記事一覧

英語初心者におすすめ!ワ−ホリ行くなら最低でもこの2冊の本だけは持って行くべき

どうも、ワーホリ専門家のアッシュです(twitter@whiterizoba)。

最近ツイッターやLINE@でワーホリ相談をよく受けています。ありがとうございます。


今日は留学経験なし、語学学校にも行かなくても英語を話し、オーストラリアとニュージーランド(NZ)の現地企業で働いていた僕が、
ガチでお勧めする本を2冊紹介します。


ワーホリの相談してくれるのはすごくありがたいし、嬉しいです。でも困ることもあります。


「英語全然話せないんですけど、大丈夫ですか?」

「大丈夫なわけないだろ!勉強しろ!」


冷静になればわかると思うんですけどね。なぜ、現地の言葉も話せずに外国に行こうとするんでしょうか。英語が全然話せずにオーストラリアやカナダ、あるいはニュージーランドに行って、仕事があると思いますか?はっきり言って、ないです。

日本語が話せないネパール人が日本に来て、日本人と同じ条件で雇う経営者がいますか?いないですよ。

あるとすれば、
  • 日本人の悪徳経営者にこき使われる(最低賃金未満)
  • 同じネパール人の悪徳経営者にこき使われる(最低賃金未満)

このどっちかのパターンです。

これを「英語が話せない日本人がオーストラリアに来て、オーストラリア人と同じ条件で雇う経営者」に置き換えてみてください。

  • オーストラリア人の悪徳経営者にこき使われる(最低賃金未満)
  • 同じ日本人の悪徳経営者にこき使われる(最低賃金未満)


こうなります。

クソみたいな日本人経営者に騙され、ゴミみたいな条件でジャパレスで働いている人が陥るパターンですね(※法定賃金以上を払ってくれるジャパレスももちろん数多くあります)。

もちろん「ジャパレスで働く=意味がない」とか、「せっかく海外に行って日本人の友達ができてもおもしろくない」などとは思っていませんし、言いません。

ただ、英語が話せないせいでジャパレスで搾取される日本人ワーホリが多すぎるのも事実です。

そうならないためにすることは簡単です。英語が話せればいいだけの話です。

ペラペラになる必要はありません。基礎を身につけ、日常会話ができれば問題ありません。

簡単というわけではないですが、続ければできます。そして日常会話レベルであれば、頭の良し悪しはほとんど関係ありません(偏差値的な意味で)。


僕は日常会話なら問題なくできますが、大学へは地元のショボい高校から推薦で行ったので、受験勉強はやっていません。

そして今でも発音はそんなに良くないし、よく聞き返されます(文法&発音が完璧じゃないから)。
それに1回で相手の言ってることが聞き取れないことなんてしょっちゅうあります。

自称「日常会話ができる」とドヤ顔してる僕でもこのレベルです笑。あなただって日常会話ぐらいならできるようになります。

それでは、何十冊も英語教材を買った僕が、英語初心者に本当にお勧めする2冊を紹介します。




                   



                                         英文法書 Forest

特徴
  1. 全編カラーで見やすい
  2. 初心者から上級者まで使えるほど、中身が充実している
  3. 解説が的確で、細かいところまで説明されていて、しかもわかりやすい


この一冊で文法はバッチリです。「文法は面白くないし嫌」と思うかもしれませんが、文法の基礎なくして外国語を習得することは不可能です。


でもこの一冊さえ読み込めば、他の文法書はいりません!これさえあれば他の文法書を買う必要がなくなるので、節約できます!


それぐらい本気でお勧めします。英語学習者の間でも非常に評判がいいです。僕は元々文法が好きということもあり、この本を読書するように何度も読み返していました(笑)。

欠点は別にないですが、強いて挙げるなら充実しすぎているためページ数が多く、本そのものが重い(笑)というぐらいです。ワーホリ中は移動も多いので、現地に持って行くと結構大変です。でもあまりにも有能すぎる本なので、捨てるわけにはいかないんです(笑)。僕は今でも使っていますよ。

また、内容が濃すぎるため、全部読むのには時間がかかるというデメリットもありますが、これは次に述べる理由により、気にならないです(むしろメリットになる)。

Forestは各パートが3段階に分かれており、「Part1 これが基本」→「Part2 理解する」→「Part3 深く知る」という構成になっています。

しかしPart3はかなりの応用編なので、初心者のうちは飛ばして読んでも問題ないです。Part1,2だけで十分基礎は身に付きます。

なので始めは各章のPart1,2だけを読み進めて基礎を覚えます。そしてそれを何度か繰り返してから、応用編であるPart3を読めばOKです。これが、僕が「初心者から上級者まで使える」とお勧めするポイントです。

中途半端な「2週間で中学英語がマスターできる本」みたいなのを買うぐらいなら、絶対にForestの方が良いです。僕のように読書代わりに楽しめるので、ワーホリ中に日本語が恋しくなったときの暇つぶし&ストレス発散にも使えます(笑)。

海外に長期間行ったことのある人ならわかると思うんですけど、日本語に「飢える」ときが必ずあります。Forestがあればそんな悩みも解決できます。


                    





                                                     



瞬間英作文(青バージョン)

特徴
  1. 「瞬間英作文」という勉強法のブームを作り出すきっかけとなった、王道の一冊
  2. 付属のCDに合わせて英作文ができる。しかも音声の「間」が完璧
  3. 初級の文法から中級の文法まで、順番に作られているので、文法の復習としても使える


会話の練習をするならこれが最高の一冊であり、最高の勉強方法です。正式タイトルは「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」ですが、そんなことはどうでもいいです(笑)。英語学習者の間では、「瞬間英作文と言えば、これ!」です。

内容は至ってシンプルです。付属のCDを使い、初めは日本語で音声が流れます。その直後にそれを英訳し、瞬時に声に出します(この間CDの音声は何もなし)。

その後に英語で「解答」が流れますので、答え合わせができます。また、本は見開きで左側に日本語、右側に英語が載っています。そのため、最初は答え合わせしながら進んで行くことも可能です。

さらにこの本のメリットとして、中1レベルの文法から中3レベルの文法まで順に載っているので、文法の復習としても使えるつくりになっています。会話の練習をしながら文法も学べるので、非常にお得です。


デメリットとしては値段が少々高い(Amazonで1944円)ぐらいです。英語教材本としては安くないかもしれませんが、買う価値はあります。

この本があまりにも売れたため、「瞬間英作文」という言葉を使ったパクリ本が山ほど出ました。それでも初めに出たこの本が一番良いです。



また、少し気になる部分として、英文が不自然なところが多いです。でもこれは筆者自身が述べているように、「文法を身につけるためにワザと」そうしているだけなので、問題ないです。

むしろ「この文法は不自然だな」と気付くレベルまでになれば、あなたの英語レベルは確実に上がっていると言えるでしょう。



海外に行ってみてわかったのですが、生活していて「読み•書き」をすることはほとんどないです。ほんと、ない。LINEやFacebookのメッセンジャーなどでメッセージを送るときぐらいです。

でもそういう場合でも、それほど難しい文法は使わないし、長い文章も打ちません。よくあるのが「今どこ?」とか「明日ご飯食べに行かへん?」とか、それぐらいです。やっていたらすぐに慣れます。

その上、スマホのメッセージであれば、少々時間が掛かっても相手に迷惑は特にかかりません。


でも、会話となれば別です。

相手の言ったことを瞬時に聞き取り、こちらも何か言わないといけません。毎回何かを話すたびに会話が止まってしまえば面白くないし、段々微妙な空気になります(経験者談)。

なので基礎の文法が身に付けば、早い段階から会話の練習をしましょう。一番重要なのは会話です。

そしてリスニングが完璧じゃなくても「聞く」ことはできるんです。「何となく言っていることはわかる」というのは難しいことではないです。


「話す」能力が一番習得に時間が掛かります。また、話せるようになれば、その文章は聞くことができます。

そしてそのために最適なのが、この「瞬間英作文」です。実は「瞬間英作文」という言葉はこの本から生まれた言葉なのですが、この勉強方法は元々通訳の勉強方法です。

英語の先生よりもよっぽど英語が話せる通訳者の勉強方法なので、会話に最も良い勉強方法であることは当然ですね。




                 



英語の勉強をこれから始めるならば、何から始めていいかわからないでしょう。それならまずはこの2冊から始めてみてください。そして試行錯誤して、徐々に自分に合った勉強法を見つけていけばいいですよ。

始めに2冊良い本を用意することにより、飽きたときの気分転換にもう一冊を使えるというメリットがあります。


「英語の勉強の気分転換として、英語の勉強をする」という端から見るとヤベー奴になれちゃうわけですね笑。

2冊ともAmazonで非常にいいレビューが並んでいるので、ぜひとも読んでみてください。特に「瞬間英作文」に関しては、英語が話せるひとほど絶賛しています。



この二冊は本当におすすめで、復習にもピッタリなので長い間使えます。

僕はワーホリから日本に戻ってきて3年経ちますが、今でも英語の勉強を続けています。英語を勉強するということは、これからの人生を英語のある人生にするということでもあります。そのためには、長く使える本当に良い本を使うべきです。

じゃあ、また!

アッシュ


なお、当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

要するに、「このブログのリンクからAmazonで商品を買った場合は管理人(僕)に紹介料が入ります。承諾される方のみ、このブログのリンクからAmazonで商品をご購入ください」ということです。








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ