早いほど有利です。 僕が向こうであった20代後半のワーホリの日本人で「もっと若いうちから英語を勉強しておけばよかった」とか「学生時代に留学しておけばよかった」とか言う人は数えきれないほどいました。

新卒でワーホリすると、将来このような後悔をすることはないでしょう。

また、新卒ワーホリだと高校や大学で習った英語もよく覚えているでしょうから、英語の勉強がしやすいというメリットもあります。


英語が全然話せないままワーホリに行くのは時間とお金の無駄なので、絶対にやめた方がいいです。特に新卒ワーホリのように若い人であれば、フィリピン留学を強くお勧めします。


仮に現地で最初に語学学校に行くにしても、はっきり言って時間とお金の無駄です。「👉ワーホリで語学学校行くのはコスパ最悪!行くならフィリピン留学がいいよ」でフィリピン留学のメリットを書いています。参考にしてください。

セブ島なら・安い・マンツーマン授業・綺麗なビーチもある、とメリットだらけです。しかも、ワーホリ前に海外生活や外国人との付き合い方に慣れることができます。



2.海外生活を早く経験できる

海外の生活や外国人と接することに早く慣れることができます。これからの「真の国際化社会」には非常に重要です。

日本人は外国人に慣れていない人が多いですから、早ければ早いほど有利です。


3.海外で生活することにより、「これからのあなたの人生で本当にしたいこと」が見つかる可能性が高まる

新卒でワーホリすることにより価値観が変わり、人生の夢や心からしたいと思う仕事を見つける人は多いです。

例えばカジノのディーラーのように、日本になくてオーストラリアにある職業もあります。また、ダイビングのインストラクターは日本にもある職業ですが、オーストラリアの方がよっぽど仕事を見つけやすいです。

実際に、オーストラリアでこれらの職業で働いている日本人も数多くいます。オーストラリアだからこそできる仕事に出会うのは、実際にオーストラリアに行った人にしかわかりません。そして、若ければ若いほど有利です。


4.ワーホリ終了後、現地で就職や進学をしやすい

「ワーホリビザは切れるけど、どうしてもオーストラリアに永住したい」という場合、基本的には現地で仕事をしていないといけません。 永住権を特に取りやすい職業は美容師、調理師、システムエンジニア、プラグラマーなどの技術職です。

ワーホリビザは1ヶ国につき一生で1回しか使えませんから、あなたがワーホリ終了後にもう一度オーストラリアで働くのは難しいです。 

仮に、日本に帰って調理師や美容師の資格を取っても、オーストラリアでもう一度働くことはできません。働けるビザ(ワーキングホリデービザや就労ビザなど)がないからです。


でも、現地の専門学校や大学に行くことはできます。

ですので、この場合はワーホリビザが終わったあと、今度は学生ビザでオーストラリアに住むことになります。

そして、美容師や調理師などの専門学校に行き、現地就職→永住 というルートを目指すことになります。

このルートを目指す場合も若ければ若いほど有利です。日本で1、2年働いて学費を貯める時間は十分にあるはずです。 

あるいは、「大学には行かないけど、オーストラリアの専門学校に行く学費を出して欲しい」と親と交渉できる人もいると思います。

「留学費用ぐらい自分で稼げ」とか「いつまでも親のすねをかじるな」と批判をする人がいるかもしれませんが、親にお金を出してもらうことが悪いとは僕は全く思いません。

それぞれの家庭のことですので、他人は関係ないですからね。


実は僕はこの「ワーホリが終わったあとに日本でお金を貯めて、学生ビザでオーストラリアに行って永住を目指す」というルートを真剣に目指していました。僕も本気でオーストラリア永住したかったからです。

僕はいろいろな理由により諦めてしまいましたが、オーストラリアに永住するならワーキングホリデーから直接永住権を取る(不可能ではないけど、めちゃくちゃ難しいです)以外では、このルートが一番可能性が高いです。

もちろん、これも若ければ若いほど有利です。



新卒ワーホリのメリットまとめ


1.英語を早く身につけられる
2.海外生活を早く経験できる
3.海外で生活することにより、「これからの自分の人生で本当にしたいことが見つ  かる可能性が高まる」
4.ワーホリ終了後、現地で就職や進学をしやすい


以上です。

やはり英語の習得や海外経験が得られること、ワーホリ後に永住を目指すのであればワーホリをするなら若ければ若いほど有利です。

では、続いて新卒ワーホリのデメリットをみていきましょう。



新卒ワーホリのデメリット


1.英語を話せない状態で行っても仕事がみつけにくく、もったいない
2.資金が十分貯められない
3.日本の「新卒」を捨てると、将来もしも日本で住むことになったときに困る
4.ワーホリは1ヶ国につき一生で1回しか行けないので、早く使いすぎるのはもったいない

以上です。1つずつみていきましょう。


1.英語を話せない状態で行っても仕事がみつけにくく、もったいない

英語がかなり話せて、海外で生活したり仕事をするのに困らないのであれば問題ありません。でも、大して話せないまま行くのはもったいないです。

もし、あなたが29歳のサラリーマンで「ワーホリの年齢制限まであと1年しかない! でも、どうしても海外で生活してみたい!」というのであればかまいません。英語が話せなくても行った方がいいでしょう。

でも、新卒のあなたがそんなにもったいないことをするメリットは、はっきり言ってありません。

どうせ向こうに行っても英語の勉強はしないといけません。それなら、先に英語の勉強をしておいた方がいいと思いませんか? 僕はそう思います。

英語が話せないままワーホリに行っても、ろくな仕事はみつかりませんよ。日本食レストランのろくでもないオーナーに最低時給以下でこき使われるだけです。 どこの国でもそんな日本人が山ほどいます。

新卒のあなたがわざわざそんなことをする必要はないですよ。


2.資金が十分貯められない

新卒ワーホリをするのなら、学生時代のアルバイトで貯めたお金で行く人が多いと思います。アルバイトは給料が安く、中々お金が貯まりません。

現地で語学学校に行かずに働くのであれば多くのお金はいりませんが、それでも出発までにかなりのお金がかかります。

飛行機のチケットや保険、現地についてから仕事が決まるまでの家賃や生活費を考えると、最低でも60万円は必要です。これは「ワーホリするのに十分なお金」ではなく、必要最低限のお金です。

オーストラリア、ニュージーランド、カナダは車社会なのでワーホリの人でも車を買えば生活がめちゃくちゃ便利になるし、その上、友達とキャンプや旅行などがしやすく、より楽しめます。仕事も見つけやすいです。しかも、モテます(特に男の人は)。


車は必ず買う必要はありませんが、ある方がいいです。その場合ワーホリに必用な資金は100万円ぐらいです。これだけのお金をアルバイトで貯めるには非効率です。

ですので、新卒でいきなりワーホリに行くのはもったいないです。

十分お金がある人はいいですが、100万円の資金が用意できない人は日本で働きながらお金を貯める方が効率がいいです。 その間に英語の勉強など、ワーホリの準備もできますからね。

リゾートバイト歴3年の僕が自信を持ってお勧めする派遣会社のアルファリゾートのメリットについては「👉おすすめリゾバ派遣会社のアルファリゾートは男の仕事も多いし時給も一番!」をお読みになってください。

時給1100円以上の仕事ばかりです。しかも、寮費と食事が無料なので給料は丸々貯金できます。

2ヶ月で50万円貯金できる👉リゾートバイトならアルファリゾート! 一番お勧めの派遣会社です。


3.日本の「新卒」を捨てると、将来もしも日本で住むことになったときに困る

日本で就職するのであれば、新卒はかなり重視されます。同じ職歴がない若者でもフリーターと新卒では大違いです。

その新卒という最強の武器をわざわざ捨てるメリットは、はっきり言ってゼロです。一度日本で働いて職歴があると、日本に帰ってきても仕事が見つけやすく、安心です。

「俺は絶対に海外に住むんじゃ! 日本でなんか働かへんわ!」と思っていても、長い人生では何があるかわかりません。あなたにはまだわからないかもしれませんが、これは本当です。


僕はオーストラリアに永住するつもりでワーホリに行きましたが、それができず、今は日本で働いています。大学を中退後、2年間フリーターをしてワーホリに行ったので、職歴はありません。

僕はワーホリとは関係なしに、そもそも大学の単位が全然取れずに中退したので、自分の今までの人生を後悔していません。 でも、僕よりも若い人にこんな生き方は勧めません。わざわざ自分が損をする、不利になる必要はありません。


日本人である限り、いつでも日本に住んで働くことができます。あなたが海外移住しても、40歳や50歳になって「やっぱり日本に住みたくなったな」と思い、日本に帰ってくる可能性は十分あります。

そんなとき、日本で職歴がなかったらまともな仕事にはつけません。新卒を捨ててまでワーホリに行く価値はないですよ。

「俺はサラリーマンにはならへん! フリーランスになって個人で生きていくんじゃ!」という人でも、就職することで損はしません。職歴があるに越したことはないです。


新卒ワーホリをせずに日本で働くことにより、少なくともお金は貯まります。上であげた「2.資金が十分貯められない」を解決できます。

また、日本で働くことで人生の経験値も増えます。これは海外に行っても役立つでしょう。


そして、実はこれが一番大きいのですが、正直言って日本よりも海外で働く方が楽です。めちゃくちゃ楽です。

【関連記事】


日本で働くこと経験しておけば、海外だと余裕で働けます。昔のマンガですが『ドラゴンボール』で悟空やクリリンが重いこうらを背負って修行するのと同じです。

日本で働く=ハンデなのです。最初にハンデを背負うからこそ、あとで楽になります。

でも、海外で働いたあとに日本で働くのはしんどいです。めちゃくちゃしんどいです。

いきなり亀のこうらを背負わされるのはしんどいですよね? だから、先に背負っておく=日本で働く経験をしておく方がよっぽどいいのです。


4.ワーホリは1ヶ国につき一生で1回しか行けないので、早く使いすぎるのはもったいない


ワーホリは1ヶ国につき一生で一回しか行けません(オーストラリアのみセカンドワーキングホリデーという制度あり)。

例えばあなたが18歳でカナダにワーホリをすれば、もう二度とワーホリでカナダにはいけません(学生ビザなどで行くことはできます)。

これはよく考えた方がいいですよ。


ワーホリは「1年間自由に海外で働ける」夢のような権利です。 大学教授やプロのスポーツ選手などごく一部の人を除けば、海外で自由に働くことなんて普通はできません。

そんな特別なことができるのがワーホリなんです。その特別な権利を安易に使うのはもったいないです。 行く前にせめて英語の勉強や一人暮らし、1人で海外旅行をするなどの経験しておいた方がいいですよ。

一生に一度しか使えない権利だからこそ、よく考えて使いましょう。



新卒ワーホリのデメリットまとめ


1.英語を話せない状態で行っても仕事がみつけにくく、もったいない
2.資金が十分貯められない
3.日本の「新卒」を捨てると、将来もしも日本で住むことになったときに困る
4.ワーホリは1ヶ国につき一生で1回しか行けないので、早く使いすぎるのはもったいない

以上です。ようするに、「行く前に日本で働いたり一人暮らしをしたり、人生の『経験値』を貯めておきましょう」ということです。


あなたが29歳で「結婚する前に一度海外で生活してみたい」というのであれば、今すぐにでもワーホリをするべきでしょう。 でも、18歳や22歳で新卒のあなたがするメリットはほとんどありません。


せめて、十分な資金(100万円ぐらい)と海外で働いて生活できるぐらいの英語力は身につけるべきです。


僕は日本の若者にワーホリという素晴らしい制度が知れ渡っていることを嬉しく思います。また、「英語を話せるようになりたい」とか「海外で生活したい」という人が増えるのも良いことだと思うし、嬉しいです。

それでも、万全な準備をせずに新卒ワーホリをするのは賛成しません。


もちろん、あなたの人生なのであなた自身で決めれば良いことです。 

ただし、僕が弟のように可愛がっている21歳のいとこが「大学を卒業したら就職せずに、ワーホリをする」と言ってきたら、止めます。「焦る必要はない」と僕は言います。


ワーホリ前に経験しておくべきこと


1.シェアハウス生活(一人暮らしでもOK)
2.海外一人旅(無理なら国内のゲストハウスに3泊以上する)
3.外国人に慣れておく(白人が全員美人・イケメンではないと認識できればOK)

2ヶ国で合計3年のワーホリ経験がある僕が厳選しました。僕は全て経験していたおかげで、初めてのワーホリでもカルチャーショックなどは全くなかったです。

留学経験などは一切ありませんでしたが、初めての海外生活でも余裕でした。


一人暮らし経験がない人はリゾートバイトでも十分です。寮の個室に無料で住めるので、洗濯や自炊を経験できます。寮の設備次第では自分の部屋のトイレ掃除や風呂掃除も体験できます。


2ヶ月で50万円も貯金できて、一人暮らし生活も体験できる👉リゾートバイトならアルファリゾート!  一番おすすめの派遣会社です。




本命の予行演習として、違う国でワーホリするという選択もあるよ



「そんなん言ったかて、俺は今すぐ海外に行きたいんじゃ!」
「日本で社畜になんか絶対にならへんねん!」

こういう人もいると思います。その気持ち、めちゃくちゃわかります。僕も昔全く同じでしたから。


そんなあなたに僕がお勧めするのは「本命の国の前に違う国で予行演習としてワーホリをしてみる」ということです。

あなたの周りでこんなことを言うのは親や教師、あるいは留学エージェントの担当者を含めても誰もいないと思います。

僕はオーストラリアとニュージーランドの2ヶ国でワーホリを経験したので、こういうアドバイスができます。


・オーストラリアでワーホリして永住したいから、その前にニュージーランドでワーホリする
・イギリスに行きたいけど英語や海外生活に不安があるから、カナダで海外に慣れておく

新卒ワーホリに限らず、将来は海外で永住したいと思っている人や、フリーターでワーホリをしようと思っている人には、このように「本命の国でワーホリをする前に予行演習をする」ことをお勧めします。

これをすることで、僕が上であげた「新卒ワーホリのデメリット」を全て解消することができます。


新卒ワーホリのデメリット

1.英語を話せない状態で行っても仕事がみつけにくく、もったいない
2.資金が十分貯められない
3.日本の「新卒」を捨てると、将来もしも日本で住むことになったときに困る
4.ワーホリは1ヶ国につき一生で1回しか行けないので、早く使いすぎるのはもったいない


海外で1年も生活すると嫌でも経験値が貯まります。めちゃくちゃ貯まります。


予行演習としてのワーホリのメリット

1.自分の英語がどれぐらい通じるのか(通じないのか)がわかる
2.海外で仕事やシェアハウスの見つけ方がわかる
3.外国人との付き合い方に慣れることができる


つまり、「本命の国に行く前に、ワーホリで起こるであろうことが全て経験できる」ということです。

そりゃあ、そうですよね、だってあなたは「ワーホリの予行演習としてワーホリをする」わけですから。


カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドは同じ英語圏でイギリス系の白人が多く住む国で、共通点が非常に多いです。どこに行っても、最高の予行演習になります。

国民性や英語の発音、細かい文化などは多少違いますが、仕事やシェアハウスの探し方、は全く同じです。


「予行演習」としてのワーホリはどこでもいい


では、どこの国で予行演習すればいいのか? 

これははっきり言って、どこでもいいです。あなたの好みで選んでください。


「スノボが好きだからカナダに行ってみよう」
「本命のオーストラリアの隣の国だからニュージーランドで予行演習しよう」

こういう理由でOKです。

カナダ、イギリス、ニュージーランドは最低時給が1000円ぐらいなので、ワーホリで1年働いてもあまり貯金できないでしょう。

ただし、オーストラリアでは時給が倍近くの約1800円もあるので、1年働けば100〜200万円以上貯金することもできます。

オーストラリアで予行演習をした場合、「本命のカナダやニュージーランドに行く前の資金を貯める」というメリットもついてきます。


僕自身、初めてのワーホリのオーストラリアでは中々仕事が見つからず、苦労しました。

でも、2ヶ国目のニュージーランドではわずか3日ほどで簡単に仕事が見つかりました。田舎の観光地に行けば簡単に仕事が見つかることを、オーストラリアの体験から学んだからです。

もちろん、英語がかなり話せるようになったということも大きいです。



まとめ


・英語力や現地での生活の準備が万全でないのなら、若者は焦ってをする必要はない(新卒ワーホリ以外の人も同じ)

・20代前半までの若者がワーホリに行くなら、最低でも英語とお金の準備は万全にしておこう
・そのためにお勧めなのはリゾートバイトとフィリピン留学
・いきなり本命の国でワーホリしなくてもいい! 別の国で「予行演習」するという選択肢も考えてみよう

予行演習としてのワーホリのメリット

1.自分の英語がどれぐらい通じるのか(通じないのか)がわかる
2.海外で仕事やシェアハウスの見つけ方がわかる
3.外国人との付き合い方に慣れることができる


「外国に住んで、外国人と一緒に働きたい」
「日本では働きたくないから、海外移住したい」
「英語ペラペラになって世界中に友達が欲しい」

ワーホリに行く目的はそれぞれあるでしょう。あなたの夢や目標を達成するためには、良い準備が必要です。

ぜひとも事前にできることはしっかり準備して、充実したワーホリ生活を送ってください。


【おすすめ記事】








最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

じゃあ、また!

アッシュ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ