記事一覧

【ADC38速報】あだち充ヒロイン総選挙の結果発表&全作品を読んだ俺が選んだ全38人ランキング完全版+2【見分け方もわかる】

adc38① 

ADC38② 


どうも、アッシュです(twitter@whiterizoba)。サンデーS(スーパー)というマンガ雑誌で、『ADC(あだち)38』という企画が行われました。

その名の通り、『タッチ』や『H2』、『クロスゲーム』などで有名なあだち充マンガに出てくる全ての女性キャラクターを、人気投票で順位を決めようという企画です。

投票は8月25日に締め切られており、結果は9月末に発売されるサンデーSで発表されます。


速報!
9月25日発売のサンデーSで結果が発表されました!


1位 浅倉南(タッチ)
2位 若松みゆき(みゆき)
3位 古賀春華(H2)
4位 月島青葉(クロスゲーム)
5位 二宮亜美(ラフ)
6位 鹿島みゆき(みゆき)
7位 雨宮ひかり(H2)

今わかっている情報はここまでです。ソースはこちら↓

1位は浅倉南 判別困難で誤植も…

あだちさんの漫画に登場するヒロインは名前や容姿が似ているキャラクターが多く、企画発表直後から「見分けがつかない」という声がネットで上がるなど盛り上がった。11月号内の結果発表でも4位の月島青葉を、作品内に登場する姉の「月島若葉」(10位)と表記する誤植があるほど難解だったようだ。

誤植は草生えますねw

フタを開けてみれば、南は全体の3分の1の票を集め、ぶっちぎりの1位です。まあそれはいいとして、2位の若松みゆきは結構以外でした。

他は古賀ちゃん、青葉、二宮が上位に入り、これは僕の予想通りでした。あだち充の大ファンの面目を保てたかな?(笑)

9月2日時点での僕の順位予想がこちらです。

1位  古賀春華 (H2)
2位  浅倉南  (タッチ)
3位  月島青葉 (クロスゲーム)
4位  二宮亜美 (ラフ)
5位  水谷香月 (KATSU!)
6位  新田由加 (タッチ)
7位  若松みゆき(みゆき)
8位  小山内美歩(H2)
9位  月島若葉 (クロスゲーム)
10位 雨宮ひかり(H2)

次点 滝川あかね、立花音美、住友里子、菜種
(以上9月2日現在)

ひかりはともかく、鹿島みゆきの6位は完全に予想外でした。まさか香月や新田由加よりも人気とは思いませんでした。美人は美人ですけどね。

(追記ここまで)



そこで!

あだち充作品をガチで全部読んでいる僕が、あだちヒロイン全38人の完全版ランキングを作りました(※あくまで僕の好みです)。

そして「なぜあの子がノミネートされていないんだ」というヒロインが2人いたので、特別に入れました。全部で38人+2人の完全版のランキングです。


また、この記事の最後に僕が『ADC38』の結果を予想(上位のみ)します。



32歳の僕は小学校時代に『H2』を読んであだち充にハマり、その後『タッチ』や『ラフ』、『みゆき』など過去の作品を読みあさりました。

『陽当たり良好!』や『スローステップ』など古い作品はもちろん、『QあんどA』や『アイドルA』といったマイナー作品、『ショートプログラム』などの短編ももちろん読んでいます。

(※そう思ってWikipediaを見たところ、『ナイン』以前の作品は『初恋甲子園』以外は読んでいませんでした。それから『ナイン』意向でも、『夕陽よ昇れ!!』と『おいら放課後若大将』という2作品は読んだことなかったです。っていうか聞いたこともありません


一般的には「あだち充のヒロインはみんな顔が一緒」と言われますが、一部を除いて全然違います。ただし、古賀ちゃんと『いつも美空』の坂上美空なんかはソックリなのは認めます。

ヒロインそれぞれ外見も違うし、それぞれの魅力があるんです(力説)。

とにかく、「『ナイン』以降のあだち充の中長期連載作品は全部読んでいる」僕が、ヒロインランキング完全版を決めました。登場作品とともに紹介します。なお、異論は受け付けないものとする。

※多少のネタバレ含みます。気をつけて続きをお読みになってください。

そして「なぜあの子がノミネートされていないんだ」というヒロインが2人いたので、特別に入れました。全部で38人+2人の完全版のランキングです。




このエントリーをはてなブックマークに追加


adc38① 




※名前の後ろにある数字は、ADC38のエントリーナンバーです。


 1位  水谷香月(KATSU!) 24


KATSU! 1 (小学館文庫 あI 86)
Posted with Amakuri at 2017.9.12
  • あだち 充
  • 小学館
  • 販売価格 ¥810(2017年9月12日11時33分時点の価格)




とにかく可愛い、きれいです。あだちヒロインには珍しく、初期から最後まで主人公(里山)に対して一途で、好意を隠さなかったのもいいですね。変な駆け引きや曖昧な態度を一切取らなかったです。

根っからのボクサーということもあり、気が強く、真っすぐ性格です。気が強い美人が好きな僕にはたまらなかったです。

外見は南やひかりと同じくロングヘアータイプのヒロインですが、香月だけは目元が違います。あだちヒロインにしては珍しく、三白眼で、白目部分が大きいのが特徴です。気が強い感じをうまく表せていますね。

作品の人気が高いのは『ラフ』や『H2』ですが、「ヒロインだけなら香月が一番」という人も多いと思います。

 2位 滝川あかね(クロスゲーム) 29

クロスゲーム 11 (少年サンデーコミックス)
Posted with Amakuri at 2017.9.12
  • あだち 充
  • 小学館
  • 販売価格 ¥421(2017年9月12日11時37分時点の価格)



可愛い。主人公の樹多村光とのエピソードがもっと欲しかったです。

ただし、『クロスゲーム』は登場人物が全員小さく見えて、小学生か中学生みたいに見える気がするので、高校生としては不自然でした(そう思うのは僕だけか?)。

青葉があまり好きではない僕にとっては、『クロスゲーム』後期のヒロインはあかねです。報われてほしかったですね。

ロングヘアタイプのヒロインで、若葉はもちろん、ひかりとも少し似ていますね。


 3位 月島若葉(クロスゲーム) 28

まさかの2連続で『クロスゲーム』からの登場です(笑)。青葉が嫌いというわけではないんですけど、どうしてもメインヒロインの感じがしないんです。あくまで「ヒロインの妹」にしか見えません。

若葉は小学校時代だけの登場とはいえ正統派のヒロインで可愛いんですよね。あだちマンガにしては珍しく、最初から完全な両思いです。なお、

クロスゲームは1巻で完結してもいいぐらいだと思っています。1巻だけを読んでも泣いてしまいますね。

ひかりやあかねと同じく、ロングヘアタイプのヒロインです。


クロスゲームはぶっちゃけ1巻がピークといっても過言ではないです。『タッチ』でかっちゃんが死ぬ前みたいなものです。


 4位 大山春夏(MIX) 37


現在ゲッサン(月刊サンデー)で連載中の『MIX』からの登場です。あかりや若葉と同じく、マンガ内でのメインヒロインではないと思うのですが(マンガ的にヒロインは立花音美)、気が強い美人で僕は好きです。一般的には音美の方が人気ありそうなんですけどね。音美も可愛いし。

本当は香月と1、2を争うぐらい好きなんですけど、髪型と顔があまりタイプではないので4位になってしまいました。


また、字は違いますが古賀ちゃんと同じ「はるか」という名前なのが、非常に気になってしまいます。なぜそんな名前にしたのか……。

タイトルの通り『MIX』はあだちマンガの集大成のような作品なので、何か意味があるのかもしれませんね。あるいは名前の響きでたまたま被ってしまったのかもしれません。

ロングヘアタイプのヒロインですが、顔はひかりや香月とも少し違うので、ファンが見たら違いはすぐにわかります。髪型がセンター分けなのが特徴的ですね。


ADC38② 





 5位 中尾百合(ナイン)


あだち充が原作付きでなく、自分でストーリーも考えるようになった最初の作品『ナイン』のヒロインです。

ロングヘアタイプのヒロインで、美人でかわいいです。後の作品の南やひかり、あるいは鹿島みゆきといったヒロインの先駆けですね。

とにかく可愛くて、学校中のアイドルです。安田雪美というショートカットタイプのヒロインがライバルとして出てきますが、読者にとっても作品内でも、存在感と魅力はダントツで中尾百合の方が上です。

あだちヒロインにしては珍しく(?)性格はおっとりしていて、優等生タイプです。一方で、芯の強さを見せることもあります。

あだちヒロインによくいるスポーツ万能ではないです(記憶違いでなければ)。ライバルの安田雪美は陸上部でスポーツ万能なので、対比させたかったのかもしれませんね。


中尾百合:ロングヘア スポーツは苦手でおっとりしている 女らしい美人
安田雪美:ショートカット スポーツ万能でお転婆 ボーイッシュでかわいい


こんな感じですね。

若い世代には馴染みのない作品かもしれませんが、『ナイン』は非常におもしろいので、ぜひ読んでいただきたいです。単行本でも5巻、文庫本ならわずか3巻なので、すぐに読めます。

あだち充の連載作品にしては短めですが内容は超王道で、無駄が一切ありません。
他の作品よりも若干「青春臭さ」が強いですが、全く気にならないです。むしろそれがいい。

後のあだち野球マンガに続く「野球をモチーフにした青春•ラブコメマンガ」のスタイルが既にできあがっている作品です。『ラフ』が出るまでの初期の傑作と言っていいでしょう。



6位 二宮亜美(ラフ) 13


ラフ ワイド版(1)
小学館
販売価格 ¥640
(2017年9月12日11時56分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


ようやくショートカットタイプのヒロインが登場しました。「ツンデレ」という言葉がなかったころに登場した元祖ツンデレ』です。『タッチ』の新田由加よりも前ですからね、こちらが元祖ツンデレです。

『あだち充最高傑作』の呼び声高い『ラフ』は、ヒロインの二宮あってこそです。僕も今のところ一番好きな作品は『ラフ』です(これからの展開次第では『MIX』になるかも)。

何と言っても最終回の一番最後のシーンが最高ですね。あの終わり方はあだちマンガ最高の終わり方と言って異論はないでしょう。

あーあーこちら、二宮亜美、きこえますか?
ただ今8月25日金曜日、午後9時25分31秒、32秒、33・・・・
気温28度、星空、晴天、微風 きこえますか?

あなたが好きです。

こちら二ノ宮亜美。

やまと圭介。応答せよ。

これやっぱ最高でしょ。

顔は若松みゆきや古賀ちゃんとよく似た、ショートカットタイプのヒロインです。

ストーリー上、初登場時に怒っているのは仕方ないとしても、髪型が微妙にダサいのがマイナスポイントです。作品後半は古賀ちゃんとかなり似ていますね(『ラフ』の方が先だけどw)。


途中で仲西弘樹(お兄ちゃん)と両天秤に掛けていたところは少し嫌ですね。最終的には答えを出したのでいいんですけど。


僕は高校〜大学生(10年以上前)までは二宮が一番好きでした。その後『KATSU!』の連載が終わったぐらいに香月にトップを奪われ、今では5位まで落ちてしまいましたが。

それでもベストヒロインに選ぶあだちファンは多いと思います。30代以上の人は二宮が好きな人が多そうですね。



 7位 古賀春華(H2) 19


H2 (4) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)
小学館
販売価格 ¥730
(2017年9月12日11時59分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


ようやく出ました。古賀ちゃんです。

今の30代のあだち充ファンには『H2』が好きな人が多いと思うので、古賀ちゃんが一番好きな人も多いと思います。

僕は『H2』を読み始めた小学校のときは、ひかり派でしたが、大人になるにつれて春華派になりました。

『H2』は名台詞や名シーンが多いですが、古賀ちゃん絡みのものも多いですね。


待ってる時間も、デートの内でしょ。

デートの時間は、長いほうが良いもん。

これは『H2』屈指の名台詞というだけでなく、あだちマンガ全体でも最高レベルの名言です。


他にも古賀ちゃん絡みの好きなシーンとして、文化祭で比呂が古賀の作ったケーキをフリスビーで落としてしまうシーンがあります。

そこで謝りもせずに「とてもひかりには真似できねえ」と言って、ひかりと比べます。その後に野田が比呂を殴るシーン。あそこもいいですねえ。

他にも、柳が古賀ちゃんの絵をめちゃくちゃ上手く描いているシーンとか、古賀ちゃん絡みのいい場面はたくさんあります。

読み返してみるとあまりにも都合のいい女過ぎて、残念ですね。

でも現実の野球部だと、1年の夏までに比呂と付き合ってますよね。



 8位 小山内美歩(H2) 20


前半の生意気キャラは読んでいて憎たらしかったですが、木根と付き合う前ぐらい(お見舞いに行くあたり)からはめちゃくちゃ可愛いですね。ナイスカップルですし。

甲子園の準々決勝で木根が先発したときに、偵察でビデオ回してるシーンとか可愛すぎます(手汗びっしょりのところね)。その次の準決勝で千川と明和一が対戦したときも、木根の打席だけはついつい応援しちゃっていますしね。

その後の明和一の監督の台詞もカッコいいんですよね。

「グラウンドに恋愛を持ち込むなよ」

ってやつが。

ロングヘアタイプですが、顔や髪型はひかりや南とは似ていないですね。他のあだち作品のキャラとは明らかに見た目が違うので、見分けがつきます。

作品内のキャラクターとしては『タッチ』の新田妹に似ています。ライバルというよりかは元々かませキャラとしての登場だったかもしれませんが、段々魅力が増してきました。

中盤以降はサブキャラクターとして人気になったと思います。顔も可愛いですしね。


 9位 立花音美(MIX) 36




正直言って、あまりにも正統派ヒロイン過ぎて、いまいち魅力に欠けるんですよね。普通に可愛いんですけどね。

僕は同じ『MIX』内でも、4位に挙げた大山春夏の方が好きなので、上位には入れませんでした。

まだ連載中の作品なので、これからどうなるかわからないですからね。夏野一番は完全にネタキャラとしても、赤井弟との関係がどうなるのか気になります。

もちろんマンガ内ではメインヒロインなので、主人公の立花投馬との関係も気になりますね。


見た目は典型的なショートカットタイプのヒロインで、古賀ちゃんや坂上美空にそっくりですね。

これからの展開が見物です。

あだちファンの間ではかなり人気が高いと思います。可愛いですしね。


『MIX』はサンデーではなく、ゲッサン(月刊少年サンデー)での連載なので、読んでいない人も多いかもしれませんが、あだち充ファンなら確実に楽しめる作品ですよ。

正直言って、歴代でもかなりの名作になる予感がします。まだ読んでいない人は、読んでみることを本気でお勧めします。


 10位 関圭子(陽当たり良好!) 4


『陽当たり良好!』の登場人物ですが、メインヒロインではないです。

報われない美人という意味では鹿島みゆきに似ていると思います。

ロングヘアタイプのヒロインで、顔は『ナイン』の中尾百合に似ています。南より前のロングヘアヒロインですね(南より後はひかり、香月、若葉など)。

何人もの10位候補の中から、選びました。理由は美人だからです。


いや〜ここはかなり迷いました。候補としては西尾佐知子(『タッチ』の先輩マネージャー)、南、岸本かすみ(『陽当たり良好!』のヒロイン)、中里美夏(『スローステップ』)、菜種(なたね=虹色とうがらし)、住友里子(『タッチ』で最後に出てきたアイドル)、ひかり、高梨美久(『じんべえ』)、里美あずさ(アイドルA)など本当にたくさんいました。

ギリギリまで西尾佐知子を選ぼうと思いましたが、美人の関圭子を入れました。

他にも住友里子は存在感ないけど可愛いし、菜種は髪型がダサい(作品上仕方ないとはいえ)けど可愛いし、本当に悩みました。



冒頭の通り、あまりにも楽しすぎたので、このまま38人+2まで完全版のランキングを作ってしまいます(2017/09/04)。



 11位 菜種(虹色とうがらし) 15


虹色とうがらし (1) (小学館文庫)
小学館
販売価格 ¥3,403
(2017年9月12日12時9分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12

やっぱり西尾先輩ではなく、菜種にしました。ロングヘアタイプのヒロインですが、『虹色とうがらし』は時代劇“風”のマンガであるため、髪型と服装がダサいです。

それさえなければもっと上位に食い込んでも良かったと思います。作品そのものは変化球ですが、菜種主人公(七味)との関係や駆け引きは、あだちマンガの面白さがそのまま楽しめます。

ライバル役の琴姫がもっと可愛くて、キャラも立っていればもっと魅力が際立ったかもしれません。そういう意味でも惜しいヒロインです。

とはいえ普通に可愛いので、あだちファンの間では人気上位の気がします。

『虹色とうがらし』は未来の話。地球によく似た星の、江戸という町」の話という、かなりの異色作ですが、食わず嫌いするのはもったいなさすぎます。


ストーリーと伏線、そして伏線回収はあだちマンガでも最高と言っていいレベルです。シリアス風なストーリーですが、もちろんギャグも効いています。

また、7兄弟それぞれのキャラが立っており、『ラフ』や『H2』に匹敵するぐらいキャラが魅力的なマンガでもあります。


この 直後に『H2』の連載が始まったこともあり、主人公の七味(しちみ)は国見比呂にソックリです。

ちなみに『にじいろ(虹色)とうがらし』であり、『べにいろ(紅色)とうがらし』ではありません。僕の友達が間違って覚えていました。僕も読む前は間違っていました。

っていうか菜種はもっと上でも良かったかもしれないです(笑)。また全作品読み返して、決めなすのもいいかなと思います(いいわけ)。


 12位 橘純子(初恋甲子園) ノミネート外


初恋甲子園 (小学館文庫)
小学館
販売価格 ¥648
(2017年9月12日12時10分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


隠し球です。今回のADC38にはノミネートされていないですが、正統派のヒロインで可愛いです。

顔は少しだけ『ナイン』の中尾百合と似ていますが、こちらの方が髪が短めです。


この作品は原作がやまさき十三という人なので、あだち充本人が考えたストーリーではないです。

そのため他のあだちマンガとは少しタイプが違いますが、それでも王道の青春マンガです。少しだけ重くて、暗い感じはしちゃうかなあ。


主人公(沢村俊)とはナイスカップルです。今でもネットで手に入るので、あだち充ファンなら読んでおきたい作品です。文庫本で1冊分と短めの話ですが、コンパクトにまとまっており、無駄がなく、読みやすいです。


っていうか、なぜこのヒロインがノミネートされていないのかがわかりません。連載されていた週刊少女コミックはサンデーと同じ小学館のマンガ雑誌なのに。

もしかしたら原作者(やまさき十三とかいう人)と著作権などの兼ね合いでしょうか。


ロングヘアタイプ(南やひかり)とショートカットタイプ(古賀ちゃんや二宮、音美)のどちらとも似ていなく、個性的で可愛いヒロインなんですけどね。残念です。



 13位 西尾佐知子(タッチ) 8


マネージャーの西尾先輩です。ロングヘアで鹿島みゆきと似ていますが、ヒロインというよりかは初めからサブキャラクターとしての登場です。

作品序盤では周囲が達也をバカにする中、達也のポテンシャルを唯一見抜いていた人物です。黒木キャプテンとお似合いのカップルですね。


 14位 住友里子(タッチ) 10

『タッチ』の世界の超人気アイドルです。出番は最終版で、しかも極わずかなのに読者に強烈なインパクトを残しました。しかも可愛い。

ストーリー上の重要な役割を見事に果たしたと言えるでしょう。名脇役、名かませ犬です。


南に似たロングヘアタイプで、可愛いです。



(この辺りから僅差の勝負で、ランキングにするのが非常に難しいです。だったらやめろ)



ADC38② 




 15位 前沢遊歩(QあんどA) 33


QあんどA 2 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館
販売価格 ¥890
(2017年9月12日12時17分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12



作品自体が変化球ということもあってか、ヒロインの魅力が伝わりにくいのが残念です。

とはいえ主人公の庵堂厚(あんどう あつし)との関係や、おてんばで可愛いところは、あだちヒロインの魅力たっぷりです。


ロングヘアタイプのヒロインですが、陸上部ということもありポニーテールです。そのため他のヒロインとは顔が全然被ってないですね。

輪郭とヘアスタイルは少し小山内に似ていますが、目元が全然違います。


 16位 関和明の彼女(ラフ) ノミネート外


もう1人の隠し球です。今回のADC38にはノミネートされていませんが、『ラフ』が好きな人なら覚えていると思います。とかいいつつ、名前を思い出せないです(←読み返して探してみます)

関が二宮に降られたあと、割り切ってあっさり付き合った彼女です。本当は10位に入れようと思ったぐらい、印象深いキャラクターです。僕が『ラフ』を好きだからかもしれませんが。


画像は探してもみつかりませんでしたが、ロングヘアであることは間違いないです。

顔は『陽当たり良好!』の関圭子や『ナイン』中尾百合に似た美人だったと思います。


 17位 小久保都(いつも美空) 23


メインヒロインの坂上美空を差し置いてのランクインです。

ロングヘアで三白眼の、典型的なサブキャラクターですね。あだちマンガでは三白眼のヒロインは香月だけですが、実はサブキャラは何人か三白眼がいるんですよね。『KATSU!』の南条理子や『クロスゲーム』の一葉とか。


運動神経がよく、気が強い美人です。僕はマンガでは三白眼の美人は結構好きなの
で、都は好きなキャラです。


 18位 大内忍(QあんどA) 34


『QあんどA』のサブキャラクターです。スト−リー上はヒロイン(前沢遊歩)のライバルというわけではないですが、気が強くて結構可愛いです。

ショートカットで三白眼という、あだちマンガにしては珍しいキャラです。目が小さくて細いので、『KATSU!』の岬(※男キャラ)に似ていると思います。

かなりマイナーキャラですが、可愛いですよ。


 19位 里美あずさ(アイドルA) 31


正統派ヒロインで可愛いんですけど、特にこれといった魅力がないので上位には入れませんでした。

野球選手ということもあり、髪の長さはロングとショートの中間ぐらいですね。セミロングと言っていいのかな。


顔は月島若葉にも似ているし、立花音美にも似ているし、といったような感じです。

作品自体の人気が高まれば、もっと人気が高まりそうなヒロインです。そういう意味でポテンシャルは高いですね。


 20位 坂上美空(いつも美空) 22


男キャラの北島光太目線で見ると、かなり可愛いと思います。が、美空は『いつも美空』の主人公なので、どうしてもヒロインとしての魅力がイマイチなんですよねえ。

作品も結構面白いんですけど、超能力とかでてきたりして、特に終盤はサスペンス的な要素があります。

ラブコメ要素が少なすぎるので、ヒロインとして弱いんですよね。顔は可愛いんですけど。


ショートカットタイプのヒロインで、『H2』の連載直後ということもあり、後期の
古賀ちゃんにそっくりです。僕は大のあだち充ファンですが、さすがにこの2人を並べられたら僕も見分けつかないかもしれません。





※この辺りから好きなヒロインがいなくなってきました。嫌いではないですが、特に好きでもなく、普通のヒロインです。

紹介文も適当になってしまうかもしれません。ファンの方はあまり気分を害されないよう、お願いします。





adc38① 





 21位 月島青葉(クロスゲーム) 27

お待たせしました、ようやく青葉が出ました。忘れていたわけではないですよ。

本当に、嫌いじゃないんですけど、今ひとつヒロインという感じがしないんですよね。

野球をやってるとはいえ、髪が少し短すぎるのもマイナス要素かもしれません(そこが好きな人も多そう)。別にショートカットが嫌いではないんですけど、なんとなくね、なんとなく。

青葉はショートカットが似合ってるし、可愛いんですけどね。


っていうかぶっちけ、東とくっついてたらもっと上位に入っていました。あのカップルは好きだったんで。一時期いい感じだったんですけどね。バレンタインのあたりとか。


やっぱり僕の中では『クロスゲーム』のヒロインは若葉しかいないですね。だから僕は滝川あかりが好きなんだと思います。

あかりは物語上、若葉の幽霊的な役割を担っていますし、同一人物みたいなものですからね。


でも世間的には青葉の人気が高いのはわかります。古賀ちゃんや二宮に匹敵するぐらい、歴代でも上位人気だと思います。


あだちマンガで年下のヒロインとなると、若松みゆき以来ですね。あ、菜種がいたか。『じんべえ』の高梨美久もそうですね。

でもこの3人とも「血がつながっていない妹/娘」なので、それ以外だと初の年下のヒロインですね。


 22位 安田雪美(ナイン) 2


『ナイン』のヒロインのライバル、安田雪美です。

『ラフ』の小柳かおりなど、その後の作品ではイマイチぱっとしないライバルキャラもいますが、安田雪美はキャラも立っていて、可愛いです。


6位の中尾百合の項目でも言いましたが、ヒロインとの対比がよくできているんですよね。明るくて活発。しかも主人公の新見を好きな気持ちをストレートにぶつけます。

また、安田雪美のことが好きな山中二郎というキャラクターがいるのですが、彼の存在も雪美の魅力を際立たせています。山中はまさに名脇役、名かませキャラです。



 23位 若松みゆき(みゆき) 5

みゆき 3 (ヤングサンデーコミックス ワイド版)
小学館
販売価格 ¥926
(2017年9月12日14時12分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


元祖『妹萌え』のヒロイン。そう考えると、やっぱあだち充って神だわ。

普通に可愛いんですけど、僕はなんかイマイチ魅力を感じないんですよねえ。


作品自体があまり好きじゃないのも関係しているのかもしれません。とはいえ、同じくあまり好きではない『KATSU!』の香月や、『陽当たり良好!』の関圭子は上位に入っていますし。

僕はラノベを読まないので、妹萌えという要素もあまりプラスに作用しなかったのだと思います。それからスポーツマンガが好きなのですが、『みゆき』はスポーツを題材に使わなかったチャレンジ的作品でもありますしね。


普通に可愛いですし、一般的なあだち充ファンの間ではかなり上位人気だと思います。

ショートカットタイプのヒロインで、同時期に連載していた『陽当たり良好!』の岸本かすみとそっくりです。これはさすがに僕でも区別つきません。

二宮や古賀ちゃんとは連載時期が違うため、絵のタッチや髪型が少し違います。



 24位 岸本かすみ(陽当たり良好!) 3




若松みゆきと同じく、イマイチ魅力を感じません。可愛いんですけどね。

作品自体が少女マンガですし、ヒロインじゃなくて主人公ですからね。


他のあだち作品と違い、「主人公の女の子目線で、数多くの男から1人を選ぶ」という目線のマンガです。男の僕が魅力を感じないのも当然かもしれません。


ショートカットタイプのヒロインで、可愛いです。若松みゆきとは区別がつかないほどソックリです。


 25位 雨宮ひかり(H2) 18

ようやく出ました、ひかりです。

若いあだちファンの間では、1、2を争うぐらい人気の『H2』ですが(僕も好きな作品です)、そのヒロインがこんなに下位になっちゃいました。古賀ちゃんはTOP10入りしてるんだけどね。


上でも述べた通り、『H2』を読み始めた小学校のとき(明和一との練習試合ぐらい)は好きだったんですけど、そのあとは興味なくなりました。

今は別に嫌いではないけど、好きにはなれないですね。無駄に思わせぶりなところとか。

石神商業戦のあとに比呂が古賀とファーストキスしたときなんかも、何か上から目線ですしね。


連載時は僕も高校生で、部活めっちゃ好きでやってたけどモテなかったので、ムダに比呂に感情移入しちゃうんですよね。比呂みたいにかっこ良くないし、感情移入すんなって話なんですけどね。

あとガチで比呂と誕生日が一緒というのもあります。116の「ひいろ」です。僕も比呂って名前が良かったな。


そんなわけで、ひかりは好きじゃないです。

2年夏の甲子園で、月形たちに負けた直後のひかりとの関係は良かったんですけどね。

「負けたのか、俺。」

ってやつね。




いやーこっから先はきついっす(笑)。ランキングに入れたくもないキャラと、どうでもいいキャラばっかですもん。

でもせっかくここまできたので、がんばっていきましょー!

※コメントがすげえテキトーになるかもしれません。っていうか残りのキャラのほとんどは、「そもそもADC38に入れるなよ」っていうのがほとんどですからね。出版社の人間の悪意を感じるわ。



 26位 沢村亜矢子(スローステップ) 12

謎のヤンキー女。美人。あだちマンガにしては異色のキャラ。でも美人。

ロングヘア。


 27位 半沢みのり(KATSU!) 26


サブキャラ。いまいちキャラが立たなかった。ショートカットでそばかすがあり、他のあだちヒロインとは明らかに見分けがつく。

「紀本と香月がこっそりデートの約束をした」と里山にバラし、三角関係が余計ややこしくなった。

と思ったけど、今思えばあれは半沢は悪くなかった。


ヒロインの香月のかませキャラにしてはパンチが弱く、印象に残らなかった。顔もあまり可愛くないし。


 28位 黒隅京子(QあんどA) 35


あだ名は「お京さん」。ヒロインじゃねーし。ほぼモブキャラ。でも実は美人。恋愛関係ではそもそも主人公達に絡んでこない。


 29位 三田亜里沙(MIX) 38


そもそもヒロインじゃねーし。赤井や音美絡みのかませキャラだし。でも結構キャラ立ってて、そんなに悪い子じゃない。美人だし。

タイプ的には新田妹、小山内などの「生意気だけど実はいい子で、可愛い」キャラ。
『クロスゲーム』の志堂理沙とキャラが被る。

っていうか絶対あだちさんは、こういうタイプ好きだと思う。今さらだけど。


水泳すげえ頑張ってた子。生意気そうに見えるけど実はいい子で、しかも美人。


MIX 11 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
小学館
販売価格 ¥494
(2017年9月12日14時17分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


 30位 小柳かおり(ラフ) 14

好きじゃないけど、そろそろ入れてあげようかな。

芹沢という最高の彼氏がいながら、大和と浮気しかけた女。しかもあまり可愛くないし。そもそも言うほどヒロインのライバルでもないし。


髪はベリーショートで、他のあだちヒロインとは外見は被ってない。青葉とも少し違うし。

ちなみに実写版ではなぜか市川由衣という、ぐうかわ女優が演じるという、痛恨のキャスティングミス。観てないけど。


 31位 高梨美久(じんべえ) 17


この子に罪はないけど、さすがに気持ちわるいわ(笑)。血はつながってないけど、育ての父と付き合うとか気持ちわるすぎでしょ。そもそもそういうマンガだけど。

ちなみに実写版では田村正和と松たか子がやってます。これまた、男前の田村正和がじんべえ役をやるという痛恨のキャスティングミス。

マンガは文庫本一冊にまとまっており、すぐ読めます。


少年マンガで連載した『みゆき』の「青年マンガ向けバージョン」として、こういうストーリーになったらしい。妹萌えではなく、娘萌え。気持ちわるい。

顔自体はひかりに似ているけど、髪は短め。ちょっと雰囲気が違う。

じんべえ (小学館文庫 あ 1-1)
小学館
販売価格 ¥648
(2017年9月12日14時19分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


 32位 琴姫(虹色とうがらし) 16


『虹色とうがらし』のライバルキャラというか、かませキャラというか。あまりキャラが立たなかった。しかもあまり可愛くないし。

なぜかたらこ唇。


この子の魅力がもっとあれば、作品自体やヒロインの菜種ももっと人気になれたと思う。スケープゴートにしてしまってわるいけど。


一応ロングヘアかな?たらこ唇で明らかに顔が違うので、見分けつく。



 33位 志堂理沙(クロスゲーム) 30


新田妹や小山内のような「生意気そうだけど実はいい子で、可愛い」キャラ。でもあまりキャラが立たなかった。いいヤツエピソードも特にないし。

気が強くて結構美人だから許した。

ロングヘアの生意気タイプキャラ。



34位 中里美夏(スローステップ) 11

スローステップ 文庫版 コミック 全4巻完結セット (小学館文庫)
小学館
販売価格 ¥2,428
(2017年9月12日14時20分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12

『スローステップ』の主人公であり、ヒロイン。これも『陽当たり良好!』と同じく、「女の主人公がモテまくって、1人の男を選ぶラブコメ」作品。

そのため、男の僕はイマイチ魅力を感じない。あまり可愛くもないし。メガネ掛けてウィッグつけて、『須藤麻里亜』に変装してるときは可愛いんだけどね。

ショートカットタイプのヒロインだけど、若松みゆきや『陽当たり良好!』の岸本かすみよりも髪が短いので、ファンなら見分けがつく。


35位 新田由加(タッチ) 9


ようやく出ました。達也に対する一途な思いが空回りしていて、そこが好きなファンも多いと思う。でも俺は好きじゃない。

合宿で下手くそながら、一所懸命ご飯を作るところはいいんだけどね。委員長(佐々木)に対しての態度がウザ過ぎ。


小山内とかもそうなんだけど、あだち充は「焼きもち妬いた女がする、逆恨みの嫌がらせ」が陰湿すぎるんだよなー。窓から雑巾落としたり。

デフォルメするとああなっちゃうのか、女の陰湿さを表現したいのかわからないけど。

それが苦手だから、新田も好きになれない。顔もタイプじゃないし。


見た目はロングのサブキャラタイプで、他のあだちヒロインとは明らかに違う。容姿端麗で優等生、スポーツ万能というヒロインに対抗する、生意気だけど一途なかませキャラ。後の小山内などに続く役割。


かなり好みの別れるサブキャラで、南よりも新田が好きな人は多いと思う。一般的には結構人気。そういう意味でかなりキャラが立った、名脇役と言える。


タッチ 文庫版 コミック 全14巻完結セット (小学館文庫)
小学館
販売価格 ¥8,785
(2017年9月12日14時24分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


 36位 浅倉南(タッチ) 7


タッチ 2 (My First WIDE)
小学館
販売価格 ¥640
(2017年9月12日14時28分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


ようやく出ました。っていうか、ひかりと南に関しては、ランキングから外してもいいと思ったぐらい。上位に入れないんだったら、どこに入れていいかわからないもん。

下位でもいいし、中位でもいいし。とにかく僕は南が好きじゃないので、こうなりました。


高校生のときは好きだったけど、大人になるにつれて、そして何度も読み返すにつれて、好きじゃなくなっていった。第三者目線で見ると、いい要素ないもん。


一般的には「可愛くて頭が良くて優等生で、スポーツ万能で男女ともに友達が多い完璧なヒロイン」って思われてるけど、ちゃんと『タッチ』を読んで南が好きな人って少ないでしょ(ファンの人ごめんなさい)。


ましてや他の作品も読んで、1位に挙げる人は相当少ないと思う。可愛いけど、あざと過ぎるわ。

ロングヘアタイプのヒロイン。ひかりや若葉に少しだけ似てるけど、顔が違う。


 37位 川村ひかり(H2) 21

サッカー部のマネージャー。そもそも序盤にちょっと出ただけのキャラだし。今回ADC38入りさせた、出版社の人間の悪意を感じる。この子には罪はない。


 38位 鹿島みゆき(みゆき) 6

みゆき 2 (ヤングサンデーコミックス ワイド版)
小学館
販売価格 ¥926
(2017年9月12日14時31分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12

頭パッパラパーの美人(笑)。成績優秀なのに、主人公と一緒に二流大学を受験する。自分だけ合格したけど、若松と一緒に浪人する(笑)。

こういう自分を持ってない、弱々しい女は何よりも嫌いなので、下位なのもしゃーなし。顔もタイプじゃないし。


ロングヘアタイプのヒロインだけど、黒目がち(黒目部分が大きい)。南やひかりとは顔が違うけど、『タッチ』の西尾佐知子と少し似ている。


一般的には結構人気だと思うし、「若松みゆきよりも鹿島みゆき派」も多いと思う。



 39位 南条理子(KATSU!) 25


こいつはマジでクズ。セコい手を使って香月に嫌がらせしたくせに、ドヤ顔してるようなヤツ。マジでクズ。こいつに投票する読者なんていないでしょ。

ロングヘアの三白眼で、見た目は『クロスゲーム』の一葉に少し似ている。


 40位 市原富士見 (アイドルA) 32

いやADCに入るのがおかしいし。デブだし。この子入れるぐらいだったら『タッチ』の西村の彼女入れろ。人数増やすために適当に増やすな。


それかちゃんと48人に合わせるために、もっとモブキャラ入れろ。『H2』の1年生のマネージャー2人とか、石元の彼女とか。




以上、ADC38全員と、ノミネートされなかったけど僕が好きなヒロイン2人(『ラフ』の関の彼女と『初恋甲子園』の橘純子)を加えた40人の完全ランキングを作りました。あくまで僕の好みです。

adc38① 


ADC38② 



以下、結果まとめです。


1位 水谷香月 (KATSU!)   24 
2位 滝川あかね(クロスゲーム) 29
3位 月島若葉 (クロスゲーム) 28
位 大山春夏 (MIX)    37
5位 中尾百合 (ナイン)    1
6位 二宮亜美 (ラフ)    13
7位 古賀春華 (H2)    19
8位 小山内美歩(H2)    20
9位 立花音美 (MIX)    36
10位 関圭子 (陽当たり良好!)4

11位 菜種  (虹色とうがらし)15
12位 橘純子 (初恋甲子園) ノミネート外
13位 西尾佐知子(タッチ)   8
14位 住友里子 (タッチ)   10
15位 関和明の彼女(ラフ) ノミネート外
16位 前沢遊歩 (QあんどA) 33
17位 小久保都 (いつも美空) 23
18位 大内忍  (QあんどA) 34
19位 里美あずさ(アイドルA) 31
20位 坂上美空 (いつも美空) 22

21位 月島青葉 (クロスゲーム)27
22位 安田雪美 (ナイン)    2
23位 若松みゆき(みゆき)    5
24位 岸本かすみ(陽当たり良好!)3
25位 雨宮ひかり(H2)    18
26位 沢村亜矢子(スローステップ)12
27位 半沢みのり(KATSU!)  26
28位 黒隅京子(QあんどA)  35
29位 三田亜梨沙(MIX)    38
30位 小柳かおり(ラフ)    14

31位 高梨美久 (じんべえ)  17
32位 琴姫  (虹色とうがらし)16
33位 志堂理沙 (クロスゲーム)30
34位 中里美夏(スローステップ)11
35位 新田由加 (タッチ)    9
36位 浅倉南  (タッチ)    7
37位 川村ひかり(H2)    21
38位 鹿島みゆき(みゆき)    6
39位 南条理子 (KATSU!)  25
40位 市原富士見(アイドルA) 32





やってて思ったんですけど、ADCに入れるのはヒロインと「明確なライバルキャラ(安田雪美、鹿島みゆき、滝川あかねなど)」だけで良かったんじゃないかな。


『KATSU!』の南条理子とか半沢みのりとか、あの辺マジでいらないです。せめて小山内とか小柳かおりぐらいまででだったら、もっとすっきりしていたはずです。


そして新田由加のときに思い出したんですけど、『タッチ』で「達也が和也になりすましてデートしようとした子」も可愛かったです。名前は忘れましたが。


そして今回ランキングを作っていて、わかりました。


 「全ての作品のヒロインを好きになるなんて、絶対無理」


絶対無理です。「南もひかりも、青葉も香月も好き」とか絶対あり得ないです。実際僕は『みゆき』の2人や『タッチ』の南と新田なんかは、両方下位ですし。

一方で滝川あかねと若葉や、大山春夏と音美などは揃って上位にいます。作品の好みも多少はあるけど、それだけとは言えないですね。



かなり時間がかかりましたが、楽しかったので全然苦にならなかったです。途中で順序をつけるのに迷う場面もありましたが、楽しかったです。あだちマンガ大好きなんでね。

また時間を空けてやってみると結果が変わると思うので、予告なしに更新する場合があることを、この場でお伝えしておきます。あるいは別記事で1からやり直すかもしれないです。

参考までに、僕が好きな作品を順に挙げていきます。「おまえクロスゲーム好きなだけだろ」とか「タッチ嫌いだろ」とか思う人もいるかもしれないので。

1位 ラフ
2位 ナイン
3位 MIX(今のところ)
4位 クロスゲーム
5位 H2
6位 虹色とうがらし
7位 タッチ
8位 KATSU!
9位 初恋甲子園

こんなところですかね。あとはどんぐりなので、順番つけづらいです。

どうでしょう?好きなヒロインと多少なりとも相関関係ありそうですね。特に『スローステップ』、『みゆき』、『陽当たり良好!』などのキャラは作品自体あまり好きではなく、ヒロインも別にすきではないですから。



それでは、現時点での僕の『ADC38の結果予想』をやってみます。

結果発表は、9月末に発売のサンデーSというマンガ雑誌で行われます。


1位  古賀春華 (H2)
2位  浅倉南  (タッチ)
3位  月島青葉 (クロスゲーム)
4位  二宮亜美 (ラフ)
5位  水谷香月 (KATSU!)
6位  新田由加 (タッチ)
7位  若松みゆき(みゆき)
8位  小山内美歩(H2)
9位  月島若葉 (クロスゲーム)
10位 雨宮ひかり(H2)

次点 滝川あかね、立花音美、住友里子、菜種
(以上9月2日現在)


いやー予想したけど難しいですね。トップ10の顔ぶれはこんな感じだとは思うんですけど、上位の順番が本当に読めないです。

やはり注目は、一般的に知名度が高い南がぶっちぎりで1位になるのか、古賀ちゃんや青葉、二宮がトップになるのか。

サンデーSを買う層も予想つかないですからね。オマケ欲しさに30代、40代のあだちファンが買うのかどうかもわからないですし。

(※このランキング予想は結果発表時までに変更する可能性があります。)



じゃあ、また!

アッシュ


このエントリーをはてなブックマークに追加

SHORT GAME ~あだち充が短編で紡ぐ高校野球~ (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
小学館
販売価格 ¥594
(2017年9月12日14時34分時点の価格)
Posted with Amakuri at 2017.9.12


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ