記事一覧

セカンドビザなしで2回目のワーホリする禁断の方法を大暴露ww台湾人の超裏技!やばすぎワロタw【オーストラリア/取れない/お金で買う/ファーム/ウーフ/不法滞在・不法入国】

どうも、ワーホリコンサルタントのアッシュです(Twitter@whiterizoba)。さっきの記事でオーストラリアワーホリが正式に35歳までに引き上げられた記事を書きました。

これはセカンドビザも対象なので、「以前ファームで働いてセカンドビザを取ったけど、使わないまま30歳を過ぎた」という人でも35歳までなら再びオーストラリアに行けます。ただし証明が必要ですが。

しかし「セカンド結局取れなかった」とか「諦めた」という人は、もう二度とワーホリビザでオーストラリアに行くことができません。僕もそのうちの1人です。ただし他の国なら行けますよ。ニュージーランドとかカナダとか。

しかし、なんですよね。実はセカンドビザなしでもう一度オーストラリアに行く方法はあります。それどころか、セカンドビザを使ったのに、さらにもう一度オーストラリアでワーホリするやばい方法もあります。つまり3回目、3年目のワーホリですね。







行ったことない人にはわからないかもしれませんが、オーストラリアでワーホリすればめちゃくちゃ稼げます。行った人ならわかるでしょうが。

そして気候は冬でも暖かく、仕事は日本と比べるとめちゃくちゃ楽。サーフィンやキャンプが好きな人からしたら天国です。なので「またオーストラリアに行きたい。ってゆーか住みたい」という人も多いです。そんな人のために禁断の方法が一応あります。

ただしこれ、かなりやばい方法です。オススメしません。でも台湾人で実際にそういう人がいたので、その犯罪例実例を紹介します。何度も言いますが、激ヤバですw


①改名して違う名前のパスポートでワーホリビザを申請したやばい奴


これ、台湾人の友達の、その友達が実際にしたようです。なんでも台湾でも姓名判断などの理由で、名前を変えることはよくあることらしいんです。

プロ野球で日ハムから巨人に移籍した陽岱鋼(よう・だいかん)という選手がいるのですが、彼は日ハムに入団した時は陽仲寿(よう・ちょんそ)という名前でした。彼も姓名判断を理由に改名したようです。イチローやSHINJOのようなプロ野球選手によくある「登録名」ではなく、陽岱鋼は本名です。


で、この改名して再びオーストラリアに行ったやばい台湾人ですが、無事に入国していますw空港でもばれなかったようです。別の名前、別のパスポートですからねw
しかし彼は前の銀行口座を使おうとしたらしく、そこでバレてしまったようです。おそらく口座にいくらか残っていたんでしょう。


結局オーストラリア移民局にばれて、もちろん強制送還です。

ツメが甘いですね。これは僕の持論ですが、悪いことをするなら完全犯罪をしないとダメですね。犯罪を推奨するわけではなく、「完全犯罪なんて結局不可能なんだから、犯罪はしない方がいい」という意味ですよw


②普通に同じ名前でワーホリビザ取って帰ってきたやばい奴


これも台湾人です。京都でシェアハウス時代に一緒に家に住んでいた友達が今は京都でカフェの店長をしています。4月に彼に久々に会ってきました。

そこで彼に実際聞いた話です。


台湾人が多い田舎町で働いていた彼は、仕事仲間の1人がビザが切れたということで、台湾に帰ったようです。ちなみにセカンドビザです。が、1、2ヶ月後かな?その人が帰ってきたようです。


仕事はマッサージだったかな?オーナーの台湾人のおじさんが「あいつ帰ってくるから、また働くから」と言われたようです。
当然おかしいので、僕の友達は「え?なんで?ビザないやろ?かんこうびざで入って不法就労するの?」と聞いたらしいです。当然ですよね。

オーナーは「とにかくまた働くから」と言ったらしいです。怪しさ満点ですよねw


本人に聞いても言葉を濁すのみ。が、「ビザはある」というのです。そのあとでわかったのですが、彼は例①のように改名したり別人になりすましたりせずに、普通にワーホリビザを取って入国したらしいです。

は?wwwwwそんなんできんの?って思いますよね?


でも僕の友達は「オーストラリア人はテキトーだから空港でもビザでもチェックしない。運が悪ければたまにチェックされるだけ」といいます。

まあ、一理あるけどwさらにその友達は「俺も35歳直前で失うものがなければもう一度ダメ元でオーストラリアに行く」とかいうやばいことを言い出しますw

ちなみにばれても刑務所に行くことはないかもしれませんが、罰金は絶対にあるし、パスポートに「入国拒否」の履歴が残れば、他の国に旅行などしにくくなります。

なのでこのやばい方法はオススメしません。が、こんな方法もあるんですw

信じるか信じないかはあなた次第です!

じゃあ、また!

アッシュ






寮費食費無料のリゾートバイト!








関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ワーホリ仕事情報専門家兼リゾバ(リゾートバイト)専門家のAshです。

最新記事

カテゴリ