FC2ブログ

ワーホリに行くならエージェントは絶対に使わないでくれ。頼むから。マジでお金の無駄【カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/おすすめ/予算/費用/高い/学費/語学学校/ホームステイ】

どうも、ワーホリ専門家のアッシュです。ワーホリに行こうと思っている人は「とりあえずエージェントと契約したら安心」と思っている人も多いと思いますが、止めたほうがいいですよ。

マジでお金の無駄です。エージェントなんか使うならワーホリ行かないほうがマシです。

理由を説明します。

まず、エージェントというのは無料のところも多いですが、彼らももちろんビジネスなので、お金を得ています。

ではどこからお金をもらっているかというと、あなたが通う語学学校です。
 

エージェントは語学学校にあなたを紹介して、あなたが払った学費からいくらかもらい、売上を上げ、利益を出しています。 

「無料」とはいいつつ結局はあなたからお金をもらっているわけですね。実質的にはあなたはエージェントに対してお金を払っているわけです。 

でもエージェントは語学学校を探してくれて、手続きもやってくれます。

また生活や学校のことで相談にも乗ってくれます。それは事実です。
 


でも、そもそもワーホリでオーストラリアやニュージーランドに行く人が、語学学校に行くことに僕は疑問を抱いています。

絶対フィリピン、もしくはフィジーに留学した方が英語力でもお金の面でも得をします。

ワーホリで語学学校に行くなんて損することだらけですよ。


参考記事:ワーホリで語学学校に行ったら損をする理由!ワーホリに行くまえにフィリピンかフィジーに語学留学しとけ!【学費高すぎ】http://whiterizoba.com/blog-entry-97.html?sp

また、エージェントは出発までの準備もやってくれるようですが、これも無駄です。

ビザの申請、航空券の手配、保険の契約なんて自分で全てできます。

ビザはわからない単語をスマホで調べながらやっても30分、航空券を買うのは20分あればできます。

保険の契約もネットで20分あればできますし、店舗に行けばわからないことがあればすぐに担当者に聞けます。 

 これら全て合わせても1時間10分あればできるんです。コーヒーでも飲みながらのんびりできます。休みの日に1時間早く起きるだけでできます。

スマホでダラダラ時間つぶしをするのを止めれば、その時間でできます。 

お金がいくらでもあるのなら外注=エージェントにこういう手続きを任せてもいいですけど、ワーホリに行く人の多くは20代前半から後半のフリーター、または普通のサラリーマンです。

もしくは学生で、親からお金を出してもらったり、借りたりしています。あなたもそうですよね?
 

本来であれば1万円、いや5千円すら無駄にしたくないはずです。1万円あれば向こうでの1週間の食費になります。 


これらの手続きや申請は確かに面倒です。でもこれぐらいできないと、ワーホリに行っても苦労します。

っていうか、僕がオーストラリアとニュージーランドで数多くの日本人・外国人のワーホリを見てきましたが、こういうことも自分でできないと、向こうに行っても損することだらけです。
 

向こうでも飛行機の国内線やバスでの移動、宿の予約やシェアハウス、職場との契約などを自分でしなければいけません。 「情弱」では損することだらけなんです。 

また、こういう手続きや書類関係ができないと、ワーホリとか関係なしに人生で損をすると思います。 

あるエージェントではこれらの手続きや仕事の斡旋、ホームステイの斡旋をするだけで60万円も取るようです。それを聞いて僕は笑えずに、嫌な気持ちにすらなりました。ワーホリに行く情弱を騙すようなことをしてお金をふんだくるような業者(エージェント)に対して。
 

ホームステイもシェアハウスも、仕事探しも全て自分でできるし、何度も言うように自分でできないと海外なんて行く意味ないですよ。

「海外にワーホリに行けば人生変わる」と思うフリーターや普通のサラリーマン(エリート以外のサラリーマン)は多いでしょうが、ぶっちゃけワーホリ行って人生が変わる人なんて、1%もいません。

ほとんどの人は日本に帰ってきてフリーターや派遣として働くことになります。

60万円もエージェントに払ってどうでもいいことをやってもらうぐらいなら、僕がその10分の1、6万円で同じことをやりますよ(笑)。
 

 僕の想いとしては、ワーホリに行く日本人全員が「いいワーホリ」をして、「英語が話せるようになる」とか「オーストラリアで稼ぎまくる」といった目標を達成してもらいたいと思います。 

 じゃあ、また! 

 
仕事で英語を学べてお金も貯められる! リゾートバイト派遣会社のアプリリゾート




関連記事

関連記事

ワーキングホリデー(ワーホリ)のあるある!オーストラリアとニュージーランドで経験した俺が列挙してみた!

ワーキングホリデー帰りの就職・仕事はどうする?俺は自営業を始めたよ【フリーター/派遣】

20代後半でワーホリ帰りの再就職・仕事はどうする?俺は英語を活かして自営業になった【正社員・派遣・フリーター・リゾートバイト/ギリホリ】

オーストラリアでワーホリしてたときのバレンタインあるある言いたい!【海外バレンタイン/ニュージーランド】

ワーキングホリデーで語学学校に行かなくても友達ができることを数学的に証明してみた【ワーホリ/オーストラリア】

架空ワーキングホリデー体験談!26歳でオーストラリアに行った架空女性に架空インタビューしてみた

新卒ワーホリのメリットとデメリット!お勧めは「本命の国に行く前に他の国でワーキングホリデーの予行演習」をしよう!

ワーホリ=人生の縮図説!ワーキングホリデーの2年間を72年の人生に換算してみたら奇妙なほど一致した【オーストラリア】

ニュージーランドでバイト・仕事が多いのはオークランドとクイーンズタウン!両者の特徴を比較するよ【留学/学生ビザ/ワ−キングホリデー】

ワーホリに行きたいなら年齢関係なしに行け!20代後半でも余裕

コメント

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

淳史

大学中退後、ワーキングホリデーでオーストラリアで2年、ニュージーランドで1年働いていました。
帰国後は3年間リゾートバイトで働き、現在はアプリ関連の仕事をしています。TOEIC900を目指しています(現在は785)。


詳しいプロフィールはこちらワーホリ帰りでTOEIC900(を目指す)淳史のプロフィール

検索フォーム