記事一覧

ニュージーランドの最低時給が15.75まで上がってるw17ドルまで上がり続けるとの噂【ワーホリ/ワーキングホリデー/仕事/日本人】

どうも、ワーホリ専門家のアッシュです(twitter@whiterizoba) 。最近NZワーホリに関する相談などを結構受けています。


NZの最低時給が15.75ドル(1263円)!!??


僕がいた2014年よりも最低賃金が上がっているので、これからワーホリに行く人にとって追い風になりますね。


NZ大好きなどで、僕が以前働いていたクイーンズタウンのホテルなどを紹介しているのですが、今(2017年8月現在)のNZの最低時給を知って驚きましたw 

 なんと今は15.75ドルもあるんですね。現在はやや円安気味で1ドル80.2円ですので、15.75ドルだと1263円です。時給
1263円って結構すごくないですか?

その分物価が高いのも確かなのですが、ワーホリだと何かと節約できます。

まず、家はシェアハウスで部屋を安く借りることができます

日本のように一人暮らしをしなくてもいいです。NZでは当たり前のことです。

実は僕がいたクイーンズタウンという町は田舎の観光地で、放っておいても人が集まるからなのか、家賃が高めでした。 

また、田舎なので大手のチェーンスーパーが近くになく、ショボいスーパーしかなかったせいもあり、食材も高かったです。 


でもこれはクイーンズタウンだけ?

クイーンズタウンはかなり物価が高いらしく、家賃はNZ最大都市であるオークランドと同等以上です。また、スーパーの食材もオークランドよりも高いです。 

なので、オークランドやクライストチャーチ、その他田舎の観光地に住む予定の人は心配しなくてもいいと思います。 



 


それにしても最低時給15.75はいいですね。

でも英語は話せないといけない

ただし、英語が少々苦手だと、どうしてもいい給料の仕事を得るのは難しいです。 


日本人のワーホリがよくする仕事は、飲食店のホール・調理補助・洗い場、土産屋の店員、ホテルの清掃などです。僕もホテルの清掃をしていました。 

これらの仕事はぶっちゃけ簡単に見つかります。未経験でもいけます。それで15.75は十分な学です。 

僕がNZに行ったのは2013年の10月でした。ロンドンオリンピックの次の年ですね。このときは最低時給は14ドルで、僕の給料も14ドルでした。

そのあと最低賃金が14.5ドルになり、僕の給料はそれより少し多い14.75ドルでした。

僕はブラジルW杯のあと、2014年の8月に日本に戻りましたが、そのあとも友達から最低時給が上がったことを聞いていました。 

が、今では15.75まで上がってるとまでは知りませんでした。結構ええやん、というのが率直な感想ですw 


実は僕がNZにいたときに、現地のNZ人から聞いた話なのですが、「どうやら政府は将来的に時給17ドルまで上げたいらしい」との情報がありました。


あくまで噂レベルだったのですが、ここまで来ると本当のような気もしますね。短期間で最低時給上がりすぎだもの。 


政府としては最低時給を段階的に上げ、一般ピーポーの所得を上げたいと思っています。個人の所得が上がれば、その分消費活動が増え、経済が良くなるからです。

緩やかなインフレを起こすんですね。

国の経済では「緩やかなインフレ」がいいとされています。急激なインフレはバブル崩壊や物価の急上昇など良くないことも多いですが、緩やかなインフレはそういうことがないので大丈夫です。 

 NZ政府はそれを狙っているわけですね。




 

 


そういう意味で、これから3年ぐらい、2020年ぐらいまではNZにワーホリに行くのはかなりいい選択だと思います。 

もちろん人に雇われるだけで働き続けてもお金持ちになれるわけではないですけど、日本の経済がオワコンになっている今、NZやオーストラリアなどにワーホリに行くのはメリットが大きいです。

給料も結構良くて、英語も話せるようになったらいいことづくめですし。


僕はこのブログでずっと言っていますが、日本ではまだまだ英語を話せる人が少ないので、英語ができるだけでアドバンテージになります。 

もちろん英語をちゃんと話すためにはしっかり勉強しないといけないんですけど、逆に言えば、やれば話せるようになります。 

そして英語がちゃんと話せれば、ジャパレス(日本食レストラン)で低い賃金で日本人ばかりに囲まれて働く必要もありません。 

英語を使って、いろいろなくの人と話せます。僕はNZでワーホリする前に2年間オーストラリアでワーホリしていたし、勉強もずっと続けていたので英語は十分話せました。 

でも英語が話せない人は出発前に日本でしっかり勉強していくか、ワーホリ前にフィリピンかフィジーで英語留学することをお勧めします。 

僕はオーストラリアとNZで数多くの日本人と会いましたが、フィリピン留学を経てワーホリした人は英語も話せるし、何より海外に慣れているので、多少のトラブルに巻き込まれても問題なく対処できています。これは大きいですよ。


 しかもフィリピン留学は安い

その上フィリピンは安いですしね。

1年留学したら間違いなくペラペラになるでしょうが、最低でも半年以上留学した方がいいでしょう。それが無理ならせめて3ヶ月は行きましょう!

格安・マンツーマンならガチ留学が安いと評判です。 フィリピンのセブ島にあるホテル滞在なので安全ですね。


僕は今でも英語の勉強を続けています。一緒にやっていきましょう!

じゃあ、また!

アッシュ

英語で面接受けて、英語で働く自信がないのであれば、まずはフィリピン留学することをお勧めします。こちらは条件次第で0円留学できます! 

          広告
  
 



こちらは「0円留学」ではなく「ガチ留学」なので、お金がかかります。その分、ガッツリ勉強できます。
しかもオーストラリアよりも断然安い! フィリピンの語学学校・アーグス。 

           広告
 
 




留学・ワーホリの資金を貯めるにはリゾバがお勧めです。寮費・食費が無料なので、給料(20~30万円ぐらい)丸々貯金できます。
こちらはワーホリや留学に行く人におすすめの派遣会社・アルファリゾートです。
半年で100万円も貯められますよ。
外国人スタッフや観光客が多い勤務先も多いので、英語が学べるし、活かせます。 


           広告
 




リゾートバイトについて知りたい方はかちらの記事をお読みになってください

アルファリゾートは男の仕事も多いし時給も一番!おすすめ派遣会社


















関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ