記事一覧

リゾバの電話面接で聞かれることは特になし。志望動機も自己PRもいらない

どうも、ホワイトリゾバのアッシュです(twitter@whiterizoba)。リゾバ(リゾートバイト)派遣会社の『電話面接』について説明します。


その前に「そもそもどこの派遣会社が良いの?」という方にはアルファリゾートを強くお勧めします。詳しくはこちらの記事を先にお読みになってください。


アルファリゾートは男の仕事も多いし時給も一番!おすすめの派遣会社

👉http://whiterizoba.com/blog-entry-195.html



そもそも電話面接って何?


その名の通り、電話で面接します。派遣会社の本店や支店事務所は基本的に東京、大阪、名古屋、福岡、札幌などの大都市にしかありません。なので都市部から遠くに住んでいる人は支店まで行かずに、電話で面接します。僕はヒューマニックという派遣会社に登録したのですが、実家の滋賀県から大阪は遠いので、電話面接でした。


ヒューマニックの場合は大阪の近くに住んでいる人は支店に行って面接を受けたようです。つまり、支店から遠くに住んでいる人だけ電話面接ということですね。他の派遣会社のアプリリゾートやアルファリゾートも同じなようですよ。



電話面接を受けるにはどうすればいいの?


まずはネットで新規登録をします。名前、生年月日、住所などの基本的な情報を登録します。その他には希望職種、希望の勤務期間、それから学歴や職歴などをフォームに沿って記入します。もちろんパソコン、スマホどちらからでも登録できますよ。


スマホだと時間はだいたい10分から長くても20分あれば終わります。登録が終わればその日のうちに派遣会社から電話がかかってきます。それが電話面接です。



どんなことを聞かれるの?


特に何も聞かれないです笑。強いて言うなら希望職種や今までの経験を聞かれます。これらはウェブ登録ですでに伝わっているので、確認みたいなものです。


僕は接客が苦手で調理補助や掃除、洗い場など単純作業の肉体労働が合っていたので、希望職種も「裏方業務」を選びました。なのでそれの確認ぐらいでした。「接客よりも裏方の方が好きなの?」といった感じです。



また、僕はリゾバを始める前はワーキングホリデー(ワーホリ)でオーストラリアとニュージーランドで3年働いていました。なので当然その間日本での職歴がなかったのですが、それも問題なかったです。そもそもワーホリ帰りでリゾバをする人はめちゃくちゃ多いので、派遣会社の人も慣れています。僕の場合は電話面接をした担当者が明るい人だったので、「へー。ワーホリ行ってたんだ」ぐらいのノリで、結構軽かったです。向こうはタメ口で話してきてましたからね笑。


ただし、長期間ニートだった人は原因などを聞かれるでしょう。やはり派遣会社としても信頼度は低いでしょうから。フリーターは余裕で大丈夫です。僕も当時は29歳の大学中退、職歴なしのフリーターでしたから。


また、年齢も全然関係ないです。リゾバでは30代フリーターなんて当たり前で、50代の人も少なくないです。中には正社員経験なしの50代のおっちゃんもいました。



どうすれば採用されるの?


何もしなくても採用されます笑。多分不採用になった人はいないと思います。さすがに電話面接でナメた口を聞いたり、何か奇抜な言動をすれば採用されないでしょうが、普通にしておけば大丈夫です。派遣会社はどこも圧倒的に人手不足だし、とにかく働ける人が欲しいんです。


というより僕は電話で話していて、面接されていることを知らなかったぐらいですから笑。ただ単にリゾバについて説明されているだけだと思っていました。


「リゾートバイトというのは住み込みで、寮費と食費、水道光熱費が無料です。ですので生活費は基本的にかかりません」などと説明してくれるので、それに対して「はい」と「わかりました」と返事しただけでした。



  • 電話面接が終わったら仕事の紹介をしてもらえる


一通り話しを聞き終わったら「以上で電話面接を終了とさせていただきます」と言われたので、「え?これ面接だったの?」という感じでした。そのまま仕事を紹介してもらう流れになり、僕の希望条件を伝えました。


当時の僕は自分の目標のために貯金が必要だったので、「とにかく稼げるところ」と「接客業は嫌」という2点を重要視しました。希望を伝えるときは、あまりワガママ言い過ぎないようにしましょう。


「時給が良くて、残業が少なくて、人間関係が良くて、稼げるところ」なんて言っても、そんな良い仕事はありません笑。そもそもリゾバは時給制なので、残業が少なくて稼げる仕事なんてないですから。何もかも求めるのは止めて、絶対に譲れない条件のみ1つか2つだけ伝えましょう。そうすると担当者も希望に沿った仕事を見つけてくれます。


ただし、寮に関しては基本的に全て個室ですので、そこは安心してください。個室寮を求めるのはワガママではないですからね。それから食事も最低2食は無料で食べられるところがほとんどなので、安心してください。むしろ「賄いなし。食費補助が1日500円出るので、コンビニなどで自分で買ってください」というところはぶっちゃけハズレなので気をつけましょう(もちろん他の条件があなたの希望通りなら良いですよ)。


こんな感じでその日は終わりました。僕が希望する「稼げる仕事」で「接客以外」という条件で仕事を探してもらえることになりました。電話面接の時間は結構長くて、30分〜40分ぐらいでした。



それから2、3日後に電話がかかってきて、3件仕事を紹介してもらいました。メールで詳しい資料を送ってもらい、それを僕が吟味して、遅くても1〜数日後に一番興味がある案件を担当者に伝える、という流れでした。


その後正式に仕事が決まり、準備するものや出発日、注意点などを聞かされ、終了です。担当者とは一度も直接会うことなかったです。「じゃあ、頑張ってきてください」という感じでした。





まとめ。電話面接から出発までの流れ


  1. スマホかパソコンでウェブ登録(10〜20分程度) 1日目
  2. その日のうちに電話面接。採用が決まれば希望する条件を伝える 1日目
  3. 2、3日後仕事を3〜5件紹介してもらう。 3〜4日目
  4. 1、2日後そのうちから1つ選び、担当者に伝える(この時点ではまだ仕事は決まっていない) 4日〜6日目
  5. 担当者が派遣先のホテル•旅館にあなたの履歴書を送る 4〜6日目
  6. 2、3日後、電話がかかってきて、正式に仕事が決まる。 6〜9日目
  7. さらに3、4日後、出発。それまでに必要なもの(寮で使うスリッパやハンガー、仕事で使う靴下やTシャツなど) 9〜13日目


だいたいこんな感じです。ウェブ登録から出発まで1〜2週間程度ということがわかります。これはほんの一例ですが、僕も初めてリゾバをするときはこれぐらいでした。


なので「前の仕事辞めて、もうお金が全然ない!」とならないように、早めにウェブ登録することをお勧めします。もちろんとりあえずウェブ登録だけしても何の問題もないです。


「来月仕事辞めてリゾバするし、登録だけしておこう」というのも全然ありです。学生さんであれば試験が始まって忙しくなる前に、早めに登録しておくのもいいですよ。後が楽になりますしね。


冒頭でも言ったように、リゾバでお勧めするのは何と言ってもアルファリゾートです。時給がダントツで良いし、評判も良いです。



           広告

        


じゃあ、また!

アッシュ



こちらも人気のアプリリゾート。大手の派遣会社です。

               広告
     
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ